「かっこいいと思う人とだけやる」sébuhiroko企画ライブ、THE NOVEMBERSを迎え第2弾を終了。第3弾は、阿部芙蓉美と11月10日(金)開催決定!

スポンサーリンク

シンガーソングライター兼映画音楽作曲家sébuhiroko /世武裕子による企画ライブ「Her Majesty's Secret Night : Part Ⅱ」が8月30日(水)LIVE HOUSE FEVER(東京・新代田)にて開催された。ゲストにはTHE NOVEMBERSを迎え、sébuhirokoはメタ地獄 ( with 村田シゲ, BOBO, 常田大希 )バンドで出演をした。

青と黄の光に照らされるステージにsébuhirokoが現れると、4つ打ちのシンセドラムとループ音が流れる。

呟くようにsébuhiroko(以下séb)が歌うフランス語に、BOBOのタイトなドラム、村田シゲ(口ロロ)のベース、常田大希(King Gnu)によるギターも加わり披露されたのは、新曲「LARA」。

アンニュイな雰囲気のまま「April 11」「Too Far」と最新アルバムからの楽曲を続けて演奏。

“メタ地獄トリオ”として息の合ったプレイを今まで披露してきた3人に加え、sébのピアノに絡む常田大希のギターがより躍動感を与える。

一転、暗くなったステージにプロジェクターから映像が映し出され、新曲「JAKIE ONASSIS」、「John Doe」「Lost Highway」と続けて、演奏と映像のコラボレーションで魅せる。

力強く重いドラムで始まる「John Doe」、ギターの音も効果的に加わった「Lost Highway」など、畳み掛けるような演奏に合わせたVJのPeter John Bettyによる映像も色を添え、会場は幻想的な雰囲気に包まれる。

また、アルバム「L/GB」ではCrypt Cityを迎えて収録された「Night Walk」をこの日は、対バンのTHE NOVEMBERSより小林祐介をVocal&Guitarに迎えて披露。

MCでは、「(自分が)かっこいいと思う人とだけ(一緒に)やる。」というsébの言葉どおり、重く、速くを繰り返すリズムの変化も縦横無尽に行き来するBOBOのストイックなドラムに、小林のシャウト、気だるく歌うsébの声が合わさり、ライブならではのブレイクのタメはもちろん、この5人だからこその演奏で圧倒させる。

本編最後は、“メタ地獄トリオ”による「TRIPLE PLAY」。

紅い光に照らされるステージから響く、超絶技巧のピアノソロ。

観客がsébのピアノにじっと聴き入る中、BOBOのドラムが加わり、村田シゲのベースも絡み、音を重ね進むごとに、戯れるように演奏する3人。

圧巻の迫力と技術、そして息の合ったチームワークを見せつける演奏で、約1時間のセットを終えた。

なお、sébuhiroko企画のライブ第3弾は、阿部芙蓉美を迎え11月10日(金)に新代田Feverでの開催が決定している。

■sébuhiroko presents「Her Majesty's Secret Night : Part Ⅱ」

8/30(水)LIVE HOUSE FEVER
sébuhiroko メタ地獄 ( with 村田シゲ, BOBO, 常田大希 )
THE NOVEMBERS
OPEN 19:00 / START 19:30

THE NOVEMBERS set list
1. dogma
2. 1000年
3. lovebirds
4.愛はなけなし
5.ただ遠くへ
6.最近あなたの暮らしはどう
7.dysphoria
8.Blood Music.1985
9.こわれる
10.黒い虹
11.Hallelujah

sébuhiroko set list
1.LARA(New Song)
2.April 11
3.Too Far
4.JAKIE ONASSIS(New Song)
5.John Doe
6.Lost Highway
7.Night Walk
8.Mein Land
9.HOMME ANODIN(New Song)
10.TRIPLE PLAY
En1.Wonder Land

VJ:Peter John Betty

スポンサーリンク

■LIVE INFORMATION

sébuhiroko presents のあーるのあーる
11/10(金)LIVE HOUSE FEVER
sébuhiroko、阿部芙蓉美
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV ¥3000 (+1drink) / DOOR ¥3500 (+1drink)
※1dirink ¥600

■sébuhiroko「L/GB」 iTunes ほか好評配信中

https://itunes.apple.com/jp/album/l-gb/id1171717122

<profile>

sébuhiroko (セブヒロコ)/世武裕子
葛飾生まれ、滋賀育ち。シンガー・ソングライター、映画音楽作曲家。
Ecole Normale de Musique de Paris 映画音楽学科を首席で卒業。
在仏中には、Acte 1やCours Florent といった俳優学校で映画演技も学んだ。
パリ、東京にて短編映画制作に携わったのち、『家族X』で長編デビュー。
以降、映画やテレビドラマ、数多くのCM音楽を手掛ける。
近年、映画では『ストロボ・エッジ』『オオカミ少女と黒王子』『お父さんと伊藤さん』 、ドラマでは『好きな人がいること』『べっぴんさん』などの音楽を担当している。
シンガーソングライター sébuhiroko 名義では第一作「WONDERLAND」に続き、ダーク、踊れる、プログレッシヴ、ミニマルミュージックをテーマにより色濃い世界を描く第二作「L/GB」を発表。
※「sebuhiroko」のeはアキュートアクセントを付したものが正式名称

[official HP] http://sebuhiroko.com
[Twitter/Instagram] @sebuhiroko

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク