山田孝之 ショートフィルム『点』の舞台挨拶でyonigeとの出会いを語る

9月25日、主演・山田孝之 主題歌 yonigeのタッグで話題となったショートフィルム『点』劇場公開記念 キャスト登壇舞台挨拶付き上映会がシネマート新宿にて行われた。

ショートフィルム『点』は9月23日(土)からシネマート新宿で限定公開しており、公開初日(23日)、2日目(24日)は即時チケット完売し立ち見が出るほどの大盛況を収めました。

イベントには山田孝之、yonige(牛丸ありさ、ごっきん)、石川慶監督が登壇。企画から撮影に至るまでの制作秘話を披露し会場を沸かせました。

また、イベント当日にサプライズで10月14日(土)より大阪のシネマート心斎橋にて1週間限定公開が決定したことが発表され、会場はさらに熱気に包まれました。

本作が完成して、山田孝之は「最初にみんなで打ち合わせした時から、(監督が)微妙な空気感が漂う作品にしたいと話していて。見事にそうなっていて見ている側も微妙な気持ちになりました。あと、あんまり甘いものが好きじゃないので、バームクーヘンを食べるシーンを何回も撮った時は、若干機嫌が悪くなりました。」

牛丸ありさは「まさかこんな私が舞台挨拶をする日が来るなんて思っていませんでした。yonigeの楽曲が元々、白でも黒でもないグレーな感じだったので、それを監督がうまく汲み取って撮影してくれて、yonigeっぽいジメジメした映画ができたことをうれしく思います。」

ごっきんは「オチが特にあるわけでもない、ジトーっとした会話をジトッとした空気で、ジトッとしつづけて終わるという感じでたまらなかったです。」とそれぞれコメント。

今回の映像制作において拘られたポイントについて、石川慶監督は「あまりないというか、僕としては初めてで。はじめオファーが来たときは、意味がなかなか分からなくて何をやるのだろうと思って。時間も短かったので、「ワンルーム」の話ばっかり考えていたのですが、アイデアが浮かばなくて。それよりも山田さん、中村さん、「ワンルーム」というもう一つキャストがあると思って。この3つで何か作ろうと思って少し広げてみて考えたら面白いアイデアが色々出てきて。自分では新しかったし、楽しかったです。」と話していた。

非常に短期間となった制作過程について、石川慶監督は「短い時間だからこそこういう形の作品ができたかなと思って。せっかく山田さんもいるし中村さんもいたので、なるべく設定はシンプルにしてセッションをやるような感じで。(その世界観に2人に)入ってもらうということは、今回出来たかなと思っています。」とコメント。

楽曲を制作されている時のことなどを振り返ってみて、牛丸ありさは「それ(映画)に向けて作ってなくって。映画を撮るって話はあったけど、いつもの自分の曲を書く気持ちと何も変わらず、書いてそのまま渡しました。」、ごっきんは「切羽詰まりすぎてその時。レコーディングの曲が全然無くて。「ワンルーム」を映画にするって聞いて、「おー」これが選ばれたんだという感じでした。」とコメント。

撮影にまつわるエピソードについて石川慶監督は「書いている部分もあるのですが、無茶ぶりで出来上がっている部分もあって。(本編の)最後の方のシーンでは、山田さんに何かちょっと面白いことやって欲しいなって。」と語ると、山田孝之は「無茶ぶりですよね。面白いことやって欲しいって。結構考えて、彼女を笑わそうとすることを考えて言ってみたら、(監督が)「ちょっと行きすぎた。間が長すぎる」って言って。次やってみたら、「間が短すぎる」って。何度かやりました。」と明かしていた。

山田孝之とyonigeの出会いについて、牛丸ありさは「私がただ一方的な(山田さんの)ファンで。ちょうどSNSを山田さんが始められたので、冗談のような感じで「いつかライブ来てください」って送ったら、返事が返ってきまして。「売れてなくてもライブ行くよ。ちゃんとかっこいいんだろうな」という感じで返事を送ってくれて。その4年後、本当にライブに来てくれました。」と語ると、山田孝之は「しかもあの時、バンド組んでなかったんでしょ?」と返答。すると牛丸ありさは「(その当時は)組んでないけど、絶対今後バンドを組んで売れるっていう気持ちがあって。SNSを送った後、半年後くらいにyonigeを組みました。」とコメント。

山田孝之は「某SNSは偽物のアカウントがいまして。それがそんなかっこいい回答しちゃって、約束しやがってと。でも、(yonigeは)信じているだろうから、傷つけちゃいかんと思って。俺が行くしかないじゃんと。それで、YouTubeにあるミュージックビデオを見て、良かったので。そういうきっかけだったけど、(ライブを)見に行きたいなと思って。結果良かったです。」と話した。

実際に山田孝之さんが来て、牛丸ありさは「この日行きます。」って突然SNSで連絡が来たんですけど、当日まで信じられなくて。」、ごっきんは「本番3分前くらいに急に(スタッフから)LINEで「ホンマに来はった」ってきて。」と当時を振り返っていた。

最後に石川慶監督は「今回劇場で公開することができて、普段劇場に足を運ぶことがない人も結構来てくれているという話も聞いてて、まだもうちょっと公開続きますし、大阪でもありますので、ぜひまわりに良かったよって言ってもらえると嬉しいです。」

牛丸ありさは「これをきっかけに、yonigeのことを知ってもらえたらうれしいです。」

ごっきんは「いくら売れても、こんな体験ができるバンドは、なかなかいない思うので幸せかみしめながら、皆さんにもジワジワ広げていただけたらと思います。」

山田孝之は「こんな感じですけど、ごっきんライブの時は口が悪いので、それがいいので、ぜひライブに行ってみてください。」とそれぞれ語っていた。

【作品概要】

タイトル:『点』
キャスト:山田孝之 中村ゆり 天光眞弓
監督・脚本:石川慶
公開表記:シネマート新宿にて限定公開中
10月14日(土)より シネマート心斎橋にて1週間限定公開
主題歌:「ワンルーム」yonige
(unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN)
上映時間:26分
公式サイト:http://www.ten-film.com
公式SNS:(twitter) https://twitter.com/ten_film

タイトルとURLをコピーしました