映画『無限の住人』ジャパンプレミアで木村拓哉は“いろんな角度から何度も何度も体感して頂けたら”とアピール

スポンサーリンク

4月19日、映画『無限の住人』のジャパンプレミアが東京国際フォーラムで行われ、木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介、三池崇史監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は、ある日泣き妹に似ている少女・凛(杉咲花)と出会い、親を殺された敵討ちの依頼を受けたことで不死身の万次(木村拓哉)を追い込む壮絶な戦いが始まる規格外ぶった切りエンターテインメント。

木村拓哉さんは「今日は会場にみなさん集まって頂き本当にありがとうございます。『無限の住人』公開を迎えると、その時点で僕らのものでは無く皆さんのものになります。是非是非いろんな角度から何度も何度も体感して頂けたら幸いです。」

杉咲花さんは「今日は来てくださって本当にありがとうございます。私の一番楽しみにして頂きたいのはラストの戦いのシーンで、あそこは演じている事はわかっているはずなのに、それでも本当に目の前に刃物があるのが怖くて、演じている感覚が忘れるくらいの心が震えたシーンでした。是非楽しみにしていて下さい。」

福士蒼汰さんは「僕自身、劇中では敵役として登場しますが、天津自身は自分の信念・信条・正義というものを貫いて生きている男だと思うので、そういう所を観てもらってもいいのかなという風に思います。そしてそれぞれキャラクターたちがいろんな信念・信条・正義を持っているので、いろんな角度からこの映画を観てくれるとより面白くなると思います。」

市原隼人さんは「常識が通じない武士の情けも通じない己の快楽に溺れていく尸良を演じさせて頂きました。カットしている部分が多いんですね。そのぐらいスクリーンでも生きられなかった尸良です。死にたくも死ねないと万次という男の果てない人生と、本当に純粋無垢でまっすぐで弱弱しい少女が成長して行く様をお楽しみください。」

戸田恵梨香さんは「私は飛び蹴りが快感でした。是非ご覧ください。」

満島真之介さんは「僕は凶戴斗という役をさせて頂いてまして、一刀流という凶率いる剣士たちがいるんですけども、万次の敵とは言われているんですが、とても良い奴で、あと、見せたい濃い顔が半分マスクで全部隠れているという最高な感じでございます。よろしくお願いします。」

三池崇史監督は「映画監督として素晴らしい原作、そして木村さんをはじめ、ものすごい魅力的なキャスト、映画監督として幸せに思っております。2時間21分と決して短い映画ではないんですけども、時間を忘れて上映が終わったあとに、今と違う何かが皆さんの胸の中に生まれてくる事を期待してます。」とそれぞれコメント。

杉咲花さんの印象について木村拓哉さんは「撮影やキャンペーンを経て築けた関係が、自然に彼女の事をエスコート出来る自分がいる事をすごく嬉しく思います。自分が腕をフッと出すと腕を通してくれる杉咲さんがいてくれるので、嬉しく思います。」と語ると、杉咲花さんは「いろんな地方でキャンペーンをさせていただきました。たくさんお客さんが来て下さって劇場に入れない方がいらっしゃる日があったりしたんです。それを聞きつけた木村さんが少しの時間でもいいので、皆さんにご挨拶する事が出来ないですかってスタッフさんにおっしゃって、急遽その場を設けて頂いて、直接ありがとうございましたとお伝えする事が出来たんですけど、自分の事だけでは無くて相手の事を思いやっていらっしゃる姿を拝見し、やっぱりすごいなと思いました。」と、木村拓哉さんのファンを思う姿に感激した事を明かしていた。

また、演じていて難しかった事として、最強の女剣士を演じた戸田恵梨香さんは「あるワンシーンで蒔絵の一生を語るセリフがあったんですけど、そこのセリフはどうやって成立させればいいのかという事がすごく難しかったです。」とセリフに苦悩した事を語っていた。

そして、満島真之介さんは木村拓哉さんと太秦の撮影所の食堂で写真を撮り、それを携帯電話の待ち受けにしたエピソードを語り、会場内の笑いを誘っていた。

最後に木村拓哉さんは「ひょっとしたら要所要所で目を覆いたくなる瞬間、体・全身に力が入る瞬間が多々あると思います。ですが懲りずに最後までスクリーンとつながっていてくれたら嬉しいと思います。是非、最後の最後まで全身で受け取ってください。」と話していた。

映画『無限の住人』は4月29日(土)より公開!

映画『無限の住人』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク