映画「伊藤くん A to E」心を鷲掴みにされる予告編映像解禁! andropが書き下ろした主題歌「Joker」は1月10日(水)に発売決定!

10月28日、映画「伊藤くん A to E」(配給:ショウゲート)の予告篇が解禁された。

本作は人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさが話題沸騰となったドラマ「伊藤くん A to E」が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーする。

原作は、容姿端麗だが自意識過剰で無自覚に女性たちを振り回す“伊藤”を軸に、【A】から【E】、5人の女の無様な恋愛と成長を1章ずつのエピソードで描いた柚木麻子の傑作小説。関わる女たちの人生を翻弄する前代未聞の【痛男(いたお)】伊藤(いとう)誠二郎(せいじろう)役には、岡田将生。そして“伊藤”の存在に迫っていく落ち目の脚本家・矢崎莉桜(やざきりお)役には、木村文乃と、いま最も注目を集める2人が、W主演で初共演を果たします。

莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、再起をかけた新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で女性たちに毒づきながら、“もっと無様に”なるよう巧みに誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかも、そこには、莉桜のネタには書かれていない5人目【E】の女が存在し…。

“伊藤”の狙いは一体何のか―。衝撃のラストが待ち受ける、未だかつてない恋愛ミステリーが幕を開ける!

この度、木村文乃扮する崖っぷち脚本家・矢崎莉桜が【毒】っ気たっぷりにナレーションを務める本作の予告編映像が解禁。

「あいつにさえ、出会わなければ―」と印象的な声ではじまり、【A】~【E】の女たちが、とにかく理解不能な“伊藤”の言動に振り回されていく映像が赤裸々に映し出され、ミステリアスだった“伊藤誠二郎”という強烈なキャラクターが、遂にベールを脱いでいく。

“伊藤”に振り回される【A】都合のいい女:島原(しまはら)智美(ともみ)役の佐々木希、【B】自己防衛女:野瀬(のせ)修子(しゅうこ)役の志田未来、【C】愛されたい女:相田(あいだ)聡(さと)子(こ)役の池田エライザ、【D】ヘビー級処女:神保(じんぼ)実(み)希(き)役の夏帆、ドラマプロデューサー田村伸也(たむらしんや)役の田中 圭、売れっ子脚本家・クズケンこと久住(くずみ)健太郎(けんたろう)役の中村倫也が、全員無様な姿となって、もがき続ける様は、心を鷲掴みにされ、引き込まれていく、スリリングな映像となっている。

さらには、唯一無二の存在感で国内外問わず高い評価を受ける4人組ロックバンド“androp”が本作の為に書き下ろした主題歌「Joker」も初解禁!

ヴォーカル&ギターを務める内澤崇仁は、「作品の世界が、僕らの音で更に肺腑(はいふ)を衝(つ)くものになることを祈っています。」と、楽曲に込めた想いを語れば、本作でメガホンをとった廣木隆一監督も、「いま音楽業界で注目の内澤さんが手がけてくださって、すごくいい主題歌ができたと思います。もがいている女性たちの心情が表現されています。」とコメント。

音楽が映像と絡み合い、より一層、誰しもが抱える【毒】と【無様さ】、そして【切実な想い】を奏でています。

尚、本予告映像は、10月28日(土)より順次、全国の上映劇場に展開されている。

さらに、この主題歌「Joker」は2018年1月10日(水)にニューシングルとして発売されることも決定した。

「伊藤にさえ、出会わなければ―」 “伊藤”という男に出会ったがために、女たちの執着、嫉妬、苛立ち、優越感…人間ならだれしもが抱く欲望【毒】が抉り出される瞬間を、ぜひ堪能してください。

映画『伊藤くん A to E』は、来年1月12日(土)より全国ロードショー!

©「伊藤くん A to E」製作委員会

©「伊藤くん A to E」製作委員会

コメント全文

■androp 内澤崇仁(Vocal&Guitar)
「原作や台本やドラマを拝見し、様々なお話を伺いながら少しずつ楽曲を紡ぎだしていきました。『伊藤くん A to E』の世界が、僕らの音で更に肺腑を衝くものになることを祈っています。」

■廣木隆一監督
「いま音楽業界で注目の内澤さんが手がけてくださって、すごくいい主題歌ができたと思います。作品に沿っているけれど、andropの世界観もちゃんと出ている。歌詞が作品に合っていて、もがいている女性たちの心情が表現されています。」

公式サイト:http://ito-kun.jp

©「伊藤くん A to E」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました