清水富美加、声優初挑戦で『龍の歯医者』主演抜擢!制作統括は庵野秀明

人気急上昇中の若手女優の清水富美加が、世界的人気を誇る映像監督・庵野秀明が代表を務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーション『龍の歯医者』で声優初挑戦にしてアニメ初主演を務めることがわかった。NHK・BSプレミアムにて、2017年2月18・25日(土)の2週にわたり20時から放送される。

『龍の歯医者』は、巨大な龍が棲む世界を舞台に描かれる壮大な冒険ファンタジー。舞台は”龍の国”。主人公は、国の守護神”龍”を虫歯菌から守る新米歯医者の野ノ子。隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した隣国の少年兵・ベルを見つける。大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。激しい戦いに巻き込まれながら、2人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…。

同作は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの監督としても知られる鶴巻和哉氏が監督を務め、三島由紀夫賞作家の舞城王太郎氏とベテラン脚本家・榎戸洋司氏が共同で脚本を執筆。キャラクターデザインは、新進気鋭のアニメーター・井関修一氏を起用。庵野氏が代表を務めるスタジオカラーが初めてテレビアニメーションを制作する。また、庵野氏は、制作統括および音響監督も務める。

清水富美加は本作で、主人公の岸井野ノ子を演じる。野ノ子は15歳の少女で、美味しいご飯がお腹いっぱい食べられると聞いて受けた試験で、龍に選ばれ「龍の歯医者」となる。まだ新米ではあるが、その仕事・使命についてはよく理解しており、後輩となった17歳の少年・ベルの面倒をみることになる。主演を務める清水の他、ベル役に人気声優の岡本信彦、野ノ子の先輩の悟堂ヨ世夫役に山寺宏一、ベテラン歯医者の夏目柴名役に林原めぐみと超豪華声優陣が発表されている。

同作が声優初挑戦にして、アニメ初主演となる清水は「アニメーション作品で主演を務める、というのは、私にとって初めての大役になります。ドラマや映画などとまったく違うどんな演技ができるのか、『期待6割&不安4割』というところですが、へこたれずに臨みたいです。主人公の野ノ子は、15 歳の女の子らしい純粋さやひたむきさと、大人顔負けの達観したところを併せもつ魅力的なキャラクターです。ファンタジーとメッセージ性のあふれる『龍の歯医者』の世界を幅ひろい世代のみなさんに楽しんでいただけるよう、一生懸命演じたいと思います。」とコメントしている。来年は、初主演映画『暗黒女子』や、映画『東京喰種』のヒロイン出演など、話題作の公開が続々と決まっている清水。声優初挑戦で更なる新境地開拓となりそうだ。

清水富美加

<作品概要>

NHKBSプレミアム『龍の歯医者』
放送:2017年2月18日(土)20:00〜20:45前編
2017年2月25日(土)20:00〜20:45後編
<キャスト>
清水富美加、岡本信彦、山寺宏一、林原めぐみ、他
<スタッフ>
監督:鶴巻和哉
原作・脚本:舞城王太郎
脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン:井関修一
制作統括・音響監督:庵野秀明
音楽:TOMISIRO、ナカムラヒロシ(i-dep)
主題歌:「ぼくらが旅に出る理由」作詞・作曲:小沢健司 編曲:ナカムラヒロシ(i-dep) 歌:RINKU(Mistera Feo)
制作・著作:NHK、NHKエンタープライズ、ドワンゴ、カラー
番組HP:http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/

清水富美加プロフィール

1994年生まれ。「レプロガールズオーディション2008」で芸能界デビュー。2011年「仮面ライダー フォーゼ」のヒロイン・城島ユウキ役で、初の連続テレビドラマに出演。2013年、映画「HK/変態仮面」ヒロイン・姫野愛子役として出演。2015年、NHK連続テレビ小説「まれ」で、ヒロインの同級生・蔵本一子役を好演し話題に。2016年、4月より、「オトナヘノベル」(Eテレ)、「にじいろジーン」(関西テレビ/フジテレビ系)レギュラー出演中。2017年春公開、映画「暗黒女子」で主演。さらに夏公開、映画「東京喰種」でもヒロイン出演が決定している。

タイトルとURLをコピーしました