大野智、アレグラ星人の人気スポーツ「キョーホー」でお尻フリフリ

大野智さんが出演する「アレグラ®FX」の新TV-CM「競歩なアレグラ人」篇、「こどもアレグラ人参上」篇が2月12日よりオンエア開始される。

「競歩なアレグラ人」篇では、大野智さん扮するサトシーラが、地球、取り分け日本で大人気の「競歩」のレースに出場します。

アレグラ星には、「キョーホー」という「競歩」にそっくりな人気スポーツがあるそうなのですが、その結果はいかに!

また「こどもアレグラ人参上」篇では、アレグラ人たちが、大きな鼻の形が印象的な鼻ボード(ホバーボード)に乗ってやって来ます。

リーダーのサトシーラ、怪力のサクラーバ、そして今回初登場となるこどもアレグラ人・ヒーナ。

「大人たちにはアレーグラー!」、「子どもたちにはアレグラー・ジュニア!」と、両手を前に突き出して手を振るお馴染みのポーズで、三人はこれから力を合わせ、花粉に苦しむ日本の皆さんを救うため、戦い続けます。

新メンバーを加え、個性的なアレグラ人たちが、ますます大活躍する「アレグラ®FX」並びに「アレグラ®FXジュニア」の新 CM に今年もご期待ください。

撮影現場レポート

・アレグラ人流「キョーホー」のコツ

新 TV-CM「競歩なアレグラ人」篇では、近年国際大会での日本人選手の活躍が目覚しい「競歩」に大野さんがチャレンジ!スタジオに現れた大野さんは、撮影監督から「感動の超大作(になるように)お願いします!」と激を飛ばされ早速競歩のトレーニングを開始。まずはコーチから、競歩のルールや基本的な動き方・歩き方を学びます。「前脚が着地した瞬間から膝をまっすぐに伸ばして、垂直になるまでは膝を伸ばし続けます・・・」「手は玉子を持つように軽く握り・・・」「一直線上を歩くように・・・」、本格的な指導に一つ一つ応えていく大野さんの歩き姿は、どんどんサマになって行きます。その様子にコーチから「そんな感じ!うまいです!うまいです!」と声がかかる頃、大野さんがポツリと呟きます。「お尻振ればいいのか・・・」大野さん、どうやらコツを掴んだ様子です。(コーチは少し苦笑いでした・・・。)

・お尻フリフリが止まらない!?

競歩レースの撮影シーン。スタジオ内にはレースの沿道を埋め尽くす観客役として、100 人のエキストラが陣取っています。その 100 人の大歓声を浴びて懸命にゴールを目指すシーン。最初は先頭集団の中で歩き続ける大野さん扮するサトシーラですが、次のシーンでは、いよいよ集団を抜け出しての独走となります。監督の「スタート!」の声とともに、必死の形相で懸命に歩く大野さん。同時にコース両側を埋め尽くす100 人の観客からの大声援が沸き起こります。スピードアップをすることで、より大きくお尻が動く様子を、背後から撮影しているのですが、観客の声が大き過ぎて、監督からの「カット!」の声が大野さんには届きません。しかも今回は大野さんが先頭を歩いているので、周囲の様子が分からず、大きくお尻をフリフリしたまま、どんどん歩みを進めることに。観客の声援が次第に笑い声になっていった頃にようやく異変を察して振り返った大野さん。先頭を歩いていたはずが、誰も付いてきていないことに気付き、ちょっぴり照れ笑いを浮かべていました。何事にも一生懸命なその姿は、“花粉に苦しむ日本の皆さんを救うため、100 万光年の彼方からやってきた”アレグラ人を体現しているようでした。

アレグラ人 プロフィール

アレグラ人のリーダー サトシーラ (大野智さん)

アレグラ人数億人を束ねるリーダー。5 キロ先のくしゃみを聞き分ける聴力を持っており、一滴の鼻みずも見逃さない。卓越した運動神経で、誰にも真似できないポージングを考案しては二人を困らせている。特技は、無重力バク宙。

アレグラ人 サクラーバ (桜庭和志さん)

2 トンの岩を粉々にする怪力アレグラ人。自慢のアレグラ筋を維持するため、日々トレーニングを欠かさない。そのパワーの反面、性格はやさしく温厚で、多くのアレグラ人から慕われている。好きな食べ物は、紫芋。

アレグラ人 ヒーナ (五十嵐陽向さん)

こどもアレグラ人。可愛らしいおかっぱ頭が特徴。花粉に苦しむ地球の子ども達のために、日々花粉と戦っている。鼻ボードの乗り方を一度でマスターし、サトシーラに一目置かれている。好きな食べ物はぶどう。

関連リンク

アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」
http://www.allegra.jp/

タイトルとURLをコピーしました