永作博美、市原隼人、田中哲司が出演するWOWOW「連続ドラマW 沈黙法廷」が9月24日より放送開始!

『廃墟に乞う』や『警官の血』、『制服捜査』など、多くの警察小説を手掛けてきた直木賞作家・佐々木譲が初めて挑んだ法廷ミステリー『沈黙法廷』を、WOWOWが連続ドラマ化。

主人公である連続殺人事件の容疑者・山本美紀を演じるのは、数々の映画で受賞経験をもつ永作博美。彼女を信じ続ける青年・高見沢弘志を市原隼人、世間が注目する美紀の弁護に名乗りをあげる弁護士・矢田部完を田中哲司が演じる。

この度、放送に先がけ現在撮影中の永作博美、市原隼人、田中哲司をゲストに迎え、完成披露試写イベントが実施された。

MCから、本作のお話を最初に伺った時の気持ちを聞かれた永作は、「こんな大人な作品をやらせていただけると聞いて非常に嬉しかったです。お話をいただいてから、作品を読んでみて、このような難しい役ができるのかと不安になりました」と、オファーされた際の率直な心境を語った。

続く市原は、「多面性があるような作品で、観るお客さんを試すような作品だと思いました。僕自身、初めて見た時に試されているような感覚に陥りました。美紀が起こす行動や言葉は、善なのか悪なのか、見る人の価値観によって感じ方が変わる作品です」と作品の魅力を語った。

田中は、「オファーをいただいて、小説を読み、泣いてしまったんですけど、私の演じる弁護士役がすごく格好良かったので、できるかなと思っていたんですが、台本をいただいて読んでみたら、キャラクターが少し駄目な感じに変わっていて、これなら僕でもできる!と安心しました。」と語り、会場の笑いを誘った。

そして、主人公、山本美紀を演じた心境を永作は「一言を発するだけでも怖くて怖くて、セリフが少ない分、それに全てが込められてしまう、こんなに怖いのは久しぶりでした。」と役作りについて苦労を語り、それに対し、真っ直ぐな想いを持つ弘志を演じた市原は、「常に美紀を追い求めている役なので、現場で素直に永作さんと会うのが嬉しかったです!社会的に弱い人間が、多くの壁にぶち当たりながら、色んな扉を開けてくのを楽しみにしてほしいです」と本作の見どころも含め、役に対する熱意を語った。

田中は、現在撮影中の法廷シーンについて、「明日は、すごい長台詞のシーンがあるので、こんなことしてる場合じゃない(笑)試練だなと思って、明日集大成が見せれたらと思います!」と明日の法廷シーンの撮影に対する意気込みを話し、会場を盛り上げた。

さらに主人公の美紀が、はたして有罪なのか、無罪なのか、その判決が気になる内容にちなみ、第一話の試写を見た会場のお客様が判決を下すコーナーを実施。お客様が出した判決は、無罪が多く、その結果に対して田中は、「僕は弁護士役なので、無罪が多くて嬉しかった!」と率直な感想を述べ、会場は笑いに包まれた。

最後にキャストを代表して、永作より「本作品は、生きていくのが辛い人たちが、たくさん出てくる、社会的にもとても重いテーマで、主人公が沈黙してしまうことから、繊細な表現を求められているところもあり、じっくり見て楽しんでいただきたい、そして、最終話の判決の前にみなさんももう一度有罪か無罪か考えていただき、楽しんでもらえると嬉しいです!」と話し、大盛況のまま本イベントは幕を閉じた。

WOWOW「連続ドラマW 沈黙法廷」は9月24日(日)夜10:00より放送開始【第1話無料放送】

「連続ドラマW 沈黙法廷」特設サイト http://www.wowow.co.jp/dramaw/chinmoku/

タイトルとURLをコピーしました