チャオ ベッラ チンクエッティ、吉川友、アップアップガールズ(仮)によるユニット “チーム・負けん気”がタイで久々の復活!

アジア最大級の日本文化の祭典『JAPAN EXPO THAILAND 2017』が、2 月 10 日(金)~12 日(日)に、タイ・バンコク・セントラルワールドプラザにて開催された。初日の 10 日に、チャオ ベッラ チンクエッティ、吉川友、アップアップガールズ(仮)からなる 3組の合同ユニット、チーム・負けん気が、久々のライブを行った。

今回の出演は「Tokyo Crazy Kawaii × Girl'sBomb!!」のキャスティングにより実現した。

約 3000 人が集まる TRAVEL & PREFECTURE STAGE に登場したチーム・負けん気は、オリジナル曲「無限、Fly High!!」からライブをスタート。メンバー12 人によるパワフルな歌とダンスで、タイという異国の地と思えないほど会場が湧きたった。

ハロプロエッグ(現ハロプロ研修生)出身の彼女たちは、先輩グループのモーニング娘。のカバー曲「恋愛レボリューション 21」を披露。タイでもよく知られる楽曲だけに、観客の掛け声もジャストなタイミングで入る。

さらに、タイの大ヒット曲、トンチャイ・メーキンタイの「ROW MAH SING」を Berryz 工房がカバーした「cha cha SING」を歌唱。オリエンタルフレイバーたっぷりの盛り上がりチューンで、観客の熱量はさらにアップ。メンバー12 人と観客による、印象的な“チャーチャラッチャチャッチャラッチャー”のリフレインが大合唱となって会場に響き渡った。

タイでインパクトを与えたチーム・負けん気は、翌日 11 日に、タイの名所ワットポーを訪れた。タイの正装、シワーライに身を包んだメンバー12 人は、金色に輝く巨大な寝釈迦仏や寺院を見学。身も心も清めた彼女たちは、チーム・負けん気としてのインタビューに答えた。

アップアップガールズ(仮)の新井愛瞳が「チーム・負けん気としてのライブは、去年の『TOKYO IDOL FES. 2016』で「無限、Fly High!!」をやったんですけど、きちんとしたステージは、その前年の『TOKYO IDOL FES. 2015』以来だったんです。久々の復活がタイっていうのが、ウチららしいなって思いました。久しぶりにこのメンツでライブができて面白かったです」とライブの感想を語る。

続けて、吉川友が「12 人全員が初のタイだったんですけど、タイのファンの方が応援幕を作ってくださってたりして驚きました。タイの方はもちろん、日本から応援しに来てくださったみなさん、あと、マレーシア、シンガポールとか近くの国の人も集まってくれて、それも新鮮だしうれしいなと思いました」と声にした。さらにチャオ ベッラ チンクエッティの後藤夕貴が「いろんなステージを見たんですけど、ハロー!プロジェクトの曲って凄いなって改めて思いました。『ジャパンエキスポ』だし、タイでも日本の文化がほんとに愛されてるんだなって思いましたし、改めて先輩のすごさもわかりましたね」と語った。

今回のライブを通じて、チーム・負けん気としての活動にも意欲を増したメンバーは、チーム・負けん気で今後やってみたいことを次々と語り始めた。チャオベラの岡田ロビン翔子が「負けん気のツアーがやりたいです」と口にすると、アプガの森咲樹は「『ジャパンエキスポ』に出たかったので、今回のタイをきっかけにフランスの『ジャパンエキスポ』にも出たいなって欲が出ちゃいました」と語る。さらに、アプガの関根梓は「負けん気での新しい衣装が欲しいです」、チャオベラの橋本愛奈は「負けん気での新曲が欲しいです」、吉川は「負けん気でバスツアーをやりたいです」と野望を声にしていく。さらに、アプガの佐藤綾乃は「負けん気としても活動したいし、負けん気内での派生ユニットを作りたいです」佐保明梨は「ワットポーのようにいきの長いグループでいたい」と思いを口にした。

チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気 チーム・負けん気

チーム・負けん気特設サイト
http://www.up-front-works.jp/makenki/

タイトルとURLをコピーしました