越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサートに元雪組トップ娘役・咲妃みゆの出演決定&先日宝塚歌劇団を退団したばかりの伶美うららの参加も決定!

スポンサーリンク

今年2017年、永遠の大スター越路吹雪の三十七回忌を迎え、越路吹雪のマネージャー兼作詞家・翻訳家としてもヒット曲の数々を世に送り出した岩谷時子の生誕100周年でした。

後世に越路吹雪の素晴らしい歌声を継承すべく、3月には、植田紳爾の総合演出、越路吹雪の後輩でもある元宝塚歌劇団のトップスター達により、越路吹雪三十七回忌特別追悼公演『越路吹雪に捧ぐ』と題したトリビュートコンサートが、想い出の地 日生劇場で開催され、往年の越路ファンから、若い宝塚ファンまで幅広い層のお客様が詰めかけ、越路吹雪の世界に酔いしれました。

初演はチケットもあっという間に完売だったこともあり、再演を熱望するお客様の声に後押しされ、2018年1月大阪 梅田芸術劇場での再演することが決定しました。

その梅田芸術劇場へ会場を移すにあたり、越路が出演した“梅田コマ劇場(現:梅田芸術劇場)こけら落とし公演”から5曲を選び元宝塚歌劇団のトップスター達が再現します。

また、越路吹雪のトリビュートコンサートは各地で開催されておりますが、今回は越路の王道の曲はもちろん、隠れた名曲を多数取り上げることにより、他とは一線を画すラインナップを予定しております。

それは56歳という若さで燃え尽きるように駆け抜けた越路吹雪の歌やステージに懸ける愛と情熱に対する正にオマージュともいえるステージになることは間違いありません。

そこへ、7月に宝塚歌劇団を退団して以降、待望の関西での初舞台となる、人気と実力を兼ね備えた元雪組・トップ娘役の咲妃みゆの出演が決定しました。

在団中から定評のあったその素晴しい歌唱が、久しぶりに関西のステージで披露されます。

また、今月19日付で宝塚歌劇団を退団し、退団後初のステージとなる元宙組・伶美うららの参加も決定した。

『越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサート』

日 時:2018年1月10日(水)13時開演/17時開演 (計2回)
場 所:梅田芸術劇場 メインホール(大阪市北区茶屋町19-1)

出演者:鳳 蘭、安寿ミラ、真琴つばさ、姿月あさと、湖月わたる、春野寿美礼、水 夏希、凰稀かなめ、咲妃みゆ、鳳翔 大、伶美うらら、中原由貴、水沙るる 他

総合演出:植田紳爾

企画・構成・プロデューサー:高橋まさひと

入場料:S席 11,000円  A席 9,000円  B席 5,000円(全席指定・税込)※未就学児童入場不可

一般発売:12月2日(土)
チケット取扱:チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、CNプレイガイド、梅田芸術劇場にて販売

主 催:梅田芸術劇場 / る・ひまわり
お問合せ:梅田芸術劇場 TEL:06-6377-3800 http://www.umegei.com
る・ひまわり TEL:03-6277-6622(平日11時~18時)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク