長澤まさみ バックパッカーに扮して自身初のベトナム一人旅へ!?

スポンサーリンク

12月28日、クボタの新ブランドパートナーに女優の長澤まさみさんが起用され、新TV-CM「壁があるだから行く ベトナムトラクタ」篇が2017年1月1日(日)より全国でオンエアされる事が発表された。

長澤まさみさんは今回のTV-CMで世界中を一人旅するバックパッカーを演じる。

行く先々で、地元の人々の暮らしと社会にさまざまな形で貢献している「クボタ」を目の当たりにする姿を、現地ロケならではの臨場感あふれる世界観とともに表現する。

物語は長澤まさみさんが、最初の旅行先として、ベトナムを訪問するところからスタートします。おいしいフォーを食べにお店へ向かうと、近くにいた現地の人たちに突然「日本人か?」「クボタにヨロシク!」と、満面の笑みで声を掛けられる長澤まさみさん。

すると、今度は別の屋台の店員や青果店の店主、さらには信号待ちしていた通りすがりのドライバーなど、会う人会う人から「クボタにヨロシク!」と連発されます。誰もが笑顔で感謝を述べる“クボタ”という存在に、全く心当たりがなく、困惑の表情を浮かべているところへ、「Kubota」のロゴを付けた一台のトラクタが通過。ここで「クボタのトラクタは、効率よく豊かな収穫をもたらすパートナーとして、ベトナムの人々に長く愛されています」というナレーションが流れ、最後は「壁がある。だから、行く。クボタ」というコミュニケーションスローガンで締めくくります。

一番の見どころは、現地の人々とコミュニケーションを交わす長澤まさみさんの自然体の姿。

人生初のベトナム旅行で、「現地の方々がとても優しくて、アットホームな良い雰囲気の映像になったと思います」と語る新CMにご期待ください。

■長澤まさみさんインタビュー

――撮影の感想は?
「今回、初めてベトナムで撮影したんですが、現地の方もスタッフの方もすごく優しくて、アットホームな感じのいい作品が撮れたんじゃないかなと思いました。私の父の実家が農家だったので、個人的にはこうした農業にまつわるCMに出演することができて、うれしい気持ちでいっぱいです(笑)」

――CMをご覧になる視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
「作物を育てる時に、人の手では届かないところを機械に補ってもらうとか、クボタさんの農作業用の機械がいろんな国で活躍していることとか、私自身、今回のロケで学んだことがたくさんありました。クボタさんの機械が世界中のいろんな人たちにもっともっと知ってもらえるよう、頑張って応援していきたいと思います!」

長澤まさみ
長澤まさみ
スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク