伊藤ゆみが母親に!話題のドラマ「母になる」第5話に出演決定

スポンサーリンク

沢尻エリカが母親役として主演を務め、話題を呼んでいるドラマ「母になる」(日本テレビ系列 毎週水曜22:00~)

5/10(水)放送 第5話に伊藤ゆみが自身初となる「母親役」として出演することが決定した。

伊藤は結衣(沢尻エリカ)の息子 広(道枝駿佑)の施設の先輩にあたる田中今偉(望月歩)の母親 田中舞子を演じる。

写真からわかるように、メイクも薄く、なにか深い理由があるような雰囲気が感じられるが、その理由はドラマの中で徐々に説明される。

3年ぶりとなるテレビドラマの出演にあたり、伊藤ゆみ本人によるコメントが届いた。

・伊藤ゆみ コメント
初めての母親役に挑戦させて頂き、とても緊張しましたが、演じさせて頂く中で、様々な母の愛のカタチが存在するんだなと深く考えさせられました。とてもいい経験をさせて頂きました。

スポンサーリンク

母になる ♯5

<見どころ>
再び施設で暮らすことになった広(道枝駿佑)が、戻る途中に姿を消してしまった。
結衣(沢尻エリカ)は広が麻子(小池栄子)のところに行ったのではないかと不安を抱くが、木野(中島裕翔)から今偉(望月?)と一緒にネットカフェにいるのを見つけたと連絡がくる。「僕に任せて下さい」という木野の言葉を信じることにしたものの、結衣は心配で落ち着かない。

広は、行方不明になっている今偉の母親が、ネット上の地図に写りこんでいるのを知り、居場所探しで結託していた。木野が立ち会う中、ようやくヒントを掴んだ広達は、母親に逢いにいくが…。
同じ頃、麻子は、一緒に飲みに行って意気投合した琴音(高橋メアリージュン)から、新しい仕事を紹介してもらっていた。それが柏崎オートの仕事とは知らないまま、里恵(風吹ジュン)にも会い、気に入られる。
しかし里恵から、可愛がっている孫だと広の写真を見せられ…。

「母になる」第5話60秒PR 5月10日(水)よる10時

「母になる」番組HP
http://www.ntv.co.jp/haha/

【伊藤ゆみプロフィール】


1984年8月25日生まれ。
1999年韓国にてスカウトされ芸能界入りを決意。単身韓国に渡り、2年間のレッスンを経て、sugarとして韓国にてデビュー。韓国のみならず、日本においてもCDリリースし、韓国・日本にて活動。Sugar解散後、Ahyoomee名義でソロとしての活動を経て、拠点を日本に移し、伊藤ゆみとしてCM・映画にドラマに多数出演。
2009年1月にアメリカ・ロサンゼルスに留学。ICONIQとしてのデビューを前に、自分を変えようとする意気込みを形にするため長い髪を切り、ベイビー ショートに。2009年12月EXILE ATSUSHIをフィーチャリングに迎えた「I'm lovin'you」でアーティストICONIQとして配信デビュー。資生堂『マキアージュ』TVCMにも出演。2010年12月には「第52回 輝く!日本レコード大賞」にて新人賞を受賞。
近年はグラビアや女優として活動。

・オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/iqaymiq

・Instagram
https://www.instagram.com/iqaymiq/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク