9カ国語で彩られたニューアルバムを発表。ピンク・マティーニの素晴らしき世界

スポンサーリンク

エレガントかつゴージャスなスタイルで世界中の人気を集めているグループ、ピンク・マティーニ。

彼らの2年ぶり9枚目となるオリジナル・アルバム最新作「ジュ・ディ・ウイ! ~ピンク・マティーニの素晴らしき世界」が2月15日にポニーキャニオンより発売された。

これまでも世界中の音楽スタイルや名曲をディスカバー。まるでハリウッド映画のジャズ・オーケストラのような豪華なスタイルで、世代や人種を超え、大人の音楽ファンを魅了してきた彼らだが、その極め付けともいうべきワールド・スタンダードな楽曲を、シネマティックなスタイルで披露する傑作となっている。

この新作は世界各国の言葉で彩られており、8つの言語による楽曲が次々とその魅力的な世界観をもって登場する。フランス語、英語、ペルシャ語、アルメニア語、ポルトガル語、トルコ語、そして南アフリカのコサ語まで!さらに日本独自のボーナストラックを加えると9ヶ国語となる。まさしくピンク・マティーニによる音楽世界一周の旅であり、そのサウンドトラックともいえるような仕上がりだ。

2人の女性リード・シンガー、チャイナ・フォーブスとストーム・ラージ。日系三世の男性シンガー、ティモシー・ニシモトに加え、ゲスト・ボーカルとしてルーファス・ウェインライト、イクラム・ゴールドマン、キャサリーン・サダト、アリ・シャピロが参加。

仏 を代表する名女優イザベル・ユペール(本年度アカデミー最優秀主演女優賞ノミネート)主演の映画”Souvenir”(2016)への提供曲3曲(M1,8,13)を含むアルバム15曲に、フォン・トラップス(「サウンド・オブ・ミュージック」のモデル、トラップ一家の子孫達)をフィーチャーした「黒ネコのタンゴ」の日本語歌唱を含む、ボーナストラック2曲を追加収録。(M16,17)

オフィシャルサイトもオープンしており、佐藤利明によるリーダー、トーマス・M・ローダーデールへのインタビューを4週連続掲載、楽曲情報や試聴も充実。最新情報も更新されてゆく予定で今後の彼らの事を詳しく知るには是非チェックしてみてほしい。

<ピンク・マティーニ プロフィール>

1994年、ピアニストでリーダーのトーマス・M・ローダーデールがポートランドで結成。クラシックやジャズ、懐かしのポップスなどジャンルを超え世界中のあらゆる音楽からインスピレーションを得た、独自のコスモポリタンなスタイルを進化させてきた。日本の歌謡曲の魅力を世界に伝えることに成功した、由紀さおりとの「1969」(2011年)により、日本でもおなじみとなった。
トーマス・M・ローダーデールの奏でるピアノの美しい音色、彼が紡ぎだす素晴らしいメロディ、そしてオリジナル曲もまるで何十年も親しまれてきたスタンダードのような味わい、その卓抜な音楽センスは、一聴瞭然。懐かしさと、暖かさ、そして心がウキウキしてくる楽しさに溢れている。
最初はクインテット(5人編成)でスタートしたピンク・マティーニが、現在のスタイルになったのは1997年。トーマスとハーバード大で同窓だった女性ヴォーカリストのチャイナフォーブスが加入し、12人編成のビックバンドとなり、現在では固定メンバーは13人、レギュラー・アーチストも含めて15~16名の大所帯。ときには交響楽団を従え、大規模なワールドツアーを行っている。
1997年、1stアルバムのフランスでの大ヒット以降、着実に人気を拡げこれまでアルバム300万枚以上のセールスを記録。様々なアーティストとも共演、ジミー・スコット、ルーファス・ウェインライト、アンリ・サルヴァドール、ジョルジョ・ムスタキ、ガス・ヴァン・サント、和田弘、由紀さおり、ほか多岐にわたる。
ピンク・マティーニそのものが、ひとつの音楽ジャンルとして、世界中のあらゆる人種、あらゆる世代の人々に人気を博している。

■詳細情報オフィシャルサイト https://pinkmartini.ponycanyon.co.jp/
■インタビュー動画Part1.

ピンク・マティーニ
ピンク・マティーニ
スポンサーリンク

■■商品情報■■

ピンク・マティーニ アルバム「ジュ・ディ・ウイ! ~ピンク・マティーニの素晴らしき世界」ジャケ写
ピンク・マティーニ アルバム「ジュ・ディ・ウイ! ~ピンク・マティーニの素晴らしき世界」ジャケ写

[発売日] 2月15日
[品番] PCCY-1986
[定価] \2,500(本体)+税
[発売元] ポニーキャニオン
[収録曲] 15曲+ボーナス2曲
1.ジョリー・ギャルソン 2. バタフライ・ソング 3. カジ・コラ・カーン
4. オヴ・シルン・シルン 5. ラブ・フォー・セール 6. 孤独 7. アル・ビント・アル・シャラビヤ
8. ス―ベ二―ル 9. アシュクム・バハルド 10. フィニスマ・ディ 11. セグンド 12. ブルー・ムーン
13. フィ二・ラ・ムジック 14. パタ・パタ 15. セレナーデ
<ボーナストラック> 16. フォクシー・ストラット 17. 黒ネコのタンゴ
■ユニバーサルからの移籍第1弾。9作目となるオリジナル・アルバム
■ライナーノーツ解説:佐藤利明
■歌詞・対訳付
■デジパック仕様
■バーニー・グランドマン・マスタリング
■ハイレゾ含む配信も同日開始

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク