モーニング娘。’17 佐藤優樹が活動休止から復帰! 13人体制の船出となるツアーがスタート!

スポンサーリンク

モーニング娘。'17の春ツアー「モーニング娘。'17コンサートツアー春〜THE INSPIRATION !〜」の初日公演が3月18日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。

この日は、腰椎椎間板ヘルニアのため、昨年12月末から活動を休止していたメンバーの佐藤優樹が復帰。また、同じく昨年12月に13期として加入したばかりの新メンバー加賀楓と横山玲奈にとっては初のツアー参加となる。

佐藤は3月8日にリリースされた63枚目のシングル「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」への参加を見送っていたため、モーニング娘。'17の“完全版”としてのステージもこの日が初めて。新たに生まれ変わった13人体制の船出を見届けるべく、およそ4500人のファンが会場に駆けつけた。

オープニングSEのあと、新曲「BRAND NEW MORNING」から本編がスタート。ミュージックビデオでも印象的だった大きな旗を使用したパフォーマンスとお家芸でもあるフォーメーションダンスとの組み合わせを華麗に見せたと思うと、そのまま一気に30分弱をノンストップで畳み掛けた。

最初のMCパートでは佐藤、加賀、横山がステージへの率直な思いをコメント。「みなさんただいまー! 本当に迷惑とご心配をいっぱいかけてしまいすいませんでした。けど、今日は久しぶりのコンサートということで、楽しんでいきたいです!」(佐藤)、「出る前はすっごいずっと緊張していたんですけど、出たら本当に熱くて。緊張なんてどこかいっちゃうくらい今日は楽しみたいと思います」(加賀)、「このツアーをずっと楽しみにしていたので、最後まで全力で頑張りたいと思います!」(横山)とそれぞれが意気込みを言葉にし、ファンは温かな声援を送った。

9期メンバーと13期メンバーのコラボ「シルバーの腕時計」のあと、自己紹介ソング「女子かしまし物語」の'17バージョンを披露。加賀パートでは“エディーカガ”、横山のパートでは“2代目れいな”といったフレーズも飛び出した。

トークコーナーでは「ザ・インスピレーション」なるメンバー発案の企画が登場。写真を一目見てインスピレーションでコメントを考える「写真でひと言」の大喜利が催された。メンバーの石田亜佑美がネタにされて笑いを取る一方で、加賀の初々しいコメントに対して生田衣梨奈がアドバイスを送る場面も。

後半戦は新旧織り交ぜた幅広いレパートリーを披露。2017年はモーニング娘。結成20周年イヤーということで、節目を記念してグループのメジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」も歌われた。

未発表の新曲「青春Say A-HA」のサプライズ披露などを交えたのち、メンバーひとりずつが感想を語る。

リーダーの譜久村聖は「今年初めて13人でステージに立ちました! (メンバー全員でライブするまでが)長かった! 無事みんなでステージに立てて、モーニング娘。'17の13人でお送りすることができて本当に安心しています。今回は13期メンバーにとって初めての単独ツアーですし、12期メンバーにとっては先輩になって初めてのツアーということで、それぞれ色んな緊張感を持って臨んだんじゃないかなと思うんですけど、いつもの何倍もの声援が聞こえたので、頑張ってきてよかったなって心の底から思えました」と語った。

本編ラストはツアータイトルにもなっている「インスピレーション!」で華やかに締めくくった。

譜久村いわく、今回のツアーは「いつの時代のファンの方も楽しんでもらえるツアー」。

モーニング娘。'17は今後、ツアーファイナルの5月26日の日本武道館公演まで、全国15箇所27公演を行なう予定だ。

モーニング娘。’17 ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
http://www.helloproject.com/morningmusume/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク