「灰色と青(+菅田将暉)」でのコラボで話題騒然の二人が、初の対談!!米津玄師、菅田将暉のオールナイトニッポンに出演!!

スポンサーリンク

10月11日0時にYouTubeにミュージックビデオが公開されるやいなや瞬く間に話題となり、わずか24時間以内で100万再生を突破し、勢いが止まることのない楽曲「灰色と青(+菅田将暉)」。その奇跡的なコラボを果たした二人の初対談が、 10月16日(月)25:00~にO.A.された「菅田将暉のオールナイトニッポン」で実現した。なお米津玄師がオールナイトニッポンに出演するのは今回が初、貴重な放送となった。

まずはお互いの第一印象から話し始めた二人。菅田は米津のことを「低温で、クールなイメージだったが、実際に会ってみるともの凄く熱い人だった」と。一方、米津は菅田のことを「ビビッドな魅力があり、自分の人生に度々登場してくる、意識せざるを得ない人だった」と語った。

また「灰色と青(+菅田将暉)」の制作秘話についても語り、「俺でよかったの?」と問いかける菅田に対し米津は「菅田くんじゃないと絶対ダメだなと思ったの」と熱い口調で発し、「映画「キッズ・リターン」が好きで、そういう音楽をどっかで作りたいとずっと思ってて、それはどこなんだろう、いつなんだろう、どういう形なんだろう、とずっと考えていた。それが、菅田将暉という、俳優でありながら、どっかで自分と共通するものがあるような気がして頭から離れない存在。 2017年夏から秋に移り変わる曖昧な時期。奇跡的なタイミングの、奇跡的に色んなものが重なった結晶みたいな曲になった」と話した。

二人は、そんな初めての出会いを経て、二回目に再会したレコーディングとMV撮影、そしてこの日のラジオ出演で三回目の出会いという、まさに奇跡的なタイミングで今回のコラボが実現していることや、レコーディングスタジオでは二人で試しに歌ってみたという未公開のテイクもあること、それが印象的な体験だったことなど、ここでしか聴けないトークで盛り上がり、出演予定時刻を大幅に越えて語りあう濃厚で貴重な放送となった。

二人が歌う「灰色と青(+菅田将暉)」は現在、絶賛フル配信中。またこの楽曲が収録された米津玄師の最新アルバム「BOOTLEG」は11月1日(水)発売となる。こちらもぜひチェックしてほしい。


photo by 中野敬久

■期間限定!radikoタイムフリーで聴く
番組名:ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」
放送日:10月16日(月)25時~27時
パーソナリティ:菅田将暉
ゲスト:米津玄師
タイムフリー: http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20171017010000
番組HP: http://www.allnightnippon.com/suda/

タイトルとURLをコピーしました