時任三郎シンガー・デビュー36周年に36曲入りベスト・アルバム発売!

ベテラン俳優の時任三郎が歌手デビュー36周年を迎える8月に、CD3枚組36曲入りベスト・アルバムをリリースする。

1980年に俳優としての活動をスタートさせた時任三郎は、翌1981年8月25日にシングル「川の流れを抱いて眠りたい」でシンガーとしてデビューした。

そして、80年代は俳優として、「ふぞろいの林檎たち」、「ライスカレー」、「あきれた刑事」といった大ヒット・ドラマへの出演と並行して、音楽活動も精力的に展開。

ワーナー・パイオニアとEPICソニーから計13タイトルのシングルと7タイトルのアルバムを送り出した。

90年代はポニーキャニオンに所属し、錚々たる作家陣・プロデューサーと共に、より高いクオリティの音楽を生み出したが、歌手デビューからちょうど36年を迎える今年8月に、キャニオン時代の楽曲を中心として、デビュー・シングルから今回のアルバム用に新たに録音した楽曲までを網羅した、オールタイム・ベストをリリースすることが決定した。

アルバムのタイトルは「時任三郎36 BEST」。CD3枚に収録される全36曲は、時任三郎が自ら選曲した。ディスク1はシングル集。カップリングを含む16曲の収録を予定している。

ディスク2はシンガー時任三郎の真骨頂といえるバラード・セレクションで、ディスク1と同様16曲の収録を予定。そして、ディスク3は新曲を含む、いわば4曲入りシングル盤という、ちょっと変則的な3枚組の構成となっているが、いずれにせよ、36曲でシンガー時任三郎の36年間を辿る、ファン必携のベスト・アルバムといえよう。

俳優としては、7月12日水曜午後10時から始まる高畑充希主演ドラマ「過保護のカホコ」で主役高畑充希の父親役を演じ、「30年ぶりに出演する日テレのドラマ」という面でも注目を集めている。時任三郎にとって今年の夏は、俳優、ミュージシャン両面で大いに話題を提供する季節となるだろう。

時任三郎

時任三郎36 BEST

発売日:2017年8月23日(水)発売

CD 3枚組/価格:\ 3,600 (本体)+税(3,888円税込)

品番:PCCA-04546

【収録予定曲】

Disc 1 “シングル集”

1, 川の流れを抱いて眠りたい
2, ウェディング・リバー
3, 川を渡って木立を抜けて
4, そして誰も愛せなくなったら
5, WALKIN' IN THE RAIN
6, 夢の子供
7, CARRY ON (シングルバージョン)
8, 白い絵の具とオーケストラ
9, 望むことがあるとすれば
10, 君が愛を語れ
11, REASON
12, SWEET DISTANCE
13, そして、夜を抱きしめて
14, LONG RUN
15, 闇夜の国から
16, 19のままで

Disc 2 “バラード集”

1, 俺のバラード
2, イリュージョン
3, 夏の陽炎
4, きみだけがそんなに淋しいのかい?
5, 恋人達
6, RIVER
7, NOSTALGIA
8, AGAIN
9, ふたり
10, 君にまかせたよ
11, 少しだけ膝を貸してくれないか
12, それが僕の愛し方
13, 夢の雫
14, PLANET
15, そばにいるから
16, PEACE OF MIND

Disc 3

新録を含む計4曲

時任 三郎 オフィシャルサイト
http://www.subtime.net/

時任 三郎 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/tokito36

タイトルとURLをコピーしました