映画『爪先の宇宙』桐嶋ノドカの歌声に北村諒&廣瀬智紀が感動!「僕らがちっぽけに感じるほど感動した」

10月25日、映画『爪先の宇宙』主題歌完成披露試写会がHIT STUDIO TOKYOで行われ、桐嶋ノドカ、北村諒、廣瀬智紀、谷内田彰久監督が登壇した。

映画『爪先の宇宙』と、その主題歌の完成を記念して開催された本試写会。まずは本作のヒロインを務め、主題歌を担当した桐嶋ノドカが登場。自分の思いを言葉にしてうまく伝えられないヒロイン・亜紀と自分自身を重ねながら作ったという2曲、主題歌「言葉にしたくてできない言葉を」と、挿入歌「夜を歩いて」を披露した。彼女ののびやかで力強い歌声が響き渡り、場内は息を呑むようにして耳を傾けていた。

後半には桐嶋に加え、ともに主演を務めた北村諒、二人がアルバイトとして働くカラオケの店長を演じた廣瀬智紀、谷内田彰久監督も登壇。

初めて桐嶋の生歌を聴いた北村は「お芝居をしている時とは、全く別人のよう」とコメント。廣瀬は「自然と目を閉じたくなるような、感情豊かで素敵な歌声でした。なんか、自分がちっぽけに思えてきて。自分が生きていていいのかな、みたいな(笑)。」と感想を語ると、北村も「わかる!わかる!俺、何もないな、って(笑)。」と強く共感し、共に桐嶋の歌声に感動した様子。また、谷内田監督は「桐嶋さんとは初めて会ったときに、過去に歌えなくなったことがあるという話を聞いて亜紀に重なる部分があるな、と感じた。撮影中は曲が書けないってずっと言っていたけど、本当にいい曲を書いてくれました。演技も初挑戦ながら頑張ってくれて、特にラストシーンは感動しました。」と、桐嶋の挑戦を称えた。

演技初挑戦でヒロインの大役を任せられた桐嶋は、撮影当時を振り返って「主題歌を担当するとは聞いていたんですが、まさか出演することになるなんて思ってもいませんでした。でも、ヒロインの亜紀とは心の奥底での重なりを感じて、がんばろうって思えました。」と、コメント。同じく主演を務めた北村は「(北村が演じた)アンジは不器用な性格で、思い通りにできないことに葛藤をかかえていて、そういう時代が自分にもあったなと思い返しながら演じていました。」と、コメント。一方廣瀬は、「撮影初日に上海から現場に入る予定だったんですが、飛行機が遅れてしまい寝る間もなく移動して、撮影中はナチュラルハイでした(笑)」と、撮影時のトラブルを明かす一幕も。

最後に、「この作品は心の小さな動きを描いています。でもその人にとっては人生の大きな波の一つだと思うんです。ぜひそんなことを感じ取って観てもらえたら。」(桐嶋)「みなさんの心のどこかに引っかかるような作品になっていると思うので、ぜひ多くの人に見てもらいたいです。」(北村)と、桐嶋と北村が来場者に呼びかけ、盛況のうちにイベントは終了した。

【TOHOシネマズ「ドリパス」特別企画として先行上映決定!】

『爪先の宇宙』は全国順次公開に先駆けて、リクエストによって上映作品を決定するTOHOシネマズのオンライン投票上映システム「ドリパス」の特別企画として、11月17日(金)よりTOHOシネマズ上野にて1週間限定の先行上映が決定。各日程にてキャスト、スタッフによる舞台挨拶も予定している。

ドリパス  URL:https://www.dreampass.jp/

©「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico

タイトルとURLをコピーしました