哀川翔の次女・福地桃子、映画デビュー作『あまのがわ』で映画“初主演”。

スポンサーリンク

哀川翔の次女として、近年バラエティーで活躍中の女優・福地桃子(ふくち・ももこ)が、来年下半期に公開予定の長編映画『あまのがわ』で映画“初主演”を務めることが明らかになった。また、今作が映画デビュー作となる。

本作は、祭りの太鼓奏者であった女子高生が、教育に厳しい母親との葛藤から自分自身のやりたいことを見失いながらも、祖母の入院をきっかけに訪れた、神秘の島・屋久島で新しい自分を発見していく物語。屋久島を舞台に、道中で出会った分身ロボットを通し、困難やトラブルに見舞われながらも、心を無くした女子高生が新しい自分を発見していく。

主演を務める福地は、大好きな祖母から教わった太鼓の演奏が大好きな女子高生・琴浦史織(ことうら・しおり、17)を演じる。人工知能の研究者である母・聡美(さとみ)の厳しいしつけから母とは不仲になり、自分の心を閉ざし、やがて不登校になるという難しい役どころ。祖母の入院をきっかけに屋久島に一人旅立つことになった史織は、様々な人との出会いを通し、物事をやり抜くことや誰かのために行動することの大切さを学んでいく。

映画デビュー作が映画“初主演”ということもあり、福地は同作への出演にあたって、「新たな挑戦ということで嬉しい気持ちや楽しみな事も沢山ありますが、初めての事だらけで正直今は不安な気持ちでいっぱいです。ですが、初めてだからこそ新しい発見は必ずあると思うので、この作品を通して成長できるように頑張りたいです。」とコメント。

近年、バラエティー番組への出演が急上昇中の福地桃子。ついに、哀川翔の次女が女優として本格始動をする。本作は、2017年11月より撮影予定。

スポンサーリンク

★長編映画『あまのがわ』★

http://amanogawa-movie.com/
主演:福地桃子 ※映画初出演&初主演
撮影予定:2017年11月
ロケ地:屋久島、種子島、鹿児島市内、東京都内
公開予定:2018年下半期
キャスティング:渡邉直哉(パロマプロモーション)、柳井宏輝(パロマプロモーション)
プロデューサー:松本沙織、前田光一、森武彦、田村昌裕
地域協力プロデューサー:植村耕二
撮影監督:陣ヶ尾達也
監督/脚本:古新舜
制作:コスモボックス株式会社

〜福地桃子〜

◆公式HP
https://www.lespros.co.jp/talent/artists/momoko_fukuchi/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク