May J. 八代亜紀コンサート公演にゲスト出演!終演後に八代亜紀初となるハイタッチ会もMay J.と並んで実施

スポンサーリンク

5月24日に10枚目のシングル「母と娘の10,000 日 ~未来の扉~」をリリースしたMay J.。

このシングルは、アンジェラ・アキ初プロデュース作品で、結婚を控えた娘と母の想いを歌ったウェディングソングとして八代亜紀との奇跡のコラボレーションを果たし、リリースより1ヶ月以上経過しているのにもかかわらず、6月21日付 週間USEN HIT J-POPランキングでは9位にランクインするなど、話題の楽曲だ。

6月27日(火)千葉県 東金文化会館で「八代亜紀コンサート2017」が行われた。このコンサートにMay J.がゲストで出演し、「母と娘の10,000 日 ~未来の扉~」を八代亜紀とデュエットで歌唱した。

「今日は本当に素敵なコンサートに呼んで頂いてありがとうございます。」ステージに登場したMay J.は自分のコンサート会場とは異なる雰囲気ながら元気よく話し、会場からは大きな拍手が。

八代亜紀が「実は親子です」と冗談で話すと、会場からは笑いが起こり、May J.は「本名が橋本って言う共通点があるんです」と説明する場面も。

更に、八代亜紀は「スタッフの娘さんが19歳でね、そのスタッフさん、初めてこの『母と娘の10,000 日 ~未来の扉~』を聴いて泣いたんだって。嫁に行くんだなぁって涙が伝ってきたって」と話し、これから歌唱する曲の逸話を話し、「母と娘の10,000 日 ~未来の扉~」をMay J.と八代亜紀のデュエットソングとして歌唱した。

また、コンサート終了後、八代亜紀としては初めてとなる「ハイタッチ会」を実施。普段はファンの前に出ていくことが少ないということだが、今回はコンサートのゲストに駆けつけたMay J.と一緒に終演後のハイタッチ会に参加したのだという。

「母と娘の10,000 日 ~未来の扉~」は嫁に行く娘を持つ母親、そして、嫁に行く娘の気持ちを歌った歌として、幅広い層に受け入れられ続けている曲である。まだ聴いていない方は是非チェック頂きたい。

八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より 八代亜紀コンサート2017より

タイトルとURLをコピーしました