コメディ映画の祭典「したコメ」のレッドカーペットに齊藤工・高橋一生らが登場!

9月15日から18日まで、文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台にコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称:したコメ)が行われた。

この「したコメ」とは、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。

浅草公会堂前のオレンジ通りにて人力車でいとうせいこうさんが登場し、豪華ゲストがレッドカーペットに続々と登場。

その後、浅草公会堂ではオープニングセレモニーが行われ、オープニング作品『blank13』の齊藤工監督、主演の高橋一生さんらによる舞台挨拶も行われました。

レッドカーペットで齊藤工監督は「今日の日を意識して作った映画でもありますので、ぜひ映画をご覧になる方は楽しんでいただければ、と思います。」、高橋一生は「今日はこんなに出迎えていただいて、とっても嬉しいです。ありがとうございます。」とそれぞれコメント。

萩本欽一は「今日はタキシード着てよかったと思います。高橋一生さんと握手してもらいました!本当によかった!」と話していた。

第10回したまちコメディ映画祭in台東
http://www.shitacome.jp/

タイトルとURLをコピーしました