全国を駆け抜けZepp TOKYOでファイナルをむかえたリリスク! 現体制ラストライブは2/26に新宿BLAZEで!!

スポンサーリンク

メジャー1stアルバム「guidebook」を引っ提げ、全6都市をまわるツアーを敢行していたリリスクが12/29にZepp TOKYOでツアーファイナルを迎えた。

定刻を過ぎると、アルバム「guidebook」から「GOLDEN」の太いビートが鳴り響きライブはスタート。韻シスト×呂布の「おしえて」や、サイプレス上野×ALI-KICKの「プレイルーム」などアルバムからのナンバーを中心に、「DO IT NOW!」や「brand new day」などのアッパーチューンで会場の熱を一気に高めていく。amiは「ステージに出てみんなを見た瞬間からニコニコがとまらない!」とヘッズ(リリスクのファン)たちへ気持ちを伝える。

そしてayakaの「ドラームスプリーズ!!」という掛け声とともに、ライブは「夏」に突入。「そりゃ夏だ!」、「FRESH!!!」、「サマーファンデーション」、「Avec Summer」などリリスクのサマーアンセムを次々に披露。ヘッズたちのボルテージは最高潮に達し12月の寒さを一気に吹き飛ばす。

そしてライブは夏のセットを終え、「マジックアワー」から後半戦へ突入。ステージに傘を持った人々が行き交う中、メンバーが登場し「ひとりぼっちのラビリンス」を披露。VJによる雨降りの夜のネオン街が一層楽曲の雰囲気を引きき立たせる。「P.S.」や、大江千里・GAKU-MC作詞作曲による「リリシスト」など、しっとりとしたナンバーで会場をクールダウン。

いよいよライブはラストスパートへ。「ラストソング」では歌詞の内容とVJがシンクロし、街の移り変わりや、ストーリーに出てくるけやき通り、メンバーなどが表現される。そのまま、メジャーデビュー曲「RUN and RUN」へ突入し、バックダンサーも加わりヘッズたちをこれでもかと煽る。本編ラストは「photograph」で幕を閉じた。

ヘッズたちのアンコールが鳴り止まない中、会場内はメンバーカラーのペンライトできらびやかな空間に包まれる。再びメンバーが登場し、「ホントにステキな景色!ありがとう!」と喜ぶ中、ayakaが先日発表された現体制終了のことへ言及。「2.26の新宿BLAZEが現体制でのラストライブとなります!!!」とアナウンスし、minanは「2月末まで、まだいっぱいイベントがあるので引き続き応援よろしくお願いします!」とヘッズ達へ、現体制ラストライブまで一緒に駆け抜けて欲しい思いを伝える。

「ワンダーグラウンド」でアンコールのラストソングも終了し、メジャー1stアルバムを引っ提げた全国ツアーは幕を閉じた。

lyrical school tour 2016 “guidebook”

1.GOLDEN
2.プレイルーム
3.流れるときのように
4.おしえて
5.DO IT NOW!
6.Maybe Love
7.brand new day
8.そりゃ夏だ!
9.FRESH!!!
10.サマーファンデーション
11.wow♪okadada remix
12.Avec Summer
13.マジックアワー
14.ひとりぼっちのラビリンス
15.P.S.
16.リリシスト
17.もし
18.恋わずわず
19.おいでよ
20.プチャヘンザ!
21.ラストソング
22.RUN an RUN
23.photograph
-アンコール-
24.わらって.net album version
25.リボンをぎゅっと
26.PARADE
27.ワンダーグラウンド

▼lyrical school official web site
http://lyricalschool.com/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク