アーティスト、アイドル、芸人が「音」フェス! jealkb Presents『オトタノ』ライブレポート

スポンサーリンク

9月18日(月・祝)、jealkb Presents『オトタノ』が、東京・新宿ReNYで開催されました。

ボーカル・haderu(田村淳/ロンドンブーツ1号2号)を中心に、2005年に結成されたヴィジュアル系ロックバンドjealkb(ジュアルケービー)。

彼らが今回、初主催を務める『オトタノ』は、その名の通り「音を楽しむ」をテーマに掲げ、アーティストやアイドル、お笑い芸人ら異色な出演者と音楽が集うボーダレスなフェスとなり、満員の観客も終始楽しませました。

ステージは、メインの「OTOステージ」と、隣接されたサブステージの「TANOステージ」の2つがあり、観客はオールスタンドで、同じフロアから両方が楽しめるシステム。

ここでは、「音ネタ」を得意とするよしもと芸人が多数出演した「TANOステージ」を中心にレポートします。

けんじるを皮切りに、スベリー・マーキュリー、アイロンヘッド、ペレ草田らが至極の「音ネタ」で沸かせ、ライブも中盤に差し掛かったところで登場したのは、和装姿の“こぶしたかし”ことレイザーラモンRG。

師匠でもある細川たかしさんの『北酒場』と『浪花節だよ人生は』の2曲に乗せて、十八番の「あるあるネタ」を歌い、ロンブー・淳のあるあるでは「ハットを浅くかぶりがち」と結んで、関係者席の淳本人からも拍手が送られました。

また、直前の「OTOステージ」に出演していたBiSを真似て、スクワットを続けるパフォーマンスでも大ウケ。

続く、我図星純一&ジュッペル寺西は、客席から出たお題をもとに、即興で一曲仕上げるという特技を持ち、「しめじ」「逃げる」の2ワードで見事な曲を完成させると、次のイチキップリン、こりゃめでてーな・伊藤、セブンbyセブン・玉城による“よしもとモノマネ三銃士”は、井上陽水さん、田原俊彦さん、TUBEの前田亘輝さんの歌マネで沸かせます。

本格的なギターデュオコンビのシマッシュレコードは、キレイなハーモニーに乗せて『親孝行』などのオリジナルコミックソングで魅了し、続くこりゃめでてーな・大江がラッパー“MCKJ”として登場して、「HAGE」のコールアンドレスポンスで大盛り上がり!

本物の兄弟にして異色のテレビ局員ユニット、Well stone bros.が『OVERCOME』などで爽やかな空気に包み込んだ後、2700から改名したザツネハッチャンは、八十島のボーカルに、ツネが肘パフォーマンスで呼応し、観客も肘を交互に突き出します。

そして「ミスター人間・庄司智春」との紹介を受けて登場したのが、ペナルティー・ワッキーと品川庄司・品川。

先に庄司が手持ちのライトで、自身の肉体美をアピールすれば、ワッキーは「性別を超越した男ミスター人間!」と矛盾した自己紹介をポーズ付きの繰り返した後、庄司のギター伴奏で『乾杯』を歌い、ロンブー・淳の結婚を2年越しで祝福します。

「TANOステージ」のトリを務めたのは、「純翼・遠藤進一」。

これまた謎のユニットでしたが、遠藤進一の正体はココリコ・遠藤で、『冬のリヴィエラ』を情感たっぷりに歌い上げると、続いて登場した純翼(じゅんつばさ)の正体は、極楽とんぼ・山本でした。

純翼は「みなさんの前で音を楽しめる、歌が歌えるこういう機会を頂いて、ありがとうございます」と感謝を述べつつ、10年間の懺悔の気持ちで作ったという新曲『懺悔』を披露。

その後、大御所同士という設定で2人はトークを展開しますが、『懺悔』のポップな歌詞とメロディに、遠藤は「本当に懺悔しているのか?」と詰め寄る場面も。

その遠藤は、歌い方のくせが強すぎる『I love you』で爆笑をさらいました。

一方のメインステージ「OTOステージ」からもピックアップ。

エンタメダンスユニット・エグスプロージョンは、この日もキレキレのダンスで、会場全体をヒートアップさせており、1曲目『本能寺の変』では、jealkbのhaderuとhidekiも参加しました。

山口県下関市出身のまちゃあきは、同郷の先輩であるロンブー・淳との共演をモチベーションに芸能活動を続けてきたことを明かし、「うれしー!」「今日初めて共演できました!」と喜びを爆発。

客席からは「おめでとう!」の声が飛び、おばらも「ずっと言ってたもんね!」と祝福しました。

高笑いとともに登場したロバート秋山は、「いろいろあるんだけど、一番やりやすい」というhaderuとhidekiをゲストコーラスに従えた『tokakuka』をパワフルに歌い上げると、体重4キロ落としたい、大きめのドラッグストアに寄っておきたいといった些細な願望を連ねた『願い』を2曲目に披露。

最後は、得意の体モノマネでしめくくりました。

大トリを飾ったのは、もちろん主催でもあるjealkb。

『天誅☆あるわけないストーリー』では、シリタガールズをバックダンサーに従えて、ステージをお祭り騒ぎにさせたり、高知県出身のメンバーが2人(ebiee、hideki)いることにちなんで、戻り鰹を歌った『Reverse Bonito』でも、クッション製の鰹が客席を乱れ飛ぶ光景も圧巻でした。

終盤、残っていた出演者が所狭しとステージに集結すると、『ASTROMEN』で盛り上がりは最高潮に。

haderuは、幾度も出演者、スタッフ、来場者に感謝を述べ、「来年も必ずやります!」と宣言すると、大きな歓声が響き渡り、約10時間に及ぶ『オトタノ』は大団円を迎えました。

●jealkb情報

①jealkb オフィシャルホームページ
https://jealkb.net/

②シングル CD 発売決定
レーベル名:jealize
アーティスト名:jealkb
発売日:2017 年 11 月 22 日(水)
タイトル: R-P-S
価格:926 円(税抜)/1,000 円(税込)
品番:YRCN-90281
■初回仕様限定: 応募抽選 はがき封入予定(詳細後日発表)
※初回仕様 の在庫 がなくなり次第 、通常仕様 に切 り替 わります。

≪収録曲 ≫ 全 3 曲収録
M1:「R-P-S」
M2:「silver」
M3:「6」

③LIVE info.
公演名:jealkb“TARGET”2017
公演日時:12 月 22 日(金)open 18:00/start 19:00
会場:Zepp DiverCity
※チケット好評発売中

タイトルとURLをコピーしました