STU48にとって最多・最長の公演がスタート!

スポンサーリンク

3月12日、STU48にとって初めての最多・最長の公演、「STU48瀬戸内7県ツアー~陸上公演 2018~」の初日公演が、広島県のゲバントホールにて開催されました。

デビューシングル「暗闇」のカップリング曲を続けて4曲披露したり、STU48第1期生オーディションのダンス審査の曲「少女たちよ」を披露するなど、昨年開催された瀬戸内7県ツアーとは違うセットリストでパフォーマンスを披露しました。

この劇場公演ツアーでの新衣装もお披露目しました。瀬戸内7県ということで、オーディションの会場ごとに7色に分かれたギンガムチェックのワンピースを着用(兵庫県は青色、岡山県はピンク色、広島県は赤色、山口県は黄色、徳島県は紫色、愛媛県はオレンジ色です)。MCでは、なぜ●●色なのかという話になり、広島県の今村美月は、「広島はカープ、大鳥居、三原のタコ、そして汁なし坦々麺の赤色かな??」と想像。

また、3月11日に15歳の誕生日をむかえた門脇実優菜の生誕祭も行われ、ファンの方々が作成してくださったパンフレットやうちわで、会場はお祝いムードに!公演の最後には、門脇の母からのお手紙を石田千穂が代読し、門脇のみならず他メンバーも感動で涙が溢れていました。

■STU48瀬戸内7県ツアー~陸上公演 2018~

会場:ゲバントホール(〒730-0802 広島県広島市中区本川町2-1-13 和光パレス21 5F)

開催日時: 2018年3月12日(月) [開演]18:30

出演メンバー: 石田千穂・石田みなみ・磯貝花音・市岡愛弓・今村美月・岩田陽菜・門脇実優菜・榊美優・佐野遥・瀧野由美子・田中皓子・土路生優里・福田朱里・藤原あずさ・森 香穂・薮下楓開

©STU

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップをフォローする