上北健、毎春開催のホールワンマン4年目は華道家とのコラボ

スポンサーリンク

上北健(かみきたけん)が、2018年3月25日にホールワンマンライブ「僕と君が、前を向くための歌」を開催する。

本公演は2015年から毎年開催され、今回で4年目を迎える。多様な分野のアーティストとのコラボレーションが魅力のひとつ。テーマを『花さわぎ』と題し、華道家・塚越応駿(いけばな松風副家元)による生け花パフォーマンスと楽曲を融合させる。執筆活動も行う上北は、完全新作のタイトル曲に加え、オリジナルの短編ストーリーを書き下ろし、すべてのステージ演出を担当。公演に先駆けて特設サイトが開設され、内容に関するフラグメントを段階的に公開する。

上北が放つ誠実な意志を感じさせる歌声と、文学的で強力なメッセージ性を持つ歌詞は、心にどこか傷を持つ若者たちを中心に共感を集めている。その反響は海を渡って広がり、昨年10月には初の海外公演(韓国・ソウル)を成功させ、国外での知名度も高まっている。本公演は、そんな上北健の音楽、世界観が存分に体感できる機会だ。その時間は、日々を生きる活力と感動を与えるに違いない。

公演チケットは現在、チケットぴあにて一般発売中。
なお、コンテンポラリーダンサー・振付師の平原慎太郎と共演した昨年の第3回公演の模様は映像化され、その一部はYouTubeで視聴可能となっている。

▼公演概要
公演名:上北 健 HALL LIVE IN TOKYO “僕と君が、前を向くための歌” 4th STAGE『花さわぎ』
主催:CORONOID RECORDS
日時:2018年3月25日(日)開場16:30/開演17:00
会場:渋谷マウントレーニアホール
チケットプレイガイド:http://w.pia.jp/t/kenkamikita/
公演特設サイト:http://smarturl.it/kamikita.hanasawagi

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップをフォローする