読売テレビ・日本テレビ系 新ドラマ「ブラックリベンジ」主題歌にSING LIKE TALKINGとサラ・オレインの初コラボ楽曲が決定!

10月5日(木)よる11時59分スタート、木村多江主演の新ドラマ「ブラックリベンジ」。世間を揺るがすスクープを連発する週刊誌編集部を舞台に、かつて夫をスキャンダルによって死に追いやられた過去を持つ敏腕記者のヒロイン・沙織(木村)が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく。さらに、予測不可能なジェットコースターストーリーが展開。話題作の主題歌にSING LIKE TALKINGがサラ・オレインと初共演となる楽曲が起用されることが決定した。「ジェットコースター復讐劇」のストーリーに寄せた歌詞とドラマの世界感に合せてバッハの「ロ短調ミサ」から「主よ、憐れみたまえ」をイントロに引用し、夫を死に追いやられ、復讐に身を捧げる敏腕記者ヒロインの、たとえ自分を汚してでも貫く愛する人への想いを極上のポップスに昇華させた。佐藤竹善と音声分析の権威も認めた「歌声のサプリメント」現代人の心を癒す歌声を持つサラ・オレインとの愛の歌が完成した。

佐藤竹善コメント

(1)サラ・オレインとのコラボについて、
1年ほど前に共通のミュージシャン、ジャズピアニストから紹介されてSNSでいつか一緒に楽曲をやりましょうと話していたところ、このドラマの楽曲で女性ボーカルと歌って欲しいとお話をいただき、サラ・オレインさんに声をかけました。こんなに早く共演が実現して嬉しいですね。

(2)サラ・オレインについて
表現力豊かでバリエーションもある歌い手なので、どの方向を選択し、気持ちよく歌ってもらえるのかを楽曲の方向、自分の楽曲イメージを一致させていく作業で楽しかった。

(3)楽曲について
バッハの「ロ短調ミサ」をじっくり聴くことから始め、どうやってポップスに昇華させるか、どのような方向でいくかをこの長い曲(「ロ短調ミサ」の総尺約2時間)を聴きながら考えました。なかなか最後までたどり着けず、途中で分けて聴いて、自分の中でイメージが創りました。ドラマの内容から「バラード」ではないと思い、ダンサブルで、POPSとして微かに希望が見えるものがあれば、ドラマと相反する形からの相乗効果があると思った。ピアノに向かいながら自分の中出てくるメロディを追いかけていきようやく完成しました。

サラ・オレインコメント

(1)佐藤竹善とのコラボについて
楽しみにしていました。お会いしたのは今回が初めてでしたが、違うお仕事で一緒に同じ曲で共演というのはあった、共通のミュージシャンを通じてSNSで繋がっていたのですが、「一緒にできるといいですね。」と話していたのですが、こんなに早く実現するなんて嬉しかったです。

(2)楽曲について
バッハのミサ曲が使われていると聞いていてどういう風にJPOPになるのか凄く楽しみにしていました。楽曲は、凄く上手にクロスオーバーされていて、バッハの要素もありますが、モダンな感じに仕上がって。とくに自分の女性パートはかなり高音なので、あまりJPOPにはないクラシックの要素もありますが、今回のサウンドや歌詞から歌い方は声楽ぽいのは合わないと思い、高音でありながら歌詞が聞こえてメッセージが伝わるように良い部分のクラシック要素を残しつつ、モダンなポップスさを表現してみました。また、曲頭と間奏の部分でバイオリンでも参加しました。歌は高音で女性的なので、バイオリンは男性的な表現にしてみました。

(3)完成した楽曲の感想
気持ちよかったです。竹善さんの声は以前からとても好きで、私の声とどう混ざるのかイメージできなかったのですが、上手にミックスされてきもちよかった。一緒にものを作り上げていく作業も本当に楽しかったです。色々相談に乗ってくださったり、ただ歌うのではなく、お互いが表現者としてこの曲をどう表現していくかを話し合いながら作り上げた作業が楽しかったです。

木村多江さんより楽曲についてコメント

十字架を背負って、助けを求めてる様な出だしに沙織を見ました。

祈りの様でもあり、叫びの様でもあり沙織の気持ちに寄りそっていて主人公がなぜ生き続けるのか歌詞に教えてもらうようでした。

悲しみの中に希望も見い出せる、一歩進めるような歌でした。

読売テレビ・日本テレビ系 新ドラマ 「ブラックリベンジ」

10月5日(木)よる11:59 スタート
主題歌
SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン   →SING LIKE TALKING(半角アケ)feat.サラ・オレイン
「闇に咲く花 ~The Catastrophe~」  →闇に咲く花 (半角アケ)~The Catastrophe~

読売テレビ・日本テレビ系 新ドラマ 『ブラックリベンジ』
10月5日(木)夜11:59 スタート
番組ホームページ:http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/

SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン
「闇に咲く花 ~The Catastrophe~」
http://singliketalking.jp/

〈SING LIKE TALKING プロフィール〉
佐藤竹善 (Vocal, Guitar & Keyboard)
藤田千章 (Keyboard & Synthesizer)
西村智彦 (Guitar)

1986年、シングライクトーキングとして“サウンド・コンテスト'86”に出場し、グランプリを獲得。それをきっかけに1988年シングル『Dancin' With Your Lies』でデビュー。直後にはファースト・アルバム『Try And Try Again』を発表し、故ジェフ・ポーカロ(TOTOドラマー)や、ネイザン・イースト (ベーシスト) らを迎え、渋谷クラブクアトロで伝説的なデビュー・ライヴを行う。1993年『ENCOUNTER』、1994年『togetherness』の両アルバムは発売と同時にオリコン初登場1位となる。
2011年東日本大震災の直後、東北関東大震災被災者支援コンサート「心の復興まで」を東京・大阪で開催。デビュー25周年となる2013年、東京・大阪で約10年振りとなるフルバンドでの25周年記念ライブを開催。
2015年には、オールタイムセレコションアルバム『Anthology』リリースし、フルバンドでの全国ツアー「The Sonic Boom Tour 2015」を行い大盛況のうちに幕を閉じた。そして、2015年より、2018年のデビュー30周年に向けたカウントアップ・スペシャルライブ企画がスタート。
第一弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜 」(2015)、第二弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky ~シング・ライク・ホーンズ~ 」を行い、第三弾SING LIKE TALKING Premium Live 29/30~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~開催、大好評を博す。
9/30のデビュー30周年イヤースタートに向け、ますます活発な活動を続けている。

〈サラ・オレイン プロフィール〉
オーストラリア出身、アーティスト。5 歳よりヴァイオリンを始め豪国内で活躍。
シドニー大学を首席卒業、同大学在学中に東京大学へ留学。
2012 年にアルバム『セレステ』でメジャーデビュー。2014年にセカンドアルバム『Sarah』、
2015年にサードアルバム『f』をリリース。2014年にはニベアTVCM曲「「Always with you ~
ふれあうだけで~」を、2015年東海テレビ系ドラマ「新・牡丹と薔薇」主題歌「涙のアリア」を歌唱。
3 オクターブを超えるその声には、“f 分の1 ゆらぎ”と呼ばれる癒しの成分が含まれており、
その歌唱力から“声帯のアスリート”とも称されている。
企業のパラスポーツ支援をサポートする活動や、デイヴィッド・フォスターのプロデュース作
『We Love Disney』(2015年)へ参加、アンドレア・ボチェッリとCD『シネマ~永遠の愛の物語
』(2015年)及び来日コンサートで共演(2016年)するなど国内外で活躍。2016年には
フジテレビ「JAL 空旅をあなたへ-PREMIUM SKY」テーマソングの作詞作曲・歌唱、
テレビ朝日系「報道ステーション」にコメンテーターとして出演。アレンジャー、翻訳家、
コピーライターとしても活躍している。現在、FM 東京・大阪で放送中の番組「Peace of Mind
~土曜の朝のサラ・オレイン」、NHK「おとなの基礎英語」にレギュラー出演中。

タイトルとURLをコピーしました