小田和正 最年長!!40万人動員全国アリーナ古希ツアー「KAZUMASA ODA TOUR2018」熊本公演を皮切りに全国21会場 48公演開催決定!!

スポンサーリンク

2017年に古希を迎えた小田和正(70)の全国ツアー『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2018」』が開催されることが発表となった。

同ツアーは、2018年5月4日(金・祝)グランメッセ熊本から10月31日(水)横浜アリーナまでの全国21会場48公演(動員は約40万人)。

前回、ベストアルバム『あの日 あの時』を引っ提げての全国ツアー「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」時68才だった小田は、各会場で「地方で、各地でまた会いましょうと、みんなの顔をみてたらつい約束したくなっちゃってね。またそんな機会がきっと来ると信じていたいと思います。」とMCで話しており、今回約束どおり2年前の34万人動員を超え40万人の人々が待つ全国アリーナツアーを実施する事になった。

70才でこの規模の全国アリーナツアーを行っているアーティストは他には無く、事実上、“最年長全国アリーナツアー”である!

前回、平日開催会場が多かったにも関わらずチケットは全会場即日完売!今回も同様にチケット入手は困難となりそうだ。

先日、2018年3月10日(土)公開の『坂道のアポロン』の主題歌『坂道を上って』※読み「さかみちをのぼって」 を書きおろし話題となったが、

毎回新曲を持って全国ツアーに向かう小田は、未だCD化されていない新曲も初披露する予定で、是非会場に足を運びライブで聞いて欲しい。

古希を迎えても、新曲発表や全国ツアーなど精力的に音楽活動を行う小田和正、2018年の活躍に注目が集まる。

小田和正

ツアー情報

『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2018 』

TOUR2018特設サイト:http://www.k-oda2018.com/

5/04(金・祝) グランメッセ熊本

5/05(土) グランメッセ熊本

5/12(土) 静岡エコパアリーナ

5/13(日) 静岡エコパアリーナ

5/19(土) 函館アリーナ

5/20(日) 函館アリーナ

5/26(土) ビックパレットふくしま

5/27(日) ビックパレットふくしま

6/05(火) 神戸・ワールド記念ホール

6/06(水) 神戸・ワールド記念ホール

6/13(水) 名古屋・日本ガイシホール

6/14(木) 名古屋・日本ガイシホール

6/20(水) 大阪城ホール

6/21(木) 大阪城ホール

6/26(火) さいたまスーパーアリーナ

6/27(水) さいたまスーパーアリーナ

7/03(火) 横浜アリーナ

7/04(水) 横浜アリーナ

7/14(土) 宜野湾海浜公園屋外劇場

7/15(日) 宜野湾海浜公園屋外劇場

7/21(土) 松江市総合体育館

7/22(日) 松江市総合体育館

7/28(土) さぬき市野外音楽広場テアトロン

7/29(日) さぬき市野外音楽広場テアトロン

8/08(水) 武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナ

8/09(木) 武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナ

8/18(土) いしかわ総合スポーツセンター

8/19(日) いしかわ総合スポーツセンター

8/28(火) 日本武道館

8/29(水) 日本武道館

9/06(木) 盛岡タカヤアリーナ

9/07(金) 盛岡タカヤアリーナ

9/12(木) 大阪城ホール

9/13(水) 大阪城ホール

9/22(土) マリンメッセ福岡

9/23(日) マリンメッセ福岡

9/29(土) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター

9/30(日) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター

10/05(金) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

10/06(土) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

10/12(金) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

10/13(土) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

10/18(木) 広島グリーンアリーナ

10/19(金) 広島グリーンアリーナ

10/24(水) 名古屋・日本ガイシホール

10/25(木) 名古屋・日本ガイシホール

10/30(火) 横浜アリーナ

10/31(水) 横浜アリーナ

全国21会場48公演に及ぶ全国ツアー:動員は約40万人

映画タイアップ情報>

「坂道を上って」 作詞・作曲・編曲:小田和正 (アリオラジャパン)

※よみ:さかみちをのぼって

<「坂道のアポロン」情報>

2018年3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈

真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹 中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩

脚本:髙橋泉

原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊) 製作幹事:アスミック・エース、東宝

配給:東宝=アスミック・エース

制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

公式サイト: http://www.apollon-movie.com/

公式twitter : @apollonmovie

公式FB : https://www.facebook.com/apollonmovie

小田和正アルバム情報

『あの日 あの時』 発売中

品番:FHCL-3005~3007

発売形態:3枚組 50曲収録

価格:\3,611(税抜) \3,900(税込)

PROFILE

1969年オフコース結成。

翌70年、プロとして音楽活動を開始、「愛を止めないで」「さよなら」「言葉にできない」などのヒット曲を発表。

82年には日本武道館連続10日間公演を実施。日本の音楽シーンに様々な記録を残しつつ、89年2月、東京ドーム公演を最後にオフコース解散。

その後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開。91年に発表したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」は270万枚を超える大ヒット作となった。映画やテレビ特番などの映像監督としても活躍し、これまでに「いつか どこかで」(92年)、「緑の街」(98年)の2本の映画監督作品を発表している。2001年からは毎年12月に「クリスマスの約束」(TBS)と題した音楽特番を放映し好評を博している。

2002年に発表したベストアルバム「自己ベスト」は、出荷数300万枚を越え、発売から足掛け11年で500週のランクイン(=TOP300入り)を果たす史上初の快挙を成し遂げている。

2011年4月20日、オリジナル・アルバム『どーも』発表。業界紙オリコンにてチャート1位を獲得。

5作連続、通算9作目のアルバム首位を獲得し、自身の持つアルバム最年長1位記録を更新。

同年実施した全国ツアー(5大ドーム8公演を含む)は、ソロアーティストとして最多の74万人を越える動員数を記録した。

2016年4月20日、オールタイムベスト「あの日 あの時」を発表。

アルバムを携え半年に渡り24ヶ所48公演で約34万人動員の全国ツアー『明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR2016「君住む街へ」 』を行った。2017年古希を迎え今も尚制作、ライブとますます精力的に活動を続けている。

<LINK>

■小田和正スペシャルサイト:http://www.kazumasaoda.com

■オフィシャルサイト:http://www.fareastcafe.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました