樋口真嗣総監督 最新作はTVアニメ「ひそねとまそたん」

12月3日、幕張メッセで行われた東京コミコン2017の会場でひと際注目を集める発表があった。

エヴァンゲリオン、シン・ゴジラ、進撃の巨人など大ヒット作を手掛ける樋口真嗣総監督がステージに登壇。

最新作企画発表を行った。

タイトルは「ひそねとまそたん」

オリジナルテレビアニメーション。

樋口真嗣総監督は繰り返しもう1度「ひそねとまそたん」と念入りに発表。

ひそねがヒロインで、まそたんが恐竜?

そんな謎だらけの超カワイイティザービジュアルが解禁された。

樋口真嗣総監督は「ドラゴンがコスプレしたらどうなるのかなと思って・・・。日本沈没という映画があって、海外へ脱出する為の飛行機を1日中成田空港で撮ってたことがあって、撮ってる時に周りに航空無線を聞いて、良い飛行機を待ってる人が何十人もいたんです。無線を聞いた瞬間に、見たことが無い飛行機が着陸するのを撮る。それを何度も繰り返して、本当に違う飛行機が来たらどう思うんだろうなと思って、その中の飛行機に尻尾が生えてたら、この人たちはどう撮るんだろうなと思って、そうすると、日本の中に昔からドラゴンがいて、不老不死のドラゴンなんだけど、1週間に1回、空を飛んでないと体温が上がって死んじゃう。だから空を飛ばさなきゃいけない。日本の空を飛ばすとドラゴンとバレてしまうから、それをどうやって隠すかと思った時にコスプレじゃないかなと思って、ドラゴンが戦闘機のコスプレをして空を飛ぶのが頭の中に思い浮かびました。」と、この作品のきっかけを明かしていた。

現在はアフレコを行っている最中なんだそうで、その後、絵が作られていくそうだ。

2018年より徐々に作品の詳細が明らかになっていくそうで、放送がいつになるのかなまた来年になってから発表される。

ぬいぐるみなどのキャラクター商品がどうなっていくのか、気になるところだが、まそたんのコスプレを行うコスプレイヤーも現れるに違いない。

©BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団 ©BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
©BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

◆タイトル

「ひそねとまそたん」

 

<ストーリー>

「私は、君とソラを飛ぶ。」甘粕ひそねは、航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人だ。
素直すぎて無意識で他人を傷つけるのに疲れ、任期限定の自衛官を選んだのだ。
だが、運命の出逢いが彼女の人生を根底から変える。
基地に秘匿された戦闘機に擬態するドラゴンがひそねを選び、大空高く舞いあがったのだ。
こうして「OTF(変態飛翔生体)」であるドラゴンに乗り込む飛行要員が、ひそねの仕事になった。
国家的な命運を左右するとも言われるドラゴンには、はたしてどんな秘密が隠されているのだろうか……。

<スタッフ>
原作:BONES・樋口真嗣・岡田麿里
総監督:樋口真嗣
監督:小林寛
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクター原案:青木俊直
キャラクターデザイン:伊藤嘉之
メインメカニックデザイン:河森正治
モンスターコンセプトデザイン:コヤマシゲト
コンセプトデザイン:okama
軍事考証:小柳啓伍
美術デザイン:平澤晃弘
美術監督:金子雄司
色彩設計:小針裕子
撮影監督:佐々木康太
3DCG監督:安東容太
編集:奥田浩史
音楽:岩崎太整
音響監督:山田陽
音響効果:野口透
アニメーション制作:ボンズ

関連リンク

公式サイト:http://hisomaso.com
公式ツイッター:https://twitter.com/hisomaso_anime

タイトルとURLをコピーしました