雑誌「Ranzuki」専属モデルに、大型オーディションを勝ち抜いた現役女子中学2年生が加入!!

スポンサーリンク

史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション(TGC)」、エンタテインメント業界大手の「エイベックス・グループ」、国内最大級のインターネットサービス「Ameba」のオーディションプロジェクト「TOKYO GIRLS AUDITION 2015(TGA)」でエントリー数20,199名の中からアーティスト部門でグランプリを受賞をした和田優香(13)が、12月22日ぶんか社発行の雑誌「Ranzuki」2月号にて専属モデルとして加入することが発表された。これからモデルとしての活動を本格的にスタートさせるようだ。

今回の専属モデルになったきっかけは、レコードメーカー16社、ファッション雑誌18誌が集結し、候補者に札上げを行う、TGAの第4次ドラフト審査。和田はアーティスト部門の候補者として出場していたが、モデル部門の札上げにて参加していたRanzuki編集部が和田のパフォーマンスを見ており、モデルとしての興味を持ち今回の経緯に至ったとのこと。

ドラフト時にはレコードメーカー14社から札が上がり、ドラフト参加者の中では最多でもあった彼女だが、普段は和歌山県の普通の学校に通う現役中学生。水遊びが好きで、ぬいぐるみを集めたりなど幼い面も見せる。

特技は自撮りで、Twitterやブログでは彼女の自撮り写真が可愛いと同世代の女の子からも注目を集めている。

和田は、「小学生の頃から専属モデルになりたいと思ってたので夢が叶って嬉しいです!将来は、アーティスト活動をしながらモデル、演技などいろんな場面で活躍できるようになりたいです。そして、みんなから注目される人になりたいです!!これからRanzuki専属モデルと胸を張って言えるように、そして、自分らしさを出せるよう精一杯頑張ります!」と意気込み、将来はアーティスト、モデルそして演技にもチャレンジしていきたい旨を語った。

「Ranzuki」は有名モデルを数々排出しており歴代モデルは、鈴木あや、宮城舞、安井レイ、山本優希など現在も活躍しているモデルも多い。

また、和田は2016年3月19日(土)に国立代々木競技場第一体育館にて行われる「東京ガールズコレクション 2016S/S」への出演も決定している。

■twitter
https://twitter.com/yuka_wada_

情報提供:(C)avex

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク