SKE48 佐藤すみれ、最後の歌番組出演にサプライズで涙

スポンサーリンク

名古屋・栄を拠点とするアイドルグループ・SKE48のチームE所属の佐藤すみれが、「AKB48 SHOW!」の歌収録を行った。

11月6日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームE公演で、年内をもってグループを卒業するとともに芸能界を引退することを発表した佐藤すみれ。この歌収録がSKE48としての最後の歌収録となる。

この日の収録は、2017年9月27日にリリースされたアルバム「SKEフェスティバル」(SKE48(Team E))の2曲目に収録されている「重力シンパシー」の歌唱ということで、チームE全員が勢揃い。

「重力シンパシー」の収録が終了した直後、佐藤すみれと同じチームE所属の井田玲音名が12月3日誕生日であったことから、メンバー全員がハッピーバースデーソングを歌い、同時に番組スタッフから「Happy Birthday れおな」のプレートが載ったフルーツ盛りが運ばれた。チームEのメンバーとスタッフに祝福された井田は、

「今まで自分の誕生日のタイミングにみんなと一緒にいることが少なかったから、メンバーに誕生日を祝ってもらうのが初めてなんです。とても嬉しいです。」と、感極まって涙を見せながら感謝の気持ちを語った。

続いて、メンバーと一緒に井田の誕生日を祝っていた佐藤すみれが呼ばれ、NHKの石原プロデューサーより「卒業おめでとう!」と花束が贈呈された。メンバー、そしてスタジオにいたスタッフ一同から大きな拍手が送られ、井田の誕生日とともに、スタジオ全体がお祝いの空気に包まれた。

石原プロデューサーから「最後の収録にどの曲をやりたいか相談していたんだけど、どうしてもチームEのメンバーと一緒に歌いたいんだ、という佐藤の希望があったんですよ」と、チームEの収録を佐藤が強く希望していたことを明かすと、佐藤の温かい気持ちに涙ぐむメンバー、そして佐藤本人も涙ぐむ場面も。

歌収録が終わり、改めて佐藤すみれは「最後の歌収録、『AKB48 SHOW!』でチームEのメンバーと一緒に出演できて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!」とコメント。

この収録の模様は12月16日23:45~のNHK BSプレミアム「AKB48 SHOW!」にてO.A.予定。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク