女優・内田理央、法廷ドラマで肉食系婚活女子“パラリーガル”演じる。

現在放送中の日曜ドラマ『大貧乏』(フジテレビ系)にて“元ヤンママ”役を好演し話題の女優・内田理央が、3月の金曜ロードSHOW!にて放送される、特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)に出演することが明らかになった。

内田理央は、『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)にて、ヒロイン・詩島霧子役を演じ本格的に女優デビュー、その後、女性ファッション誌「MORE」の専属モデル、大胆なグラビアを披露した写真集の発売、“ポジティブ女子”を演じたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)への出演など、女優業を中心に様々なジャンルで活躍をしている。

出演をする『北風と太陽の法廷』は、冷徹で容赦なく相手を叩きのめす【北風】のような弁護士・櫻川風香(さくらがわ・ふうか、波瑠)と、温かく癒し系で相手の心をほどいていく【太陽】のような弁護士・麹谷陽太(こうじたに・ようた、岡田将生)が、「絶対に別れたい夫」と「絶対に別れたくない妻」の双方の代理人として離婚裁判で戦う、法廷を舞台にしたスペシャルドラマ。

内田理央は、勝率10割の「無敗」の冷徹弁護士・風香が勤務するゴールドウィング法律事務所のパラリーガルで肉食系婚活女子・大村真由子(おおむら・まゆこ)を演じる。

同作への出演に際し、内田は、「波瑠さん演じる風香さんが男嫌いでクールな役柄なので、真由子は逆に女子力高めの女の子というのを意識して演じました。このドラマはもちろん裁判の行方がみどころなのですが、私は真逆な性格の風香さんと陽太さんのやり取りにすごくキュンキュンするので、2人の恋模様にも是非注目して欲しいです!」とコメント。

今年は、1月期の連続ドラマ『大貧乏』(フジテレビ系)にて3人の子どもを育てる“元ヤンママ”役で出演するだけでなく、ドラマと映画が制作される『トモダチゲーム』においてヒロインとしての出演を控えるなど、彼女の“女優”としての快進撃は止まらない。

内田理央 内田理央 内田理央 内田理央

★金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』★

http://www.ntv.co.jp/kitakaze-taiyo/
※3月の金曜ロードSHOWにて放送決定!

<ドラマ概要>

北風こと櫻川風香(波瑠)は、法廷で見事な弁舌を繰り広げた後、家庭裁判所の廊下で変な男に声をかけられる。ドカジャン、ニッカーポッカー姿の、およそ裁判所には無縁そうな男は、フレンドリーに話しかけてきたかと思うと、いきなり風香をハグ!風香は思わずカバンで男を殴ってしまう。「強制わいせつで訴えますよ!あなた何者!?」「あ、オレ?弁護士っす」ニッコリ笑ったこの男こそ、太陽こと麹谷陽太(岡田将生)だった。

数日後、風香は事務所のボスである五十畑(大谷亮平)に呼ばれ、クライアントである大病院の院長夫人・原久子(高橋ひとみ)を紹介される。久子の依頼は、一人息子の正治(山本裕典)を離婚させてほしいというもの。正治は5年前に、元ヤンの響子(川島海荷)と、できちゃった結婚。しかし、大病院の跡継ぎにもかかわらず、医学部の受験に失敗し続けており、当然、父親の康三(中原丈雄)は結婚に猛反対。正治は響子と駆け落ち同然で結婚し、実家とも疎遠になっていたが、妻の暴力などを理由に離婚を申し立てた。浪人中の正治の代わりにバイトを掛け持ちし、家計を支えてきた響子は「絶対別れねーし!」と強硬な態度。いよいよ裁判するしかない、という状況で、妻の方にも代理人がついたと知らされる風香。その代理人の名前は「手塚法律事務所・麹谷陽太」。

手塚法律事務所(つまり、風香の自宅の1階)へ駆け込んできた風香は、所長の六郎(市村正親)に問いただす。と、そこに現れたのは先日の変態(?)、陽太だった。どうやら、風香に一目ぼれして手塚法律事務所に移籍してきたという。全面的に陽太を拒絶し、弁護士としての敵対関係を強調する風香と、全く意に介さず明るく風香にちょっかいを出す陽太。

夫婦を別れさせるべく、万全を期す風香。一方、正治が離婚したい理由が見つからない陽太は、風香の母・笙子(キムラ緑子)の紹介で助手となった柴山(八嶋智人)とともに、周辺調査を始める。

正治が離婚したい本当の理由とは!?裁判に勝つのはどっちなのか!?

そして、2人の恋(!?)の行方は・・・?

<キャスト>

波瑠、岡田将生
大谷亮平、山本裕典、川島海荷、中原丈雄、高橋ひとみ、温水洋一、内田理央
伊藤麻実子、朝倉えりか、迫田孝也、島丈明、宮地真緒、竹財輝之助、田中レイ(子役)、大島蓉子
八嶋智人、キムラ緑子
市村正親 ほか

<スタッフ>

■脚本:横田理恵
「ごくせん」シリーズ(NTV)、
「花咲舞が黙ってない」(NTV 2014年、15年)
「そこをなんとか」(NHK 2012年、2014年)、
「1リットルの涙」(CX 2005年)
「奇跡の人」(YTV 1998年)ほか
■チーフプロデューサー:伊藤響
■プロデューサー:鈴間広枝、髙石明彦(The icon)
■演出:佐久間紀佳
「家売るオンナ」(2016)
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(2016)
「花咲舞が黙ってない」(2014)
「地獄先生ぬ~べ~」(2014)
「35歳の高校生」(2013)
「悪夢ちゃん」(2012)
「理想の息子」(2012)
映画「悪夢ちゃん The夢ovie」(2014)ほか
■制作協力:The icon
■製作著作:日本テレビ

〜内田理央〜

◆公式HP
http://www.lespros.co.jp/talent/artists/rio_uchida/
◆公式Twitter
https://twitter.com/lespros_rio
◆公式Instagram
https://www.instagram.com/rio_uchida/
◆公式ブログ
http://ameblo.jp/rio-uchida/
◆公式ファンクラブ
http://rio-uchida.lespros.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました