嵐・櫻井翔が支配人を務めるTV-CM「櫻井ショーROOM」シリーズに大野智が登場!

スポンサーリンク

9月12日より、嵐の櫻井翔さんが支配人を務めるTV-CM「櫻井ショーROOM」シリーズに今度は大野智さんが登場した。

9日からオンエアされている「さすが!櫻井ショーROOM」篇、冷蔵庫「ラップしません」篇・「野菜室の比較実験」篇では、櫻井翔さんと相葉雅紀さんが共演し、ドラム式洗濯乾燥機「風でアイロンがけ」篇では櫻井翔さんと二宮和也さんが共演している。

今回12日よりオンエア開始した コードレス・スティッククリーナー「場所に合わせて掃除」篇と「掃除は立体的に」篇では、櫻井翔さんと大野智さんが共演している。

「櫻井ショーROOM」シリーズでは櫻井翔さんが支配人となり、「櫻井ショーROOM」を訪れた嵐のメンバーに商品を紹介する。

■撮影エピソード/コードレス・スティッククリーナー「場所に合わせて掃除」篇

「場所に合わせて掃除」篇は、お客様として「櫻井ショーROOM」を訪れた大野さんが、忙しくて全然掃除ができていない櫻井支配人に「(掃除を)手伝うよ!」というシーンから始まります。

櫻井さんは、大野さんの申し出に「ありがとう!」と製品を手渡そうとします。

するとなぜか大野さんは製品を持つ櫻井さんの手を包み込むようにそっと握りしめ、その突然の行動に驚いた櫻井さんは思わず声を出して笑い出してしまいます。

「カット!」の声がかかると、照れ笑いを浮かべて「(受け取るの)早いよ。手持っちゃってるし!」と突っ込む櫻井さんに、大野さんも「ふふっ」と笑顔で応えます。

掃除もできないほど日々多忙な櫻井支配人を労わる、大野さんの優しさに、撮影現場が温かい空気に包まれました。

多彩なツールを“切り替えて”、シーンに合わせた最適な掃除ができる点が、新製品「パワーブーストサイクロン」(PV-BEH900)の特徴です。

「場所に合わせて掃除」篇では、この特徴を紹介しています。

製品の多彩なツールをひとつひとつ櫻井さんが大野さんに説明していくため、目を合わせた状態でカットを待つシーンが多くありました。

沈黙しながらお互いの顔をまじまじと見つめ合うという、普段あまりないシチュエーションに耐えられなかったのか、カットの声がかかった途端、2人とも声を上げて笑っていた姿が印象的でした。

まるで先に笑ったら負けの「にらめっこ」状態で、その雰囲気に耐えられなくなったスタッフが、カットの声がかかる前に笑い出してしまう場面もありました。

しかし最後には、多彩なツールを“切り替え”られる新製品のように、見事に気持ちを“切り替え”て撮影モードとなった2人。会心の演技を見せ、順調に撮影を終えていました!

■撮影エピソード/コードレス・スティッククリーナー「掃除は立体的に」篇

「櫻井ショーROOM」の支配人として、「これからの掃除は立体的になるんです!」、「低い所は持ち下げる!」、「狭い所は持ち入れる!」など、CM本編で大野さんも「はい?」と疑問の表情を浮かべるような、普段口にしないようなセリフを早口で発することが求められた櫻井さん。

しかし、難易度の高いセリフにもミスはほとんどなく、堂々とした演技で撮影をスムーズに進めていきました。櫻井支配人として多くのシーンをこなし、役を意識しすぎず“ラクに考える”ことで、支配人になりきった櫻井さんでした。

そんな櫻井さんの演技に触発されたのか、「持ち下げる!?」、「持ち入れる!?」と櫻井さんのセリフを復唱する際の、身を乗り出しつつも腑に落ちていないような見事な表情を見せた大野さん。

そんな2人の見事な演技はCM本編でお楽しみください!

本CMで紹介する新製品「パワーブーストサイクロン」(PV-BEH900)は、掃除シーンに合わせて本体にツールを付け替えることで、本体を手に持ちながら、さまざまな場所を“立体的”に掃除することができます。

櫻井さんがショールーム内のさまざまな場所を掃除するシーンの撮影。

櫻井さんは、どのような持ち方をすれば一番動きやすいのか、掃除をしている姿として自然に見えるのかなど、最適な動作を追求しながら撮影を行っていました。

特にソファの脚下を“低いところは持ち下げ”ながら掃除するシーンでは、製品を持つ角度、向き、高さ、しゃがむ時の姿勢など、普通は気にしないような細かい部分まで気を遣いながら、“立体的”にこだわり抜いた結果、自身でも納得のいく持ち方、演技ができた様子でした!

櫻井さんが“立体的に”こだわり、細部まで極めた掃除シーンの完成度は、ぜひCM本編を見てご確認ください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク