「劇団4ドル50セント」がお笑いコンビを結成!賞金1000万を目指す

スポンサーリンク

秋元康氏プロデュースの劇団として話題を呼んでいる「劇団4ドル50セント」。

劇団員の隅田杏花(すみだ きょうか)と堀口紗奈(ほりぐち さな)が日本テレビ系列にて12月放送予定の「女芸人NO.1決定戦 THE(ザ) W(ダブリュー)」予選にエントリーすることが発表された。

『「デブ」「女優」の検索で一番上に出たい』という目標を掲げている隅田と、『一流の喜劇役者になること』を目標に劇団に入った堀口。

今回の大会の優勝賞金は1000万ということで、情熱にあふれた二人が夢をつかむことができるのか、期待が高まる。

◆隅田杏花◆
「私達は秋元康さんプロデュースの劇団として、自分たちの公演に向けて現在必至に稽古しています。お芝居の勉強になったらと思い、今回はコントに挑戦させていただきます。芸人さんの足元にも及ばないと思いますが、温かい目で見て頂けたらと思います!」

◆堀口紗奈◆
「私はもともと喜劇役者になりたくて、この劇団に入りました。お芝居とお笑いを貪欲に学んでいきたいと思っていますので、今回思い切ってチャレンジさせていただきます!」

劇団4ドル50セント SPOT映像

スポンサーリンク

【番組概要】

番組名:「女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)」
※「W」は「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字

放送時間:2017年12月 決勝を日本テレビ系列で生放送

<大会・エントリー概要>
【優勝賞金】1000万円
参加条件:「女性」
※プロアマ、所属事務所の有無は問いません
※芸歴・人数・年齢の制限なし。笑いのジャンルも問いません
※即席ユニット出場可能

【予選】10月13日~(1回戦、2回戦、準決勝・東京、大阪ほかで開催)

ついに開催!“この世で一番オモシロイ女性”を決める祭典
いま乗りに乗っている女性芸人達から「1番面白い女性芸人を決める大会を!」という声を受けて、日本テレビで史上初の「女芸人No.1決定戦」を開催!
漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンス…面白ければ何でもアリ!
史上初の「女性芸人の祭典」かつ、過去に類を見ない「異種格闘技戦」が
いよいよ幕を開けます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク