よみうりランド ジュエルミネーション グランドオープン~ジュエリー・ライトハウス点灯&ホワイト・ジュエルお披露目~

スポンサーリンク

11月16日(木)、東京・よみうりランドにて「よみうりランド ジュエルミネーション グランドオープン~ジュエリー・ライトハウス点灯&ホワイト・ジュエルお披露目~」が開催され、ジュエルミネーションのプロデューサーである世界的照明デザイナーの石井幹子氏、噴水ショープロデュースの石井リーサ明理氏、さらにゲストとして浅田舞さん、品川庄司・庄司智春が登壇しました。

“未来を照らす光”をテーマとした27mの光の燈台「ジュエリー・ライトハウス」の点灯式と、ジュエルミネーション開催以来、初となるアイススケートリンク「ホワイト・ジュエル」のお披露目が行われた今イベントでは、ジュエルミネーションに囲まれたアイススケートリンク「ホワイト・ジュエル」にて、浅田舞さんのアイススケートパフォーマンスが披露されました。

まずはジュエリー・ライトハウスの点灯式から。MCのタケトに紹介され、株式会社よみうりランドの代表取締役会長・関根 達雄氏と、同社代表取締役社長・杉山 美邦氏、よみうりランドのキャラクター、グッド&ラッキーが登壇。

杉山氏のあいさつのあとは、ジュエルミネーションのプロデューサー・石井幹子氏、噴水ショープロデュース・石井リーサ明理氏が登壇し、それぞれのイルミネーションやショーへの思い入れや見どころについて語ります。

続いてゲストの浅田舞さん、庄司が登壇。庄司は「芸能界に入って、点灯式に参加することが夢のひとつだったので、めちゃめちゃ嬉しいです!」と喜び、さらに先日石井幹子氏の番組を見てすごい人だなと思っていたところにタイミングよく今回の仕事の依頼があったそうで、さらに「嬉しいです!」と熱く語ります。浅田さんは「こんなおめでたい日に参加できるなんて嬉しいですし、楽しみです!」とニッコリ。

さっそく点灯台が設置され、カウントダウンがスタート。「点灯!」の合図とともにジュエリー・ライトハウスが点灯すると、客席から大きな歓声が上がりました。点灯直後にジュエルミネーションを見た庄司は思わず「ミキティー!」と叫び、タケトに「どのタイミング?」とツッコまれますが、お客さんからは拍手が。

庄司は「今日(家族を)呼べばよかったなぁ」と、このジュエルミネーションを家族と一緒に見たかったと話し、浅田さんも「ずっと見ていたいくらい素敵ですね~。嬉しい!」と、ジュエルミネーションにすっかり魅せられた様子。

石田氏は、「このあと、照明がプログラミングされていて動き出しますので、そちらもぜひ見ていただきたい」と、ジュエルミネーションの見どころを紹介。また、石井リーサ明理氏は、噴水ショーについて「たった5分でフランスが1周できるお得なツアーです」と、噴水を使った映像でパリやボルドー、モンサンミッシェルなどフランスの観光地が見られることを説明し、「光と音のコラボレーションも楽しみにしてください」と見どころを説明していました。

イベント終了後の囲み取材では、今日のイベントについて奥さんが「いいなぁ」とうらやましがっていたことを告白。また、イルミネーションの思い出について聞かれると、「品川埠頭のあたりに丘があって、そこが夜景の穴場スポットなんです。そこに奥さんを連れていったことがあります」と、話しますが「昔の彼女も同じ場所に連れていってました(笑)」と告白し、笑いを誘っていました。

今年のクリスマスの予定を聞かれた浅田さんは、「フィギュアはこの時期全日本選手権があるので、今年もたぶんお仕事だと思うんですけど、でも本当はこんな素敵なところに連れて来てもらいたいですね」と夢を語っていました。

続いて、場所を移動して、ホワイト・ジュエルお披露目のアイススケートパフォーマンスショーがスタート。

「スケートはすべれるんですか?」とタケトに聞かれると、「いやぁ~、すべれないですね~。舞台ではちょいちょいスベってるんですけど」と庄司。しかし気合を入れるためか、服を脱ぎ出し、タンクトップ1枚になって「ウォー! ミキティ~!」と叫んで気合を入れていました。

いよいよショーがスタート。まずはグッド&ラッキーがリンクの上に登場し、かわいくダンスを披露、大きな拍手が起こります。

続いて『オー!シャンゼリゼ』をBGMに浅田さんが登場。パリジェンヌを思わせるボーダーのセーターに赤いベレー帽で、軽やかに踊る姿は本当に妖精のよう。ジャンプが決まった瞬間は、思わず客席から大きな歓声が上がっていました。

ショーが終わり、「こんなにキラキラのイルミネーションの中で滑れて本当に嬉しいです!」と感激の表情を浮かべる浅田さん。庄司は「サイコー! めちゃめちゃカッコいい!」と、そんな浅田さんを絶賛。

そんな庄司も半ば無理矢理(?)スケートを体験させられ、できないながらもスピンに挑戦したりと、ヨタヨタしながらもお客さんからは暖かい拍手が起こります。

カーリングなども楽しみながら体験した2人。「ぜひ皆さんも、何度も来て楽しんでください!」(庄司)、「今度はぜひ妹と来て一緒にすべりたい!」(浅田さん)と、すっかりジュエルミネーションに魅せられた様子の2人でした。

よみうりランド公式サイト
http://www.yomiuriland.com/event/2017-tentoushiki.html

タイトルとURLをコピーしました