エビ中、ニューシングル発売週末は秋田ワンマン、東京フリーライブで大忙し!

スポンサーリンク

11月8日に11枚目のシングル「シンガロン・シンガソン」の発売をした私立恵比寿中学(略称:エビ中)が、11日(土)秋田県民会館大ホールにてABS秋田放送主催『私立恵比寿中学秋田分校~学芸会は3杯目が一番美味い』(ワンマンコンサート)を行った。

このコンサートは、エビ中と秋田のコラボレーションが多数盛り込まれた企画として、2013年から4年連続で実施され、秋田県民会館に会場を移してからは3度目の開催。

今年もこのイベントを盛り上げるべく、秋田駅近くのショッピングビルやCDショップ、書店などでエビ中の作品が広く紹介され、会場までの道中は、「私立恵比寿中学 秋田分校へ ようこそ!!!」と書かれたフラッグが立ち上るという街を上げての歓迎ムードに彩られた。

また昨年に続き、ABS秋田放送でラジオ準レギュラーをつとめるメンバー小林歌穂創作のオリジナルキャラクター「平凡人」(平凡な世界の住人という設定)と地元「たけや製パン」とのコラボ商品も会場で販売された。

オープニングでは、ABS秋田放送の関向良子アナウンサーがレポーターとして登場。

ラジオ準レギュラー番組「タマリバ」を担当する小林を「秋田分校・生徒会長」として紹介しステージに迎え入れると、小林の背後から秋田犬がサプライズで登場!犬が苦手な小林は大慌てで逃げるも、おとなしい秋田犬を見て「怖いけどかわいい!」と感想を述べ会場をわかせた。

いよいよ幕が上がり、ステージに登場したのは、エビ中ではなく秋田発のヒーローである「超神ネイガー」。

キレのある寸劇に続いて、その後ステージに登場したエビ中メンバーと「きっとインフィニティー」を共演すると、続く2曲目も、3年連続のコラボとなる「なまはげ郷神楽」と「HOT UP!!!」で盛り上げた。

MCでは、エビ中メンバーも秋田分校の生徒として秋田弁での自己紹介に始まり、トークを繰り広げ、廣田から「おらたちのクラスメイトで、秋田のアイドルpramoっていう4人組のグループが学校外でやってんだけど・・・」というコメントを受けて、小林が「まぁ、そのうち来るべ~まだまだ学芸会盛り上がっていぐべ~」とのやりとりから「サドンデス」をパフォーマンス。すると、曲中よりpramoの4人が合流し、秋田ならではのダンスサドンデスで観客を盛り上げると、<pramo with 小林歌穂>による、pramo曲「祭りだぜぃ!!」、<エビ中 meets pramo>で「YELL」を2曲続けて共演。また、後半では地元民謡歌手・藤原美幸が登場。藤原が、秋田の「ドンパン節」と踊りを普及する手本役を行っている”ドンパン娘”をかわいい新入生たちとして紹介しステージに招き入れ、<エビ中 withドンパン娘>で「大漁恵比寿節」、<エビ中 with 藤原美幸>で「紅の詩」を2曲続けて披露。さらには、昨年も登場した「秋田明桜高校吹奏楽部」と「感情電車」をパフォーマンスし、最後には出演者全員がステージに集まり、同野球部が今年の夏の甲子園に出場し、大会で演奏された「明桜SURVIVOR」から、そのまま総勢122人で「MISSION SURVIVOR」を大熱演。まさに秋田ならではの演出をこれでもかと盛り込んだスペシャル・パフォーマンスで、アンコール含む全21曲、約2時間のステージを繰り広げた。

翌12日(日)は「シンガロン・シンガソン」リリース記念フリーライブを、東京は<お台場 ダイバーシティ東京プラザ2F フェスティバル広場>にて開催。

最新シングルから、初披露となるディスコ・ダンスチューン「EBINOMICS」含む全5曲を披露し、会場に詰め掛けた約3000人のファミリー(エビ中ファンの総称)を盛り上げた。

スポンサーリンク

<リリース情報>

■11th Single「シンガロン・シンガソン」

2017年11月8日発売

【初回生産限定盤A】 <CD+BD>

SECL-2230~2231 ¥1,800(税込)

※特典映像BD:中学生だけのドライヴ映像in 沖縄

【初回生産限定盤B】<CD+BD>

SECL-2232~2233 ¥1,800(税込)

※特典映像BD:「サドンデス」(『IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~』アウト!集ベストセレクション)

【通常盤】<CD>

SECL-2234 ¥1,500(税込)

【「シンガロン・シンガソン」特設サイト】
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ebichu/singa/

■Blu-ray『EVERYTHING POINT 5』

2017年12月6日発売

【初回仕様限定盤】(2BD)

SEXL-107~108 ¥10,000(税込)

※三方背BOX+40Pブックレット付(初回仕様のみ)

【収録内容】

DISC1: 『私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~』ツアー密着ドキュメンタリー

DISC2: 『私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~』ツアーファイナル@東京:国際フォーラム・ホールA(2017.7.16)

【『EVERYTHING POINT 5』特設サイト】
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ebichu/everything-point-5/

<ワンマン スケジュール>

■私立恵比寿中学オータムナインツアー2017~エビ中ってなんか説明しづらいけど見とかなきゃ損なグループなんだって!~

2017年10月7日(土)結城市民文化センターアクロス 大ホール

2017年10月8日(日)栃木市文化会館 大ホール

2017年10月15日(日)アイプラザ豊橋

2017年10月21日(土)NHK大阪ホール

2017年10月22日(日)NHK大阪ホール

2017年10月27日(金)川崎市スポーツ・文化総合センター

2017年11月3日(金・祝)桐生市民文化会館 シルクホール

2017年11月19日(日)やまぎんホール(山形県県民会館)

2017年11月24日(金)豊洲PIT

■「私立恵比寿中学迎春大学芸会 ~forever aiai~」

2018年1月3日(水)日本武道館

■「私立恵比寿中学新春大学芸会 ~ebichu pride~」

2018年1月4日(木)日本武道館

※1月4日(木)は、廣田以外の6人でのステージとなります。

<私立恵比寿中学 プロフィール>

2009年8月結成、現役中学生が1人もいない「永遠に中学生」7人組グループ。通称「エビ中」、自称「King of 学芸会」。

2012年5月5日「仮契約のシンデレラ」でメジャーデビュー以降、全シングルがオリコントップ10入り。

翌年12月、初のアリーナ単独公演をさいたまスーパーアリーナで開催。日本人アーティスト史上デビュー最速記録を打ち立てる。

2016年11月16日、オリジナルアルバム3枚から選りすぐった2枚のベストアルバム『中卒』『中辛』を同時発売。

アリーナクラスのコンサートから夏の単独野外フェス・ バラエティ・映画・舞台・モデルなど縦横無尽に活躍中。

2017年5月31日には4th full Album『エビクラシー』を発売、自身初となるオリコンウィークリーチャート1位を獲得している。

私立恵比寿中学オフィシャルサイト:http://www.shiritsuebichu.jp/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク