cuneギターボーカル生熊耕治、9月にソロアルバムでメジャーデビュー。

スポンサーリンク

2017年9月20日に、生熊耕治ソロ名義としては初となるフルアルバム『12-Twelve-』をリリースする。

2012年からスタートさせたソロワークス。2015年にリリースしたミニアルバム『SIX STRINGS DAYS 』から約1年半ぶりとなるフルアルバムは、アダルトロックを凝縮した作品となっている。

前作のリリース以降、cuneとしての活動や中島卓偉や杉本善徳、TAKUMA (wyse)などのサポート活動と並行して行われていたソロアルバムの制作。

精力的なライブ活動の中で披露されてきた楽曲「VEGA」や「I wanna say!!!」、本作品のために書き下ろした「トナンの翼」、「Golem」、「garbege」、などアッパーチューンから、「NERO」、「ANOMARY」と言ったメロディアスナンバー、「12-Twelve-」や「SLOW STARTER」と言ったミディアムナンバーに加え、ソロ活動以降ライブで披露され続け音源化を望まれていた「FISH」が遂に収録される。

今回、「FISH」のコーラスには黒田倫弘が参加している。また、レコーディングにはベースにはTAKUMA(wyse)、中村泰造(cune)、ドラムに赤松芳朋(SOPHIA/HATAKE BAND/S.R.O.D)が参加している。

このアルバムを引き下げて11月23日からリリースツアーがゲストアクトを向かえて行われる。

このツアーでは、ベースに亜季(Sadie )、ドラムに赤松芳朋を向かえてのバンドスタイルでのライブとなる。

詳細は随時オフィシャルサイトで発表されるので楽しみにしてほしい。

生熊耕治 1st Full Album『12-Twelve-』

全12曲 価格3,000円(税別)

1.トナンの翼 2.VEGA 3.Golem 4.NERO
5.12-Twelve- 6.UNDER WANDER 7.SLOW STARTER
8.I wanna say!!! 9.garbage 10.善悪のパラレル
11.ANOMARY 12.FISH

生熊耕治Release Tour 2017「12-Twelve-」

11月23日(木)名古屋R.A.D
12月9日(土)東京 六本木Varit.
12月17日(日)大阪2nd LINE

スポンサーリンク

関連リンク

生熊耕治オフィシャルサイト:https://kouji-ikuma.amebaownd.com/
cune オフィシャルサイト:http://cune-official.com/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク