キャンパスクイーンが艶やかな晴れ着姿を披露! 松井まり&松井りな姉妹は双子コーデで髪の毛もおそろいに!

スポンサーリンク

神田うのや栗山千明らが所属する大手芸能事務所「スペースクラフト」の、ミスコン出身者を中心に結成された女子大生ユニット「キャンパスクイーン」13名が、東京・港区白金台の八芳園で「晴れ着お披露目会」を行い、艶やかな晴れ着姿を披露。新年を晴れやかに彩った。

松井まり(中央大学ミスコン2017年度ファイナリスト)は、「今年は赤い着物を着させていただいて、大人っぽくなった感じがしています。姉と双子コーデで、髪の毛もおそろいにさせてもらいました、すごくいい振り袖を着させてもらって、ワクワクしています。わたしは大学1年生から芸能活動をさせていただいているんですが、2017年はミスコンに出て、内面的にも外面的にも変わった1年になったと思います。2017年が変化の年だったので、2018年は飛躍の年にしたいです。仕事面では演技をしてみたいですし、プライベートではバンジージャンプをしてみたいです。」

高尾美有(帝京大学ミスコン2014年度準グランプリ)は、「わたしは3年連続で「晴れ着お披露目会」に出させていただいているんですが、毎年、お着物を着るのが楽しみだったので、今年も新しいスタートを切ることができたと思います。わたしは大学1年生から芸能活動をしていて、現在4年生。進路を決めないといけないんですが、芸能の世界で生きていこうと決めました。それを決めてから、岡山県の新PR動画の主演をさせていただくこととなりました。お芝居をさせていただいたり、カラオケバトルに出演させて頂いたり、自分がやりたいことがだんだんと形になっているのを感じています。2018年はもっと飛躍ができるよう、努力していきたいなと思っています。」

結城モエ(慶応義塾大学ミスコン2014年度ファイナリスト)は、「わたしも「晴れ着お披露目会」に参加するのは3回目。今回着させていただいたお着物も、だいぶ柄は入っているものの落ちついた感じで。今年の着物はこれまでと違って、シックな感じになっているかと思います。2017年は女優をやると決意し、初めてのことに挑戦する1年になりました。夏には連ドラに出させていただき、初めてドラマの現場を経験しました。また、リポーターとしてのお仕事も初めてでしたし、ひたすら吸収することばかりの年でした。外見はもちろんですが、中身、知性の部分を磨きたいと思っているので、2018年はもっと古典を読んだりと、磨きをかける1年にしたいなと思っています。」

岡田彩花(成蹊大学ミスコン2014年度グランプリ)は、「『晴れ着お披露目会』では2年連続で赤い着物を着た後、今年は初めて白を着させていただきました。新たな気持ちで、大人っぽい自分を見せられたんじゃないかと思っています。わたしは2017年は「命を削って頑張る」ということを目標に掲げてきたんですが、新しくラジオのリポーターのお仕事も決まり、舞台に出たいという夢もかないました。今度出る舞台は下ネタもあるぶっ飛んだものになります。今まで正統派だと言われてきたところから、1枚殻を破ることになりそうです。こんなわたしもあるんだよと見せられるような舞台にしたいと思っています。2018年はもっと舞台にも出たいですし、映画にも出られるよう、もっと演技を磨いていきたいと思っています。」

松井りな(中央大学ミスコン2016年度ファイナリスト)は、「松井姉妹の姉です。着物を着るのは楽しいですね。去年はみんなからおかみと言われるくらいにシックな着物だったんですが、今年は全然違っていて。妹と一緒の双子コーデで、かわいらしい感じになりました。わたしはいろいろなファッションを楽しむのが好きなので、楽しかったです。松井姉妹は生まれは東京なんですが、育ちが広島なので、カープの赤としてしっかりと着物を着させていただきました(笑)。2017年はカープの応援ソングも歌わせていただいたり、広島のテレビにも出させていただいたりと、地元でお仕事をやらせてもらった1年となりました。グループとしても、みんながそれぞれに外での活動を広げていけた1年だったと思います。みんなはいい仲間であり、ライバルでもあるので、2018年もみんなで切磋琢磨(せっさたくま)していけたらいいなと思っています。」とそれぞれ2018年の抱負を語った。

キャンパスクイーン

松井まり&松井りな姉妹 杉田亜弥 齋藤千尋 杉田友里 對馬桜花 松井まり 高尾美有 結城モエ 岡田彩花 松井りな エレナ 廣木葵 池田芽以 吉田弥

https://youtu.be/9yOEueOrI-s

関連リンク

キャンパスクイーン
https://campusqueen.jp/

タイトルとURLをコピーしました