作曲家・船村徹が生涯最後に遺した楽曲「都会のカラス」がリリース

スポンサーリンク

作曲家・船村徹が生涯最後に遺した曲で、内弟子・村木弾の歌うデビュー第2弾シングル「都会のカラス」が、4月19日にリリースを迎えた。

戦後を代表する作曲家・船村徹は、2016年11月に、科学や芸術、音楽などの文化発展や向上にめざましい功績をあげた者に授与される『文化勲章』を受賞。今年1月18日に祝賀会に出席したが、2月16日に心不全のため永眠した。その作曲生活は64年のベテランで、「別れの一本杉(春日八郎)」「王将(村田英雄)」「なみだ船(北島三郎)」「兄弟船(鳥羽一郎)」「みだれ髪(美空ひばり)」など、数々の代表曲を日本の歌謡界に残している。

船村徹が生涯最後に遺した楽曲「都会のカラス」は、自身の最後の内弟子にあたる村木弾に遺されたもの。同楽曲のレコーディングは、偶然にも船村徹がこの世を去った翌日に行われ、スタジオには作詩の舟木一夫、船村の長男で編曲家の蔦将包が立ち会った。現在YouTubeにはミュージックビデオも公開されている。

スポンサーリンク

【RELEASE】

村木弾「都会のカラス」

COCA-17291 ¥1,204+税
MT:COSA-2334 ¥1,204+税

作詩:舟木一夫 / 作曲:船村徹 / 編曲:蔦将包

■村木弾「都会のカラス」Music Video

■村木弾 Official Website
http://columbia.jp/artist-info/murakidan/

【LIVE / EVENT】

2017/5/3(水・祝)~22日(月)
芸能生活55周年舟木一夫特別公演
場所:大阪・新歌舞伎座
※第二部「舟木一夫オンステージ」で、恩師・船村徹氏が生涯最後に遺した作品「都会のカラス」を披露予定

2017/06/12(月) 第1部 開演13:00 / 第2部開演16:00
追悼コンサート 内弟子五人の会 船村徹を歌い継ぐ
場所:道の駅日光日光街道ニコニコ本陣 多目的ホール
出演:鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾

2017/09/14(木) 開場13:00 開演13:30
第39回コロムビアマンスリー歌謡ライブ
場所:東京・古賀政男音楽博物館けやきホール
第39回出演:若山かずさ、小沢あきこ、山崎ていじ、村木弾、松園あかり

【PROFILE】


本名:大門弾(だいもん だん)
生年月日:1980(昭和55)年1月11日
出身地:秋田県秋田市

国立秋田工業高等専門学校卒業後、就職のため上京、道路会社に入社。(2級船舶免許、建築関係専門免許複数を取得)鳶職、現場監督の仕事に従事していたが、夢であった歌手への道を目指し、船村徹の元へテープを送る。これがきっかけで平成15年7月に船村の内弟子となる。男っぽさと艶っぽさが同居した独特の声質が認められた。栃木県日光市にある船村徹の仕事場「楽想館」で船村の身の回り一切のお世話、付き人として仕事場へ同行、運転と、24時間寝食行動を共にしながら、船村から「歌の心」、「人の心」を教わった。2016年2月、作詩&プロデュース・舟木一夫、作曲・船村徹による「ござる〜GOZARU〜」でデビュー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク