フレッシュな若手女優たちの”ローファータップ”注目!!『ローファーズハイ!! vol.2』が初日!

スポンサーリンク

浅草九劇公演『ローファーズハイ!! vol.2』が、8月4日(金)に、浅草九劇にて初日を迎えた。

大盛況となった4月公演『ローファーズハイ!!』の待望の第二弾であり、前作より更にパワーアップした内容に期待が高まっている同作は、レプロエンタテインメント所属のフレッシュな若手女性タレントによる公演。初演では進化を続ける内容が話題を呼び、当日券を求める客が連日列を作るほどの人気作となった。

同作は決まった台本が無く、稽古場でメンバー達が即興で作品を作り上げていくというスタイルが特徴。”ローファーを履いた女子高校生”という設定の中だけで、メンバーは歌い、踊り、演じる。公演ごとに組み合わせの異なる9名が出演するため、回によって台詞や内容も変化していく。今日初日を迎えた最新公演では、ローファーを履いてタップを踏むパフォーマンス”ローファータップ”が最大の見どころ。前作からレベルアップした”ローファータップ”は、息をつくのを忘れる程の迫力に圧倒されること間違いなし。

更に注目なのは、hideの楽曲共同プロデュース等を担当してきたINAが、同公演の為に書き下ろしたオリジナル楽曲だ。メンバー達がレコーディングを行い、劇中のパフォーマンスに使用される他、劇場限定でCDの販売も行なう。”ローファータップ”のタップ音も使用されており、『ローファーズハイ!!』の魅力が最大限に詰め込まれた1曲となっている。メンバー達の初々しいレコーディング風景は、公式サイトにて動画をチェックしよう。

ウズマキプロデュース『ローファーズハイ!! vol.2』は8月4日(金)〜13日(日)で全9公演。出演は、前作に引き続きとなる北村優衣、佐々木七海、大森つばさ、百音、寺本莉緒ら9名の他、新メンバーが2名追加され、総勢11名が出演。構成・演出は若手劇団で注目を集める「劇団子供鉅人」の益山貴司、振付は、蜷川幸雄などの舞台も務める広崎うらん。当日券は、開演1時間前より劇場にて販売される。進化が止まらない彼女たちの輝きを見逃すな!


撮影:山本勲
スポンサーリンク

『ローファーズハイ!!』概要

ウズマキプロデュース『ローファーズハイ!! vol.2』

夏公演:2017年8月4日(金)〜8月13日(日)

劇場:浅草九劇(東京都台東区浅草2-16-2)

出演者:浅草少女歌劇団『ローファーズハイ!!』メンバー
北村優衣、佐々木七海、大森つばさ、百音、寺本莉緒
奥田こころ、鎌田彩樺、山﨑果倫、吉原来華、寒竹優衣、清水夏帆

構成・演出:益山貴司
振付:広崎うらん
音楽監督:INA

公式HP:https://asakusa-kokono.com/independent/loafershigh/


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする