アップアップガールズ(2)鍛治島彩“(仮)姉さんを追い越せ追い抜けで頑張ります!”と宣言!

アップアップガールズ(仮)(以降アプガ(仮))の妹グループでで 5 人組アイドル、アップアップガールズ(2)(以降アプガ(2))が、8 月 15 日にデビューシングル「Sun×3!/二の足 Dancing」を発売。

8 月 20 日(日)に、東京・新宿マルイメン屋上イベントスペースにてシングル発売記念リリースイベントを開催した。

本イベントには、アプガ(2)の先輩グループ、アプガ(仮)がサプライズで登場。

妹分のデビューを祝うために、ケーキ、福島米、バットなど、アプガ(仮)らしいユニークなプレゼントを持って駆けつけた。また、アプガ(2)の次なる新曲「二学期サマー」が制作されることも発表された。

アプガ(2)は、高萩千夏、吉川茉優、鍛治島彩、橋村理子、中沖凜によって、今年 2 月に結成されたグループ。

これまではアプガ(仮)の楽曲をカバーしライブを行ってきた。

だが、8 月 14 日から東京都内で開催してきた初のリリースイベント期間では、オリジナル曲 2 曲のみを歌唱。

言ってみればこのリリースイベント期間は、先輩の力に頼らず、妹分グループという枠から一歩踏み出し、アプガ(2)という 1 グループとして独り立ちする試練の場でもあった。

この日のイベントは、明るさと元気さの詰まった「Sun×3!」からライブをスタート。

メンバー5 人は、フレッシュな歌とダンスで、屋外の会場に集まった観客を盛り上げていく。

MC で自己紹介のあと、鍛治島は「ここの会場では、アプガ(仮)姉さんの「アッパーディスコ」のバックダンサーとして立たせてもらいました。今日は単独でイベントやらせていただけることをほんとにありがたく思ってます。(仮)姉さんのかっこよさたくましさを見習って、そしていつかは追い越せるように、私たちのモットーの追い越せ追い越せ精神でこれからがんばっていきたいと思います」と、今の自分たちの思いを語り観客から温かい拍手が送られた。

続けて、前に進みたい思いを切ないメロディで勢いたっぷりに届ける「二の足 Dancing」を披露。

パワフルなステージングで魅了しつつ、鍛治島の得意技、鼻でリコーダーを吹く通称“鼻リコーダー”を見せたりと、ひねりの効いたパフォーマンスで会場のボルテージをさらに高めた。

グループ最年長の高萩が「私たち、リリースイベント週間で、「Sun×3!」と「二の足 Dancing」だけを歌ってきました。最初はこの 2 曲だけでお客さんがどういう反応してくれるかすごい不安だったんですけど、この 2 曲を聴いてアプガ(2)を知ってくれたり、ライブを見てくれたことをうれしく思います。そして、ライブのたびにお客さんが 1 回 1 回盛り上がりを更新してくれるのを実感しました。私たちももっとこの曲たちを自分たちのものにできるように、もっともっとがんばっていこうと思いました」と、楽曲への思いを語った。

そして 2 度めの「二の足 Dancing」を披露するタイミングで、“イエー!”という賑やかな声が聞こえ、アプガ(仮)のメンバー7 人がステージにサプライズで登場。

アプガ(2)は、驚きとうれしさで一瞬で号泣する。

アプガ(仮)の新井愛瞳が「今日は、かわいい後輩の CD デビューのお祝いに駆けつけました!お祝いの気持ちを込めて、私たちひとりひとりからプレゼントを持って来ました!」と声を上げる。

アプガ(仮)のメンバーから、デビューシングルの写真が描かれたケーキ、花束、高萩の出身地のお米の高萩米が贈られる。ここからアスリート系アイドルのアプガ(仮)らしく、筋トレに必要なダンベル、脂肪を燃焼させるレブナマスクがプレゼントされ、佐保明梨からは「アップアップガールズは、バットを折れなくてはいけないということで、みんなこれで練習してください!」とバットが贈られた。

さらなるプレゼントとして森咲樹から、アプガの楽曲を多く手がける音楽プロデューサーmichitomoの手紙が代読される。「どうも音楽プロデューサーの michitomo です。アプガ(2)は、このリリース
イベント期間中、2 つの持ち曲のみで勝負をしてきました。最初は(仮)姉さんのカバー曲を歌うことからスタートした 5 人ですが、初のオリジナル曲を、2 曲大切にいろいろな表情で歌ってくれました。これからキャリアを重ねる中で、もっとかわいく、ときにはセクシーに、ロマンチックに、そしてファイティングにたくさんの表情を見せてください。そんなみんなに、今日はプレゼントを用意しました。新曲「二学期サマー」です! 二学期が始まったらすぐにレコーディングしますので、何とぞよろしくお願いします!」というメッセージに、アプガ(2)は再び喜びの涙を流す。

続けて森から「みんなおめでとう。アップアップガールズは、夢を追いかけ続ける女の子の集団なので、まだまだみんなでたくさんの夢を追いかけていきましょう。これからも一緒にがんばろうね」と優しく声をかけられると、アプガ(2)は「よろしくお願いします!!」と力強く答えた。

ここからは、アプガ(仮)メンバーがステージで見守る中、アプガ(2)メンバーはライブを行うことなった。

吉川が「お客さんにも、仮姉さんにも、最高のパフォーマンスを見せられるようにがんばります!」と声を上げる。

「二の足 Dancing」「Sun×3!」を渾身のパワーをみなぎらせて歌唱し、会場を熱い一体感に包み込んだ。

パフォーマンスを終えたあとに、橋村は「リリースイベント期間は、この 2 曲で突っ走ってきたんですけど、どんどん日にちが経つとともに、コールをしてくれる方や振りをやってくれる方が増えて来るのが見えました。

私たちは、デビュー曲を好きになってほしくて全力で突っ走ってきたので、みなさんがデビュー曲を好きと言ってくれてうれしいです!」と語ると、観客から大きな拍手が送られる。

そして、「Sun×3!」の振り付けを担当したアプガ(仮)の古川小夏から「今日ライブを見せてもらって、ファンのみなさんとの一体感もすごかったけど、メンバーみんなの表情が、この 2 曲で戦ってきたんだなっていうのをすごく感じられて、姉さんたちは少しホッとしました。

まだまだ大変なことがいっぱいあると思うけど、新曲もできますし、めげずに突っ走ってもらえたらうれしいです。がんばってください!」と温かい言葉をかけられると、アプガ(2)は「ありがとうございます!!」とうれしさを表す。

鍛治島は「(仮)姉さんが(去年)武道館をやりました。私たちは 3 年間で武道館をやることを目標にしてます。まだ(仮)姉さんたちを見るだけで安心して弱々しくなってしまう私たちですが、いつかは(仮)姉さんを追い越せるように、追い抜けるように…あ、おんなじだ(場内爆笑)。とにかくがんばりますので、応援よろしくお願いします!」と大号泣で語ると、会場全体が大歓声となってイベントは終了した。

また、イベント終演後には記者会見が行われ、デビューシングルを披露してきたリリースイベントの感想が語られた。

橋村は「初めてのデビューシングルで、たくさんの場所でリリースイベントをやらせていただいたことがうれしくて。お客さんが、日を追うごとにいろんな反応を見せてくれてほんとに毎日うれしかったです」と語ると、中沖凜は「私は、アイドルの楽しさを知ることができてうれしかったです。みなさんともっと一体感を作っていきたいなと思いました」と答えた。

吉川は「今回のリリースイベントは、「Sun×3!」と「二の足 Dancing」だけを歌ってきたんですけど、歌うごとにこのデビューシングルを好きになれました」と語り、高萩は「私たちは、結成してまだ半年なのに、自分たちの曲ができたりMV 撮影をさせていただいたり、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。」と声にした。

鍛治島は「(仮)姉さんもいない中、私たちだけでどれだけの方がイベントに来てくださるのかすごい不安だったんですが、たくさんの方が見にきてくださってうれしかったです。1 日に「二の足 Dancing」で鼻リコーダーを 8 回吹いたりとか、こんなことが人生で起きるとは思ってなかったので、貴重な経験をさせていただきました」とコメントした。

アプガ(仮)の森はこの日のイベントを見て「結成から半年で CD デビューをしてリリースイベントをするっていうのは驚異のスケジュールだと思うんです。大変だったかもしれないけど、これに負けじと、みんながもっともっと夢を掴んで、楽しく前向きに活動をしていってくれたらうれしいなと思いました。あと、今日はアプガ(仮)のファンのみなさんも来てくださっていて、ありがたいなと思いつつ、若い子たちにファンを取られないように、(仮)メンバーも、もっとがんばろうと思いました(笑)」と感想を語った。

続けて古川は「振り付けは、どんどん踊ってってもらってそれぞれメンバーのよさが出てくるんです。振り付けをさせてもらったときより、いい方向になってるいるなと思いました。もっともっと踊りこんでいくうちに、自分たちらしさを出していってもらえたら、振付師としてもうれしいです」と、メンバーがダンスを自分たちのものにしてきている成長ぶりに喜びを表した。

続けて、リリースイベントを通じて、アプガ(2)らしさを掴めたかという質問に、鍛治島は「まだまだ技術面では、他のアイドルさんには全然勝てないので、5 人で元気さを出していこうって言ってました。ライブ直前は、いつも「元気にいこう!」って言ってステージに出るようにしてました」と答えた。吉川は、「リリースイベントのあとの特典会で、お客さんとお話しさせていただいたときに、イベントを見て曲を聴いて元気出たよって言ってもらえたので、アプガ(2)の明るさを歌やダンスで表現して、みなさんを元気にしていきたいなと思いました」と、アプガ(2)の持ち味を少し掴めたことを語った。

そして、アプガ(仮)のサプライズ登場について聞かれると、吉川は「いやー、びっくりしました。曲が流れないから、“イエー!”って聞こえたので、中沖がなんか変なことを言い出したのかなと思って(笑)。でも、まさか(仮)姉さんが来てくださると思わなかったので、ほんとにうれしかったです」と喜びの表情を見せる。アプガ(仮)の新井は「私たちはいつもドッキリされる側なので、今日はアプガ(2)に対して、うれしいサプライズなので失敗しないように思いっきりやってあげようと思いました。ケーキも必死に落とさないようにしました(笑)。大成功でよかったと思います」と、後輩思いの一面を垣間見せた。

そして、アプガ(2)としての、これからの意気込みを聞かれると、吉川は「結成半年なんですけど、CD デビューやリリースイベントをやらせてもらったりして、今が勝負だと思うんです。今を全力で、メンバーとファンのみなさんと一致団結して駆け抜けて、3 年後の武道館実現に少しでも近づけるようにがんばっていきたいなと思いました」と、強い気持ちを口にした。

また、9 月 15 日のライブをもってアプガ(仮)を卒業する佐藤綾乃から「今日のステージを見て、すごい成長したなと感じました。今まで、私たちもダンス指導をしたり私たちの後ろで踊ってくれたりしてたんですけど、ほんとにひとつのグループとして成り立ってるなというのは実感したので、アプガもうかうかしてられないなって思いました。あと、私は 9 月に卒業するので、今日のイベントを見て(後輩の成長に)少し安心しました。これからもがんばってください」とメッセージが語られた。

同日に卒業する仙石みなみからは「私は個人的に、かじぃの生鼻リコーダーを初めて見れて感動しました。そうやって、今後ともひとりずつが強烈なものをつけていただいて、アプガ(仮)以上に破天荒なことをやって、私たちのことも驚かせて欲しいなとすごく楽しみになりました」と、アプガ(2)にも破天荒なアプガスピリッツ継承を願った。

さらに、バットを贈った佐保からは「バット折りはそんなに簡単なことじゃないです。まずは黒帯を取ってもらって、長い道のりになると思うんですけど、がんばってください!」と、佐保らしいバット折りのアドバイスのコメントも送られた。

タイトルとURLをコピーしました