全員小学六年生のアイドルグループ パンダみっくが1stワンマンライブを完走!

12月18日、ニッポン放送イマジンスタジオにてパンダみっくの記念すべき1stワンマンライブ『パンダらの箱 〜 Special Edition 〜』が行われた。

パンダみっくは全員が小学六年生という幼さ全開のかわいらしさとロックを中心に選曲された楽曲がコンセプトの5人組のアイドルグループ。

結成半年という異例の早さでのワンマンライブをレポートする。

開演5分前に行われた影ナレでは、原稿に読めない漢字等があり初々しい年相応の影ナレからスタート。

「るーららるーらーるららるーらー」「spiral×future=butterfly」「My notes」と3曲連続で飛ばしてスタート!

パンダみっくが所属しているふらっぺ idol ぷろじぇくとの先輩グループであSiAM&POPTUNe、sora tob sakana等のカヴァー曲も披露。

メンバーが登場すると一気に会場ボルテージが全開になり、先ほどの影ナレとは打って変わって格好いいステージを披露。

MCでは自己紹介やワンマンへの抱負を話するとそれに答えるようにファンが声援を送る。

「シンデレラ」「MUSIC」と今夏AKIBAカルチャーズ劇場にて行っていた定期公演"真夏のシンデレラ"にてお披露目した曲。当時よりもステージングが格段にレベルアップをして成長が見えた。

そして、半年間の思いをVTRにて放映して感動に包まれたと思った瞬間に新曲「オモカゲプラスティック」を披露!

新衣装&新オリジナル曲で一気に会場の熱量が上がっていく。

新衣装も新曲もパンダみっくの良さを一層際立たせる物になっており新衣装はパンダらしさも含みつつ恰好良さを、新曲はベースラインも格好良いROCKなテイストに仕上がっている。

「ツギ×ハギ メーカー」「ヒズムリアリズム」「とおりゃんせ」「ネズミーランド」「クラウチングスタート」と本編終盤戦では、パンダみっくの代名詞ともいえる曲や先輩の曲等を中心に構成。サブステージを使用するなどワンマンならではの演出で魅せる。

アンコールでは新カヴァー曲「ガールズ・レテル・トーク」の披露やパンダらの箱継続や1周年記念ワンマンライブの開催とサプライズ告知が行われた。

メンバーも号泣し、ファンや関係者に感謝を告げて一曲目のオリジナル曲「未来時計」を最後に披露して閉幕した。

半年の成長や、次への期待も出来る素晴らしいワンマンライブとなった。

今後も要注目のアイドルグープ「パンダみっく」の今後のスケジュールは以下の通り。

2017年1月29日TSUTAYA O-Crest パンダらの箱Vol.3 ゲスト:クマリデパート
2017年2月12日渋谷CRAWL パンダらの箱Vol.4 ゲスト:Task have Fun
2017年6月10日AKIBAカルチャーズ劇場 1st Anniversaryワンマンライブ 開催決定!

パンダみっく パンダみっく パンダみっく パンダみっく パンダみっく パンダみっく パンダみっく パンダみっく パンダみっく

パンダみっく1st One Man Live『パンダらの箱 〜 Special Edition 〜』セットリスト

SE
M1「るーららるーらーるららるーらー」
M2「spiral×future=butterfly」
M3「My notes」
MC①
M4「シンデレラ」
M5「MUSIC」
映像
M6「オモカゲプラスティック(新曲)」
MC②
M7「ツギ×ハギ メーカー」
M8「ヒズムリアリズム」
M9「とおりゃんせ」
MC③
M10「ネズミ―ランド」
M11「クラウチングスタート」
ENCORE
EN1「ガールズ・レテル・トーク(新カバー曲)」
MC④
EN2「未来時計」

パンダみっく オフィシャルサイト
http://zizoo.jp/pandamic/

パンダみっく オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/pandamic-official/

パンダみっく オフィシャルTwitter
https://twitter.com/pandamic6

タイトルとURLをコピーしました