NGT48 荻野由佳の生誕祭ケーキを作ったのは?

スポンサーリンク

2月18日、NGT48 荻野由佳さんの生誕祭が行われ、この生誕祭からメンバーの誕生日を祝う生誕祭ケーキを、新潟の専門学校製菓技術科のみなさんが作る取り組みがスタートした。

●生誕祭が、パティシエを目指す学生のみなさんとアイドルが刺激し合える機会に。

現在募集がされている第 2 期生オーディション(応募期間:2 月 28 日まで)を新潟市の移住プロモーションとコラボして行うなど、積極的に地域密着の活動を続けている NGT48。

この度、その活動の一環として、メンバーの誕生日を劇場公演内でお祝いする「生誕祭」のケーキを、新潟の専門学校に企画・製作してい取り組みを始めることに致しました。

ご協力いただくのは、製菓・調理・保育のプロを育てる「にいがた食育・保育専門学校えぷろん」の製菓技術科の先生および生徒のみなさん。誕生日を迎えるメンバーの個性や趣味趣向などから自由に発想していただき、生誕祭をお祝いするケーキを一から作っていただきます。

NGT48 がファンの皆様と一緒に行っている生誕祭に、製菓技術科のみなさんがいつもの授業とは違った実習として参加することで、パティシエに必要な豊かな発想やそれをカタチにする技術を磨いていただくきっかけになればという趣旨を学校関係者の皆様にご理解いただき、今回の企画がスタートする運びとなりました。

ケーキは生誕祭でお披露目されるだけでなく、NGT48 公式サイト(http://ngt48.jp/)の生誕祭レポートや、NGT48 公式 Twitter および公式 Instagram、そしてメンバーの SNS でも公開していきます。普段は授業内で限られた関係者しか目にする機会のない作品を不特定多数の方にご覧いただくことが、学生のみなさんの意欲向上につながれば幸いです。

この取り組みは、本日のチーム NIII「誇りの丘」公演で行われた荻野由佳の生誕祭から開始となりました(先日 2 月 16 日に 19 歳の誕生日を迎えました)。荻野が好きな色がオレンジということでイメージカラーをオレンジにしたケーキとなり、荻野も「可愛い!!」と感激しきりでした。

学生のみなさんが目指しているパティシエとアイドルでは活躍の場は違いますが、ひとを楽しませ感動させる職業ということでは一緒。NGT48 メンバーも年齢の近い学生のみなさんが夢に向かって努力していることを生誕祭ケーキという作品を通して知ることで、お互いに刺激し合っていければと思います。

●「生誕祭」とは…
「生誕祭」とは、メンバーの誕生日を祝い、誕生日またはその前後にあたる公演日に劇場にて行われるイベント。公演の演目自体は通常の公演と一緒ですが、アンコール後にセレモニーが行われます。花束や花冠が用意され、ご両親や他のグループのメンバーの方たちからのお祝いの手紙が本人にはサプライズで披露されます。その一環として、バースデーケーキが用意されます。

●荻野由佳コメント
私の好きな色のオレンジを使っていただいた可愛いケーキで嬉しいです。私とそう年齢が変わらない、未来のパティシエを目指す学生のみなさんが、私のことを考えて一生懸命にこのケーキを作って下さっている姿を想像すると、あらためて感動します。たくさんの方にお祝いをしていたたいた今日の日を忘れず、19 歳の私もたくさんの方に夢や希望を与えられるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

●「にいがた食育・保育専門学校えぷろん」からのコメント

にいがた食育・保育専門学校えぷろんは、創立 26 年の製菓、調理、保育のプロを育てる専門学校です。新潟市の真ん中、萬代橋のたもとにあります。

今回、NGT48 のバースデーケーキを作らせてもらう製菓技術科は未来のパティシエを育てる、えぷろん自慢の学科です。洋菓子世界大会で世界1位になった選手が2名、日本1位の選手は多数います。学生のコンテストでも毎年、上位入賞をはたしています。そんな学生たちがバースデーケーキを考え、作っていくことは、自分たちのパティシエになりたいという夢と、新潟のアイドルとして輝く NGT48 の夢をコラボレーションさせる最高の企画だと思います。えぷろんのアイディアと技術を駆使してこれから生誕祭のお手伝いをさせていただきます。

荻野さんのイメージカラーがオレンジだったので、ケーキのコンセプトカラーをオレンジ色にしました。

また、オレンジの中でも、現在発売されている「NGT48 Special」という NGT48 の特集本を見て、髙橋真生さん企画の私服コーディネートでキレイ系の服を選ばれていたのでキレイ系のオレンジにしてみました。

〈ホームページ〉 https://apron.ac.jp/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップをフォローする