宅間孝行プロジェクトタクフェス第5弾『ひみつ』 最新メインビジュアル解禁!

スポンサーリンク

2017年秋に上演する、宅間孝行が仕掛ける極上のエンターテイメントプロジェクト「タクフェス」第5弾 『ひみつ』の最新メインビジュアルが解禁!愛に溢れた心温まる純愛物語をまさに表すような、温かみのあるビジュアルとなった。

タクフェス第5弾となる本作は、宅間孝行による4年ぶりの新作書き下ろしとなる。本新作の主人公「渚」を演じるのは、数多くの舞台やテレビドラマに出演、女優、声優、歌手などマルチに活躍中の戸田恵子、また、劇団EXILE 松組を立ち上げ、総合エンタテインメントを創出する演出家であり俳優の松本利夫(EXILE)が、渚の弟「八郎」として出演。 今回が初タッグの宅間孝行×戸田恵子が注目される。さらに、福田沙紀、ベンガル、山崎静代 (南海キャンディーズ)、東風万智子、武田航平、赤澤 燈、岡本あずさ、越村友一、益田恵梨菜、 三谷翔太(※Wキャスト)、松本純青(※Wキャスト)という様々なジャンルで活躍する豪華キャストたちが出演する。

公演は、2017年10月19日(木)鹿児島公演を皮切りに、東京は10月31日(火)~11月12日(日)に池袋・サンシャイン劇場にて、他、金沢・富山・新潟・足利・山口・愛知・札幌・大阪10都市で開催する。チケットは、2017年7月15日(土)~31日(月)オフィシャルHP二次先着先行にて販売。2017年8月27日(日)より、各プレイガイドにて一般発売を迎える。 最新情報は、タクフェス第5弾『ひみつ』公式ホームページ(http://takufes.jp/himitsu/)にて、随時公開!

===あらすじ===

ある秋の日。とある田舎町にある別荘に連れてこられた山之内夢は、車椅子に乗る年老いた一人の女性と出会う。そして突然、名前を名乗ることも出来なくなったその女性こそが、自分を産んだ母親なのだと告げられる。

彼女の名前は、本橋渚。本橋家には3人の姉弟がいた。姉の渚と弟の五郎は“虹色渚ゴロ―”という漫才師として大活躍をしていた。マネージャーでもある末弟の八郎に支えられ、人気絶頂だったこの姉弟に、運命を一変させる、ある出来事が起きる。なぜ渚は夢と25年間別々に生きる道を選んだのか、そして本橋家の「ひみつ」とは―。

宅間孝行4年ぶりの新作は、姉と弟、母と娘、そして地域の人々と紡がれる、涙に溢れた純愛物語。

===タクフェスとは===

脚本家・俳優として、テレビドラマ・映画などで活躍を続ける宅間孝行が仕掛ける極上のエンターテイメントプロジェクト。出演者がステージ上でサインや写メに応じる“ふれあいタイム”を開演前に実施したり、終演後に出演者も観客も一緒になってオリジナル曲に合わせてダンスをするなど、ただ観て感動するだけでは終わらない、LIVEの楽しさを追求し、劇場空間をプロデュースしたフェスティバル。

スポンサーリンク

<タクフェス第5弾『ひみつ』概要>

【タイトル】タクフェス第5弾『ひみつ』【作・演出】宅間孝行
【出演】戸田恵子/福田沙紀/武田航平、赤澤燈、岡本あずさ/山崎静代(南海キャンディーズ)、東風万智子/
松本利夫(EXILE)/越村友一、益田恵梨菜、三谷翔太(※Wキャスト)、松本純青(※Wキャスト) /ベンガル/宅間孝行
【日時/会場】※鹿児島・金沢・富山・新潟・足利・山口・愛知・札幌・大阪公演あり
■東京公演/ サンシャイン劇場
2017年10月31日(火)~11月12日(日)※15ステージ
※1開場時間:開演45分前 ※2未就学児童入場不可

■チケットオフィシャルHP二次先着先行:2017年7月15日(土)~31日(月)

■チケット一般発売:2017年8月27日(日)10:00am~

■タクフェス第5弾『ひみつ』公式ホームページ: http://takufes.jp/himitsu/

タクフェス第 5弾『ひみつ 』各地公演情報

<鹿児島公演> 2017年10月19日(木)19:00開演 鹿児島市民文化ホール第2ホール
■チケット料金 S席6,000円、A席4,000円、高校生以下S席3,000円、高校生以下A席2,000円
■問合せ:鹿児島市民文化ホール 099-257-8111(全日9:00~22:00 ※毎週水曜は休館日)

<金沢公演> 2017年10月24日(火)18:30開演 北國新聞赤羽ホール
■チケット料金 S席7,800円、A席(バルコニー席)7,000円
■問合せ:2017ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭実行委員会(芸文協内) 076-263-6080(平日10:00~18:00)

<富山公演> 2017年10月26日(木)18:30開演 富山県教育文化会館
■チケット料金 全席指定7,800円
■問合せ: キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100(平日11:00〜18:00/土曜10:00~17:00)

<新潟公演> 2017年10月28日(土)14:00開演 りゅーとぴあ・劇場
■チケット料金 S席7,800円、A席6,800円
■問合せ: キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100(平日11:00〜18:00/土曜10:00~17:00)

<東京公演> 2017年10月31日(火)~11月12日(日) サンシャイン劇場

<足利公演> 2017年11月16日(木)19:00開演 足利市民プラザ・文化ホール
■チケット料金 S席6,800円、ユース席(25歳以下)S席3,500円、A席6,000円、ユース席(25歳以下)A席3,500円
■問合せ:足利市民プラザ 0284-72-8511(全日9:00~22:00※火曜日休館)

<山口公演> 2017年11月19日(日)14:00開演 周南市文化会館
■チケット料金 S席7,800円、A席6,800円
■問合せ:周南市文化会館 0834-22-8787(全日9:00~17:30 ※毎月第1・第3水曜は休館日)

<愛知公演> 2017年11月24日(金)19:00、25日(土)12:00/17:00、26日(日)13:00
刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
■チケット料金全席指定7,800円 ■問合せ 中京テレビ事業 052-588-4477(平日10:00~17:00)

<札幌公演> 2017年12月1日(金)19:00、12月2日(土)13:00/18:00 道新ホール
■チケット料金 スペシャルシート8,800円、全席指定7,800円
■問合せ:チケットインフォメーション 011-622-9999(平日10:30〜18:00)

<大阪公演> 2017年12月6日(水)~12月10日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
■チケット料金:全席指定7,500円 ■問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(全日10:00~18:00)
※1 開場時間:開演45分前
※2 未就学児童入場不可

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク