NGT48 お披露目から2周年を迎える&キャプテン北原里英が卒業を発表

8月21日、新潟を拠点とするAKB48の姉妹グループ・NGT48は、お披露目から2周年を迎えた。これに伴い、2019新潟開港150周年プレイベントとして『NGT48お披露目2周年スペシャルLIVE~みなとまち新潟をもりあげちゃいます!~』を、みなとぴあで開催した。

また、みなとまち新潟の魅力発信やブランドづくりに取り組む活動体「TEAM Nii port」の結成に関する記者会見が行われ、NGT48メンバーも参加した。

●2年前のお披露目と同じ場所で、感謝と成長のパフォーマンス!!

日本海に臨む信濃川から遊覧船に乗って登場し、お披露目されたされた2015年8月21日(土)から、丸2年。同じ、「みなとぴあ」を会場にして、お披露目2周年スペシャルライブが開催されました。

ライブは、2019年に新潟開港150周年を迎えるにあたって行われる記念事業のプレイベントとして、新潟市をはじめとする自治体の協力のもと開催され、地域密着を活動テーマのひとつとしているNGT48にとって、さらに喜ばしい日となりました。(新潟開港150周年記念事業公式ウェブサイト ⇒ http://nii-port.com/)。

150年前の明治時代には、鎖国が解かれて開かれた5つの港街のひとつとして、新潟は栄え、日本一の人口を誇っていました。キャプテンの北原里英からその歴史を教えられると、新潟市出身の加藤美南は「そうなんですよ!」と誇らしげでしたが、中井りかは「開港、神!」と謎のリアクションを見せていました。北原は、「新潟で、もう一度、天下を取りましょう!」とお客様に呼び掛けていました。

2年前のお披露目イベントは「会いたかった」「NGT48」の2曲のみのパフォーマンスでしたが、今回のライブでは、デビューシングル「青春時計」やそのカップリング曲、「さよならクロール」「ポニーテールとシュシュ」などのAKB48の夏のヒット曲など多彩な楽曲を披露。西村菜那子は「2年前は合宿をして1曲を何時間もかけて覚えたましたが、今は2時間もあればマスターできるようになりました。みんな成長したね」と語り、メンバー個人の成長やグループの進化を感じているようでした。

炎天下での開催となりましたが、メンバーは髪を汗でびっしょりになりながらも、最後まで全力のパフォーマンス。2周年のお祝いに集まってくれた皆様に向け、感謝の気持ちを伝えるライブとなりました。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

●新潟開港150周年を盛り上げる「Nii port」に、NGT48も“スペシャルクルー”として参加!!

ライブの合間には、「みなとまち新潟」の新ブランド「Nii port」及び「TEAM Nii port」の立ち上げを発表する記者会見が行われ、米山隆一新潟県知事、篠田昭新潟市長をはじめ、新潟の各テレビ局のアナウンサーたちとともに、NGT48メンバーも参加しました。

「Nii port」とは、2017年1月の新潟開港150周年に向けて、「みなとまち新潟」の魅力をカタチにしたモノやコトを開発していく活動のブランド名。そして、「Nii port」を発信していくのが、「TEAM Nii port」です。このキャプテンを、新潟市出身の歌手・小林幸子さんが務め、NGT48も“スペシャルクルー”として、みなとまち新潟を盛り上げるお手伝いをしていきます。

篠田新潟市長が「今年メジャーデビューしたNGT48は、総選挙での活躍を見ても勢いがあった。今回の150周年に向けて新潟もメジャーデビューしていこうと思うので、メジャーデビューとはこうするんだということをNGT48さんに教えてもらいたい」と期待を寄せて下さいました。

キャプテンの北原里英は、「お披露目2周年ライブを、新潟開港150周年プレイベントとして、新潟の公認でできるのは他のグループではないこと。地域のみなさんと一緒に歩めているのかなと思います。NGT48も150周年を目指していきます!」とコメント。また、新潟市出身の加藤美南は「NGT48で県内県外関係なく、みなさんをつなぐ役割をしていきたい」と意気込みを語りました。メンバーからの力強い決意表明に、知事や市長をはじめ出席者からは笑顔が溢れました。

今回の記念ライブを皮切りに、新潟開港150周年に向けたイベントや企画が随時行われていく予定ですが、NGT48も地元貢献を活動テーマのひとつに掲げるグループとして積極的に応援をしていきます。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

●キャプテン北原里英、卒業を発表。

2nd公演が残り1曲になった際、北原里英から、「私、北原里英は、NGT48を卒業します」と突然の発表がありました。会場のファンのみならず、事前に知らされていなかったメンバーも絶句。自身をドラフト会議で指名してくれ、またキャプテンと副キャプテンとしてともにNGT48を引っ張ってきた荻野由佳は、その場に泣き崩れました。最後の曲、「Maxとき315号」の曲フリをお願いされた高倉萌香は「やだー!」と泣きながら叫びました。

涙しながらの最後のパフォーマンスを終えると、メンバーは自然に北原のもとに歩み寄っていき、北原は目を潤ませながらも笑顔を見せていました。

ー卒業を決めた経緯は?

北原里英:AKB48も10年目で、いつかは卒業しないといけないなとずっと思っていて、その中でここ最近のNGT48は成長が目紛しく、凄いスピードで成長していてすっかり頼もしいと思えるようになりました。私がいなくなってもみんなの力だけで大丈夫なんじゃないかなと思って卒業を決めました。

ー具体的にはいつ頃から考えていましたか?

北原里英:本当に最初に意識したのは、5年前にあっちゃん(前田敦子)が卒業した時で、その時にいずれ卒業するんだなと思ってからは、私もずっとお芝居をするのが夢だったので、いつかはお芝居の仕事をできるようになればいいなとずっと考えるようになりました。
ですが今の活動が楽しく、なかなか決断できないまま進んできたのですが、本当にここ最近になって卒業を発表しようと決意しました。

ーNGT48での2年はどんな2年でしたか?

北原里英:あっと言う間で、すごい楽しく、NGT48としての活動がキャプテンとしてもすごくやりがいがあったので、本当はもっともっとみんなと歩んでいきたいなという気持ちもあったし、これから先の景色をみんなと見たいなと思っていたんですけど、先輩が卒業することで後輩が成長して伸びていくというシーンを今までずっと見てきたし、自分も先輩の卒業で感じてきたので、後輩のためにも卒業しようと決めました。

ーメンバーの選考にも関わっていましたが、NGT48メンバーはどんな存在ですか?

北原里英:一からNGT48というグループ造りに参加してきて、メンバーもオーディションで合格する前から知ってきて、本当に思い入れが強くて、娘みたいな存在です。

ーメンバーには残りの期間でどんなことを伝えていきたいですか?

北原里英:自分はキャプテンとしては言葉は多くなく、キビキビ言うようなタイプではないんですが、残りの期間はもうちょっと多くの言葉を掛けていきたいです。そして行動で示せるようなキャプテンで最後までありたいと思います。

ーNGT48にとって地域密着という一つのテーマがありましたが、新潟とNGT48をこの2年間どうみましたか?

北原里英:ここまで地域密着型の活動を行ってきたAKB48グループは他になかったので、始まる時はどういう風に進んで行くのかなと思っていたのですが、想像以上に地域の方との関わりが深くなってきて、昨日も長岡市で握手会を行ったのですが、地元の方がたくさん来てくださって、「握手会にはじめてきました」っていうおじいちゃんおばあちゃんや、小さいお子さんを連れたご家族が来てくれて、本当にNGT48が新潟に根付いて来ているなと実感できました。私もこの2年間で本当に新潟のことが大好きになったので、NGT48は卒業するのですが、一人の活動になってからも何とかして、ずっと新潟県と関わっていきたいなという思いがすごくあります。

ー今後のスケジュール、やりたいことを改めてお願いします。

北原里英:AKB48に入る前からの夢であった女優さんを目指して、ゼロからのスタートになるのですが、お芝居を中心に活動をしていければいいなと思っています。そして自分の活動が、少しでもNGT48の為になるように、キャプテンをやっていたという事に恥ない活動をしていけたらなと思っています。

ーステージでの発表後、メンバーからどんな言葉を掛けられましたか?

北原里英:みんなには内緒にしていたのですが、自分が思っていた以上にみんな泣いて悲しんでくれて、すごく複雑なんですが嬉しかったです。これからのNGT48のことを不安に思っていたり、「卒業はまだ早いですよ」「まだ若いですよ」と言ってくれたりしました。みんなの事を本当に頼りにしているので、私がいなくても大丈夫だと思っているんですが、「まだいてほしい」と言ってもらえた事は嬉しかったです。

ーファンに向けてのメッセージ

北原里英:突然の発表になってしまい申し訳ありません。ここまで本当にたくさんの方の力を借りて、発表をする事ができたので、これからは一人の北原里英として、立派に歩んでいこうと思いますので、NGT48、AKB48グループではなくなっても応援していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

尚、北原の卒業は、来年の春ごろを予定しています。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

 

タイトルとURLをコピーしました