感覚ピエロ、初のZEPPワンマンでセクシーダンサーと「O・P・P・A・I」踊る

感覚ピエロが6月23日に自身初となるZepp DiverCityでワンマンツアー東京公演を開催した。

このライブはワンマンツアー2017「69ロックレボリューション あなたと私で「69」したいの。」の東京公演として実施された単独公演。ツアー4公演目でZeppシリーズの初日の会場は、待ちわびていた大勢の感覚ピエロのファンで埋め尽くされた。

開演に向け興奮気味のオーディエンスに火を付けるように、お決まりのアゲアゲなSEが流れると、ハイテンションのメンバーが続々登場。横山(Vo/Gt)が会場全体を煽るとオーディエンスは一気にヒートアップし、さらなるテンションでライブの口火を切った。秋月(Gt)と滝口(Ba)も一気に音をかき鳴らし、会場全体を見渡しながらプレイ。会場の盛り上がりは序盤からいきなり最高潮に達する。

中盤には、最新曲で現在公開中の映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」主題歌に起用されている「疑問疑答」を投下。ライトも暗めな演出に一転し、ヘビィなギターが刻まれ、高音シャウトするロックナンバーで会場を荒ぶらせ、最もハードで力強い一面をみせた。

後半戦には、ライブの人気曲「O・P・P・A・I」を投下。Zepp公演だけの特別演出として14人のセクシーダンサーが初参加。楽曲にぴったりの妖艶なムードの中、オーディエンスは男女問わず、恥ずかしげもなく爽やかに「O・P・P・A・I」を大合唱し、この日1番の盛り上がりをみせた。

MCの中で、横山はふと結成当初の4年前の話を始め、昔を思い出したのか「今日の景色が信じられない」と吐露。「O・P・P・A・I」からの物凄いギャップにグッとくる瞬間で、オーディエンスもじっと聞き入る。そして「約束の曲をうたいます」と続け、「拝啓、いつかの君へ」が始まった。小刻みに体を揺らすオーディエンスも聞き入る人、歌う人様々いるながら、そのメッセージを噛み締めているよう。最後には、感動だけで終わらない彼ら。フロアーが縦揺れする4つ打ち代表ナンバー「Japanese-Pop-Music」でオーディエンスを踊らせ続け、本編終了した。

秋月は「初めてメンバーで手を繋いでお礼します。気持ち悪いですが(笑)」とオーディエンスへ最大限の感謝を示し、まだ熱の残るZepp Divercityを締めくくった。

尚6月24日はZepp Nagoya、6月30日はファイナルとなるZepp Bayside公演が開催される。

※公演期間中のためセットリストは割愛。

感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ 感覚ピエロ
Photo by中尾 友香

■「感覚ピエロ/疑問疑答」MV ※映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」主題歌

■リリース情報

感覚ピエロ

レンタル限定シングル「あなたの世界は、何色か?」

《収録内容》

1. 疑問疑答 2. 暴動

※レンタル価格は店頭でご確認下さい。
※TSUTAYA・GEOのみの流通になります。

■ワンマンツアー 2017「69ロックレボリューション あなたと私で「69」したいの。」
(終了した箇所は割愛)

06.24 @ 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
06.30 @ 大阪 Zepp Bayside

イベント出演などその他最新情報はオフィシャルサイトまで
http://kankakupiero.jp/

タイトルとURLをコピーしました