エランドール賞の受賞式開催、新人賞・TVガイド賞に坂口健太郎、高畑充希、ディーン・フジオカ、波瑠、星野源、広瀬すずの6人!

1年を通じ映画・テレビ界で活躍したプロデューサーや将来有望な俳優を表彰する「2017年エランドール賞」の授賞式が2月2日に都内ホテルで開催された。

新人賞の受賞者には、副賞として、 TVガイドを発行する東京ニュース通信社から「TVガイド賞」として銀製の写真立てが贈られている。

出演した作品の中で新鮮かつ優秀な演技を示した俳優に贈られる新人賞には、坂口健太郎、高畑充希、ディーン・フジオカ、波瑠、星野源、広瀬すずの6人が選ばれた。かつて石原裕次郎や高倉健も受賞した栄誉ある賞ということで、お祝いに駆けつけたゲストも唐沢寿明や新垣結衣と超豪華。会場を大いに盛り上げた。

新人賞・TVガイド賞の受賞者6人 ©東京ニュース通信社
新人賞・TVガイド賞の受賞者6人 ©東京ニュース通信社

新人賞受賞者には東京ニュース通信社・杉山功編集統括(左)から副賞の「TVガイド賞」が手渡された ©東京ニュース通信社
新人賞受賞者には東京ニュース通信社・杉山功編集統括(左)から副賞の「TVガイド賞」が手渡された ©東京ニュース通信社

お祝いに駆けつけた新垣結衣(左) ©東京ニュース通信社
お祝いに駆けつけた新垣結衣(左) ©東京ニュース通信社

坂口健太郎 ©東京ニュース通信社
坂口健太郎 ©東京ニュース通信社

高畑充希 ©東京ニュース通信社
高畑充希 ©東京ニュース通信社

ディーン・フジオカ ©東京ニュース通信社
ディーン・フジオカ ©東京ニュース通信社

波瑠 ©東京ニュース通信社
波瑠 ©東京ニュース通信社

星野源 ©東京ニュース通信社
星野源 ©東京ニュース通信社

広瀬すず ©東京ニュース通信社
広瀬すず ©東京ニュース通信社

◆エランドール賞

一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会が主催する、1年を通じて映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する制度で、 1956年にスタートしたもの。

◆新人賞・TVガイド賞

エランドール賞の表彰の1つで、1年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞。 1956年の第1回では石原裕次郎、高倉健などが選ばれており、その歴史や伝統の重みから、業界の数ある賞の中でも最も権威あるものの1つになっている。新人賞の受賞者には、副賞として、 TVガイドを発行する東京ニュース通信社から「TVガイド賞」として銀製の写真立てが贈られている。

タイトルとURLをコピーしました