乃木坂46・西野七瀬ら映画『あさひなぐ』キャスト陣が現役部活生に本気エール!

スポンサーリンク

9月12日、映画『あさひなぐ』部活生限定試写会イベントが都内で行われ、乃木坂46の西野七瀬らキャスト陣が舞台挨拶に登壇した。

薙刀を題材にしている本作にかけ、各々所属する部活動のユニフォームに身を包んだ学生たちが会場に集結。

サッカー部、バスケ部、野球部、アメリカンフットボール部、ラグビー部、陸上部、水泳部、スキー部、ゴルフ部、バレーボール部、軽音楽部、卓球部、テニス部、バトミントン部、新体操部、ダンス部、チアリーディング部、空手部、剣道部、合気道部など、バラエティに富んだ部活動に加え、実際の“薙刀部”も参加し、総勢22種目、80人の部活生が集まり、映画公開に向けて〈壮行会〉のような雰囲気に!

そこに、主演の西野七瀬、薙刀部のムードメーカー・富田望生、さらに主人公・東島旭の同級生役で出演している乃木坂46の中田花奈と斉藤優里が登壇すると、部活生たちは大熱狂!キャストの衣装も西野と富田は劇中で着た道着姿、中田と斉藤は、ジャージ姿と“部活生限定”にちなんだ衣装で登場。

MCより映画をご覧になって、部活感を感じたシーンを聞かれた西野は、「自分では行ったことないけど、憧れていた合宿が映画の中で体験できて楽しかったです!」と嬉しそうに語り、合宿が辛くて夜中に抜け出すシーンも青春を感じることができて良かったと話した。

また中田は、「劇中で、主人公である旭ちゃんが、憧れの先輩である(白石麻衣演じる)宮路真春を尊敬するシーンがたくさんあるのですが、私の通っていた女子校では、文化祭で先輩1人だけに連絡先を聞けるというルールがあり、バレンタインの時にもその人にチョコを渡しました!」と女子校ならではのエピソードで会場を沸かせた。

続いて、学生時代にカッコイイな!と思った部活動を聞かれた斉藤は、男女問わず素敵に見える乗馬部。富田は、もう一度ガチでやりたいと薙刀部。西野は、ベースがやってみたいと軽音部。中田は、颯爽と走る姿がとても格好良いバスケ部、とそれぞれの理想の部活動に対する思いの丈を語り、部活生たちは自分の部活動が言われるかもしれないと大興奮!

そして、MCから「もしマネージャーをやるとしたら、何部のマネージャーがいいですか?」という質問に斉藤は、「甲子園に連れてってください!」と野球部のマネージャーを希望し、中田は、「スイスイ泳いでる姿が羨ましくて、水族館とかも好きなので、水泳部のマネージャーが良いです!」と会場の笑いを誘った。

それに対し、西野は、「応援はできるけど、マネージメントはできないので、仕事ができなくても許してくれる部活がいいな、、、」と西野らしい一言に、男子部活生たちからは「可愛いから良いよー!」との声が。

イベントの最後には、富田が、「薙刀は、普段から”しなやかさ“だったり、”美しさ“を気にかける競技なので、運動部だけでなく、文化部の皆さんにも刺さる映画になっていると思います。この作品を見て、もっともっと部活動を頑張るぞ!ってなってもらえたら、嬉しいです!」と部活生たちに《本気のエール》を送り、西野も「部活に青春の全てをかけた女の子たちのお話です。是非みなさん見て、何かを感じ取ってもらえたら嬉しいです!」と話し、大盛況となったイベントは幕を閉じた。

映画『あさひなぐ』は9月22日(金) 全国ロードショー!


©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館
スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク