船出から1年。黄金時代、激動の航海の中、duo MUSIC EXCHANGEのワンマン公演でお宝をゲット!?

スポンサーリンク

熾烈な闘いが続くアイドル戦国時代の中、その闘いへ挑むため、黄金時代は「東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ」を船出の港として選び、会場に訪れた(偶然居合わせた人たちも含め)1000を越す人たちを前に、航海のための華々しい船出の(デビュー)ライブを行った。その日が、ちょうど1年前となる2016年6月26日のことだった。

長く険しい航海だろうと、気持ちを一つに乗り越えよう集まった5人の女海賊だったが、航海へ乗り出したとたん、幾つもの嵐に巻き込まれ仲間を1人失えば、巨大なハリケーンへ遭遇、航海からたった3ヶ月で海賊船は座礁(親会社が倒産)。それでもめげずに4人は、土台のしっかりとした新しい海賊船(所属事務所SKY MUSIC)を手に入れ、AKIBAカルチャーズ劇場を舞台に定期公演「ゴールデンタイム」を開催するなど、新たな武器を持って、ここまで幾つもの闘いや嵐を乗り越え続けてきた。

現在は、安田帆花/柚木れも/日向いちか/花望ひより/美月麻衣/築山凛花の6人で、荒波に揉まれながらも航海を続けている。

心を踊らせる物語には、何時だっていろんなドラマが描かれてゆく。黄金時代も、これまでの航海の中、たくさんの印象深い場面を描き続けてきた。でも彼女たちはつねに波瀾を巻き起こすアイドル界の海賊だもの、荒波の中を突き進んでこそ輝ける存在。黄金時代が船出から1年後に当たる2017年6月26日、duo MUSIC EXCHANGEを舞台に「黄金時代1周年記念ワンマンライブ~この冒険に終わりなどやってこないわ!~」を開催した。

この日は、5人でライブを実施。船出からずっとクルーの一人として戦ってきた柚木れもだが、「医師より一定期間の治療と休養が必要との診断」を受け、残念ながら今は舞台から退いている。

当日は、同じ事務所へ所属する星空☆PIECESとBeeすく~るがオープニングアクトで登場。オープニングのSEを受け、「お宝ゲットするぞー!!」の声を合図に、黄金時代のライブは雄々しく勇ましい『ROAD OF PIRATE』からスタート。心に大きな旗を掲げ、5人は凛々しいステージングを描きだした。力強くパワフルな楽曲を、誰もが力強く歌いあげていた。まさに、財宝(熱狂)を手に入れようと攻めるに相応しい戦いの船出だ!!

波音が響く船上。場面は一転、荒波をグングン突き進む『海にもヒミツ!!』へ飛び乗り、5人は力の限り身体を揺らし、舞台上で自由奔放に駆けだした。チャーミングな笑顔を振りまき「だってアタシ海賊だもん」と歌いかけるメンバーたちに刺激を受け、客席からも昂るコールが飛び交っていた。早くもこの海(会場)へは、熱い潮流が渦巻きだした。

「今日は向かうべき島があるんです、その名前が一周年島。そこにはいろんなお宝がザクザクとあって。でも、そこへ向かうまでにはいろんなことがあります。たとえば、幽霊が出たり…」(美月麻衣)の言葉。メンバーらの「出航」の言葉を合図に、場内中へ不気味な音楽が流れだした。

飛び出したのが『ゴーストシップ』だ。幽霊船の上で、ゾンビ風のゴーストに変わった5人がユラユラ揺れながら歌い踊りだした。とても不気味な曲調?!。でもパワフルさも抱いた楽曲のように、何時しか彼女たちは妖気を放つ陽気な幽霊となり、幽霊船の上で妖しく楽しいゴーストパーティを繰り広げていた。

低音ビートがズンッと響く『GET ON!』に飛び乗り、5人は挑む姿勢を持って凛々しく攻めだした。楽しむのも海賊流の航海なら、一緒に大海へ乗り出した今宵のクルー(観客)たちを煽り、共に気持ちを昂らせ、冒険へ挑むことも大切な使命。力強く躍動する5人の歌とダンスに、誰もが嬉しく挑発され、何時しか熱狂の雄叫びを舞台上へぶつけていた。

大海原(場内)へ一気に熱風が吹き出した。張りめぐらせた帆を押し出すように『青波グランドジャーニー』が飛び出した。甲板(舞台)上の5人も、突き進む楽曲に合わせ笑顔で飛び跳ねてゆく。もちろんクルーたちも5人の笑顔に刺激を受け、一緒にステップを踏みながら。何より、雄叫びを大海中に響かせ、気勢を上げ勢い良く進んでいた。

ここからは、コラボコーナー」と題し、さまざまなメンバーの組み合わせでカバー曲を披露。

最初に登場したのが、安田帆花と日向いちかの一期生チームによるWinkの『淋しい熱帯魚』。白いドレス風の衣装を身につけた人は、まさにWinkに成りきり、妖しくムーディに歌謡ユーロナンバーを届けてくれた。ちょっぴり背伸びした大人の女性の色気を漂わせて歌う様が、可愛い?!。クルーたちも、心地好く身体を揺らし、手拍子をしながら2人の姿へ熱い視線を向けていた。

続いて登場したのが、二期生メンバーの花望ひよりと築山凛花。制服姿で登場した2人は『メランコリック』を通し、会場中へふたたび熱い風を吹かせ、騒ぎたい観客たちの期待に応えるように可愛い仕種交じりに歌い踊ってゆく。その姿に、心は征服された気分!!

最後に登場したのが、日向いちか&美月麻衣のコンビ。華やかな衣装に身を包んだ2人はMay'nと中島愛による『ライオン』を凛々しく逞しく歌い、観客たちの盛り上がりたい気持ちへ熱い興奮呼び起こすエナジーを注ぎ込んでいった。

「まだ、ぜんぜん島見えなくない?!」(安田帆花)、「新しいことへ挑戦すると見えるよ」(日向いちか)、その言葉を受け、ここで黄金時代は新曲を披露。届けたのが『裸足でシーサイド』。激しいギターの音も響き渡る、黄金時代流のポップロールナンバーのように、5人も水飛沫みたいに弾ける演奏の上で、太陽のような明るさを振りまきながら歌いかけてきた。サビ終わりの「君が好きだよー!!」の歌声へ「俺もー!!」のコールも返っていたように、熱狂を持って盛り上がる一体化ナンバーが黄金時代の中へ新たに誕生。これからの航海へ向け、新しい熱い武器を彼女たちは備えたようだ。

続いても、黄金時代は新曲の『夏空バケーション』を披露。触れた人たちの気持ちを一気に笑顔へ導いてゆく弾けたポップチューンのように、この歌に触れている間は胸踊る気持ちが止まらなかった。何より、ともに高らかに声を上げ、5人と一緒に無邪気な気持ちではしゃいでいたかった。

「ねぇねぇねぇ、一周年島が見えてきたよ」(花望ひより)。でも、向こうの島へ向かう船には2人しか乗れないことから、メンバーは「黒ひげ危機一髪」ゲームを使い、一周年島へ乗り込むメンバーを選択。ゲームを通し選ばれたのが、花望ひよりと美月麻衣。2人は「お宝をゲット」するため、大海(客席)の後ろに見える小さな島(ステージ)へ向かいだした。

「お宝げっとするぞー!!」(安田帆花)の声を合図に、メンバーとクルーたちが一斉にタオルを振りまわし出した。気持ちを無邪気にはしゃがせる『おたからげっとっと!』の登場だ。メンバーとクルーたちが「イエッサー、それイエッサー」と歌いながら、熱狂の面舵を一周年島へと向け全速力で漕ぎだした。気持ちを昂らせるマーチングのビートへ飛び乗り駆けてゆくメンバーたち。一周年島(後方ステージ)へ乗り込んだ花望ひよりは、大きな海賊の旗を振りかざし、大騒ぎするクルーたちをさらに熱く鼓舞していった。

一周年島に隠してあった財宝箱に入っていたのが、黄金時代初期の衣装や様々な告知を記した巻物の数々。

「これからも黄金時代は、もっともっと高いところへ登っていかなきゃと思います」(安田帆花)。この日の航海を彩る最後の曲は、黄金時代のテーマ曲『未来航海』。メインステージに安田帆花/日向いちか/築山凛花が、一周年島ステージに花望ひより/美月麻衣が陣取り、クルーたちと一緒に「オーオーオオオオオー!!」と熱い雄叫び上げ、船上を大きく揺らす勢いで熱い祭りをブチ上げていた。誰もが、右手を頭上高く突き上げ「オーオーオオオオオー!!」と声を張り上げ、この航海を最強で最高の思い出として胸に刻もうと祭り上がっていた。

クルーたちの熱い声を受け、ふたたび5人は熱した甲板(舞台)の上へ。アンコールは、本編でも披露した新曲『裸足でシーサイド』をふたたび歌唱。魂を熱く燃え昂らせるロックなビートの上で、5人のメンバーは身体を熱くシェイクさせてゆく。「君が好きだよー!!」の声には、本編時以上に熱した「俺もー!!」の声が飛び交っていた。気持ちも身体も無邪気にウキウキ弾ませるキュートなロックンロールチューンは、これからの黄金時代のライブの中、最高の熱狂を描き出すキラーナンバーに成長しそうだ。そうそう、アンコールで一期生は、デビュー時期の衣装を身につけ歌っていたことも報告しておこう。

「黄金時代はデビューしてから早くも一年が経ちました。この一年間いろいろありすぎて、こうやって一周年を迎えることが出来たのもクルーのみなさんとメンバーやスタッフさんたちとのおかげだと思います」(安田帆花)、「ここまで連れてきてくれてありがとうございます。これからも一緒に思い出を作ろう」(日向いちか)

最後に披露したのが、デビューステージで歌った楽曲のアレンジバージョン『海にもヒミツ!!Arrange ver.』。船出したときの気持ちを忘れずに、何より、スケールアップした姿でこれからも航海を続けようと、黄金時代はゴージャスで雄々しさにあふれた姿へ進化した『海にもヒミツ』を支え続けてくれるクルーたちへプレゼント。甲板上を凛々しく力強く歌い踊る姿へ、彼女たちの新たな航海へ向けての強い意志と決意を感じていた。「だって、わたし海賊だもん」。その言葉を旗印に、たくさんのクルーたちも旗の下へ集い、これから待ち受けるいろんな冒険に胸を昂らせていたい。そんなワクワクとした想いを届けてくれた一周年を記念した熱い航海の日だった。

TEXT:長澤智典

黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
黄金時代
スポンサーリンク

☆情報☆

★2017/7/23(日)
黄金時代定期ライブ『ゴールデンタイム』
【会場】AKIBAカルチャーズ劇場 http://akibalive.jp/
【日時】7月23日(日)OPEN 11:30 START 12:00
【料金】前売 2,000円 当日 2,500円(別途1DRINK代)
【出演】黄金時代/他

★2017/9/17(日)
黄金時代定期ライブ『ゴールデンタイム-花望ひより生誕祭SPECIAL-』
【会場】AKIBAカルチャーズ劇場 http://akibalive.jp/
【日時】9月17日(日)OPEN 18:00 START 18:30(予定)
【料金】前売 2,000円 当日 2,500円(別途1DRINK代)

★2017/10/7(土)
『黄金時代 美月麻衣生誕祭』
【会場】恵比寿CreAto http://www.creato.bz/
【日時】10月7日(土)OPEN 18:00 START 18:30(予定)
【料金】前売 2,000円 当日 2,500円(別途1DRINK代)

関連リンク

黄金時代 Web
http://www.golden-age.top/
黄金時代 twitter
https://twitter.com/goldenage_idol
安田帆花
https://twitter.com/yasuda_honoka
日向いちか
https://twitter.com/ichika_gamemate
柚木れも
https://twitter.com/yuzuki_lemo
花望ひより@
https://twitter.com/hanamocii_piyo
築山凛花
https://twitter.com/tsukiyama_rinka
美月麻衣
https://twitter.com/mizki_mai

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする