食事しながら楽しめる舞台「マルオリ」がレストラン「buono」で上演中!

スポンサーリンク

日本ヴォーグ社の創業者・瀨戸忠信氏をモデルに”夫婦愛”を描くTheVanity’s「マルオリ」が4月24日(月)まで、市ヶ谷のレストラン「buono」で上演中。

The Vanity’s(ヴァニティーズ)は2016年に旗揚げした女優・瑞生桜子主宰の演劇プロデュースユニット。メンバーは瑞生桜子、KanaOkamoto、音羽美可子の三人。

今回上演される『マルオリ』は、日本ヴォーグ社の創設者、瀨戸忠信氏をモデルに架空の人物やエピソードを織り交ぜ書き下ろした完全オリジナルストーリー。

衣服より食べ物が大切な時代の中で彼らは何を考え、何を夢見たのか。あらゆることが飽和状態で閉塞感に押しつぶされそうな現代だからこそ、今一度、人間の生の源である”愛”に立ち返り、瀨戸氏と奥様・光枝さんの夫婦愛をテーマに描く。

女優であり脚本も手掛ける瑞生桜子が放つ、疾走感あふれる音楽劇。

尚、「マルオリ」はレストランで食事をしながらの観劇スタイル。

ヴァイオリンとピアノの生演奏によるミニコンサートや、アフターライブ付きの豪華な内容となっている。

お洒落なレストランで食事を召し上がりながら、演劇と音楽を楽しむ…そんな贅沢な一時を過ごしてみてはいかがでしょう?

舞台「マルオリ」は4月24日(月)まで市ヶ谷レストラン「buono」にて上演。

【公式URL】
http://sakurakofilm.wixsite.com/thevanitys

TheVanity's 2nd Stage「マルオリ」
TheVanity
TheVanity's 2nd Stage「マルオリ」
TheVanity
瑞生桜子
瑞生桜子
スポンサーリンク

【公演情報】

TheVanity’s 2nd Stage「マルオリ」2017年4月20日(木)~24日(月)
市ヶ谷レストラン「buono」(日本ヴォーグ社2階)
【作】 瑞生桜子 【演出】Alpaca
【出演】瑞生桜子、KanaOkamoto、音羽美可子
佐保歩実、大村昌弘、小川ガオ、井上翼久、加藤素子
【演奏】佐藤茉奈美(Violin)、森川ヒロ(Piano)

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク