SUPER☆GiRLS 前島亜美 難しい役どころを好演。各所から絶賛の声

1月26日(木)より、舞台『幸福な職場~ここにはしあわせがつまっている~』が、世田谷パブリックシアターにて開幕した。この初日公演を前にメディアに向けて公開ゲネプロが開催され、出演者の安西慎太郎、松田凌、前島亜美(SUPER☆GiRLS)、谷口賢志、馬渕英里何、中嶋しゅうのキャスト6名が本舞台にかける意気込み・見どころについてコメントした。

本作品は、昭和34年、蒲田にあるチョーク工場が、初めて知的障がい者を雇用した時の実話をもとにした、「お仕事」にまつわる物語を描いた舞台。障がいを持った少女が人生で初めて「働く喜び」を知り、様々な事情を抱えた従業員たちに、仕事への向き合い方を考えるきっかけをもたらす、ありふれた職場に生まれた小さな「奇跡」を実力派俳優たちが好演する。

2009年の初演以来、2010年、2013年、2016年と、劇団『東京フェスティバル』が過去に4度上演して来た、きたむらけんじの代表作。全国初の心身障がい者雇用モデル工場第1号となった日本理化学工業が、昭和30年代、初めて知的障がい者を雇用した時の物語を描く。き、働くということ、幸せとは、人間とは…、そんな普段の日常では考えないが、考えなくてはいけない“当たり前”のことを改めて考えさせられる、心やさしい感動ストーリーを贈る作品となっている。

本公演で知的障がいを持つ少女・吉岡聡美役を公演している前島亜美は、「私は今回、中度の知的障がいと自閉症を併せ持っている女の子を演じています。私にとっても初めての経験で、一人ずつの人生であることには何の変わりもないと思いました。聡美には夢もあるし、恋もするし、働く幸せを求めてこの職場で声をあげてメッセージを届けていきます。皆さんが慣れてしまっているかもしれないほんの小さな幸せの一つ一つを、この役を演じて、改めて考えていだけたらと思います。」とコメントした。

非常に難しい舞台のテーマ・背景を嫌味なく、好演している前島亜美。

もともと、女優としての評価は高かったが、今回の役どころでさらに一皮向けたのではないか。

是非とも本作品を観劇いただきたい。

舞台『幸福な職場~ここにはしあわせがつまっている~』より 舞台『幸福な職場~ここにはしあわせがつまっている~』より 舞台『幸福な職場~ここにはしあわせがつまっている~』より

<舞台『幸福な職場』 公演情報>

■公演日時: 2017年1月26日(木)~29日(日)
■出演: 安西慎太郎、松田凌、前島亜美(SUPER☆GiRLS)、谷口賢志、馬渕英里何、中嶋しゅう
■オフィシャルHP
http://www.koufukunashokuba.com/