生熊耕治、ワンマンライブ「真昼の月」開催!

スポンサーリンク

9月20日にファーストフルアルバム「12-Twelve-」をリリースする生熊耕治が、リリースを前にワンマンライブ「真昼の月」を開催する。

この「真昼の月」は、2016年5月と10月に東名阪で開催され、今回待望の再演となる。

タイトル通り、真昼に開催され普段と一味違ったコンセプトのライブとなった。

今回の再演では、これまでリリースされた楽曲はもちろんのこと、最新アルバム「12-Twelve-」の楽曲もいち早く聞けることになりそうだ。

サポートにベースに亜季(Sadie)、ドラムに赤松芳朋(SOPHIA/HATAKE BAND/S.R.O.D.)をむかえての、待望のバンドスタイルワンマンライブをお見逃しなく!

スポンサーリンク

ライブ情報

生熊耕治 ワンマンライブ「真昼の月」

2017年9月17日(日)開場12:30 開演13:00

下北沢LIVEHOLIC

チケット:一般 前売4,200円/当日5,000円(ドリンク代別)

学生 前売2,500円/当日3,000円(ドリンク代別)

一般発売:好評発売中

プレイガイド:イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002235690P0030001

【サポートメンバー】

Bass:亜季(Sadie)

Drums:赤松芳朋(SOPHIA/HATAKE BAND/S.R.O.D.)

1st Full Album『12-Twelve-』

2017.9.20 on sale ¥3,000円(tax out)

1.トナンの翼 2.VEGA 3.Golem 4.NERO

5.12-Twelve- 6.UNDER WANDER

7.SLOW STARTER 8.I wanna say!!!

9.garbage 10.善悪のパラレル 11.ANOMALY 12.FISH

生熊耕治リリースツアー「12-Twelve-」

11月23日 名古屋 栄R.A.D
12月9日 東京 六本木Varit.
12月17日 大阪 2nd LINE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク