MISIA 明石家さんま×MISIA!世界190カ国同時配信のNetflixドラマ 主題歌として、MISIAがあの名曲をカバー!

スポンサーリンク

MISIAが、世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 (7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌を担当することが決定した。

楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。

MISIAは「今回、Netflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです。

アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8~9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学を教えてもらえるようなドラマだな、と思いました。Netflixで世界190カ国に同時配信されるということで、本当にたくさんの方に見て欲しいです」とコメントを発表している。

同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント。

公開された予告編では、ジミーの、“ありえへん”本当のエピソードの一部を公開。同じ体に入れるなら「こっちが早い」と思い、点滴を飲む。交通渋滞だと思ってずっと車を留めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だった。ことわざを聞けば「人のふり見て」「どないする」、「馬の耳に」「イヤリング」と答え、警察犬と匂いで犯人を当てる対決をするなど…。本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が描かれている。

ジミー役は中尾明慶、さんま役を小出恵介が演じるほか、芸人仲間やマネージャーなど、ふたりを取り巻く人々に尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、濱田マリ、木南晴夏らが出演。

お笑い界のレジェンド・明石家さんまと、日本が誇るソウルシンガーMISIAとの初のコラボレーションに期待が高まる一方だ。

なおMISIAは、5/24(水)に、最新ライヴBlu-ray&DVD「THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you in YOKOHAMA ARENA Final」のリリースも決定している。

最新のMISIAの歌声とパフォーマンスを体感できる映像はここだけ!ぜひ合わせてチェックしてほしい。

MISIA
MISIA
スポンサーリンク

【番組情報】

Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」

2017/7/7(金)より全9話世界190カ国にて同時配信決定!

予告編映像:https://youtu.be/PMNSbdARFOQ

Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」キャスト
Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」キャスト

【リリース情報】

LIVE Blu-ray&DVD

「THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you in YOKOHAMA ARENA Final」

2017/5/24(水)発売

【収録内容】

DISC 1(初回生産限定盤/通常盤共通)

THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you in YOKOHAMA ARENA Final

01 LOVE BEBOP
02 Butterfly Butterfly
03 Escape 2016
04 BACK BLOCKS
05 Rhythm Reflection
06 Change for good
07 CATCH THE RAINBOW
08 明日はもっと好きになる
09 真夜中のHIDE-AND-SEEK
10 It’s just love
11 流れ星
12 白い季節
13 オルフェンズの涙
14 FREEDOM
15 SUPER RAINBOW
16 Oh Lovely Day
17 INTO THE LIGHT
18 sweetness
19 逢いたくていま
20 Candle Of Life
21 忘れない日々
22 THE GLORY DAY
23 Everything
24 あなたにスマイル:)
25 つつみ込むように…
26 花
-SPECIAL MOVIE(Blu-rayのみ)-
Butterfly Butterfly (Music Video)
オルフェンズの涙(Short ver.)(Music Video)

DISC 2 (REMIX CD/初回生産限定盤のみ)

「THE ELEPHANT MISIA V.S. KING COBRA」

1. MEGA BEBOP ( ALL ROARS LEAD TO YOU MIX )
LOVE BEBOP〜Butterfly Butterfly 〜Escape〜BACK BLOCKS〜
Rhythm Reflection〜Change for good〜CATCH THE RAINBOW
2. Butterfly Butterfly ( NEXTRO POISON REMIX )
3. Butterfly Butterfly ( SAKOSHIN 909 REMIX )
4. LOVE BEBOP ( DJ WATARAI & DJ HAZIME REMIX )

<Blu-ray>

・初回生産限定盤:BVXL 65-6 8,700円+税
・通常盤:BVXL 67 5,500円+税

<DVD>

・初回生産限定盤:BVBL 134-5  8,200円+税
・通常盤: BVBL 136 5,000円+税

※初回生産限定盤特典:デジパック仕様、MIX CD 、豪華PHOTO BOOKほか
※Blu-ray特典:SPECIAL MOVIE(MUSIC VIDEO)

特設サイト:http://www.misiasp.com/2017dvd01/
トレーラー映像:https://youtu.be/RFoQrI66Pvo

【LIVE情報】

「第33回JTB世界遺産劇場‐鹿児島 仙巌園‐世界遺産登録記念 Misia Candle Night」

【公演詳細】

●公演日:2017年5月27日(土)・28日(日)
※3月25日(土)及び3月26日(日)の振替公演

●公演場所:鹿児島 仙巌園

【チケット料金】

●桜島キャンドルナイトテーブル(振替公演の販売は一般先行のみ)
36,800円(税込・オリジナルキャンドル付き)

●指定席
9,800円(税込・オリジナルキャンドル付き)

■Misia Candle Night特設サイト
http://www.misia.jp/candlenight/

「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2017」

■7月1日(土)・2日(日) Zepp 名古屋
■7月8日(土)・9日(日) Zepp ダイバーシティ東京
■7月15日(土)・16日(日)Zepp なんば(大阪)

【チケット料金】

●1Fスタンディング 7,700円(税込)
※別途ドリンク代(¥500)を頂きます。

■MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2017 特設サイト

http://www.misia.jp/official/sp/misiassj/

【MISIAプロフィール】

⻑崎県出⾝。その⼩さな体から発する5 オクターブの⾳域を誇る圧倒的な歌唱⼒を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる⽇本を代表する⼥性歌⼿。MISIA の名前の由来にもなった、”ASIA の⽅々にも⾳楽を届けたい”との想いの通り、⽇本国内にとどまらず、その歌声はASIA を越え世界でも賞賛の声を浴びる。1998 年のデビュー曲「つつみ込むように・・・」は⽇本の⾳楽シーンに強い影響を与え、ジャパニーズR&B の先駆者と⾔われる。その後発表された1st アルバム「Mother Father Brother Sister」は新⼈ながら、300 万枚の異例のセールスを記録。以降、「Everything」「逢いたくていま」等、R&B というジャンルにとらわれず、バラードの⼥王の名も確⽴させた。その実⼒は⽇本国内のみならず、アジア強いては世界からも認められる。デビュー15 周年を経て、年々⾳楽に対する追求⼼はとどめを知らず、世界を舞台に様々な作品を発表。さらに彼⼥は2004 年に、⼥性ソロアーティストとして初の5 ⼤ドームツアーを成功させた。その4 年後には⽇本をはじめ、台湾・上海・シンガポール・韓国・⾹港の5 都市を含むアジアアリーナツアーを敢⾏。2009 年から2010 年にかけて⾏われたロングツアーを含め累計250 万⼈以上の観客を動員し、⽇本の⾳楽シーンに衝撃を与えたといっても過⾔ではない。2013 年から2014 年にかけて⾏った15周年記念ツアーでは、台湾・⾹港・アジアを含むMISIA 史上初の全77 公演を実施。ますます磨きのかかったパフォーマンスを披露し、多くの⼈々に感動を与えた。デビュー20周年を目前にして、更なる精力的な活動が期待される。

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク